MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

私は4年ほど前から「大根スムージー」を食べるようになり、昨年から、大根スムージー講座を定期的に開いています。今では地元だけでなく、首都圏でも開催するようになり、大根スムージーファンは、着実に増えています。【解説】青木久美子(ダイエットアドバイザー)

辛味が和らいでとても食べやすい「大根スムージー」

私は4年ほど前から「大根スムージー」を食べるようになり、昨年から、大根スムージー講座を定期的に開いています。
今では地元だけでなく、首都圏でも開催するようになり、大根スムージーファンは、着実に増えています。

大根スムージーと聞いて、「大根とスムージーが結びつかない」というかたもいらっしゃるかもしれませんね。
でも、これが意外とおいしいのです。

そして、おいしいだけでなく、食べていると、さまざまな効果が出てきます。
「7㎏やせた」「お通じがよくなった」「肌がきれいになった」「汗をかきやすくなった」「カゼをひかなくなった」などという声を、講座に参加された、たくさんのかたから聞きました。
なかには、「毒素が抜けるようだ」とおっしゃるかたもいます。

スムージーとは、野菜や果物をミキサーにかけて作る飲み物のことです。
大根スムージーは、大根と果物などをミキサーにかけて作るもので、組み合わせる果物や野菜によって、いろいろな味を楽しめます。

辛味成分「イソチオシアネート」が代謝を上げる

そもそも、私がスムージーに大根を使うようになったのは、長年通っていた鍼灸の先生の言葉がきっかけでした。
「人にはそれぞれ体質に合う食品(野菜)があるが、大根は万人に合う」

それを聞いて、大根のことを調べたところ、おろした大根にはすばらしい食効があることがわかりました。
体に不可欠の消化酵素や食物繊維が豊富で、ビタミンやミネラルも幅広く入っています。

そして、なんといっても、大根特有の辛味成分であるイソチオシアネートが豊富なことです。
イソチオシアネートは代謝を上げる作用があり、若さの維持や、ダイエット効果を上げるのに欠かせない成分です。

その辛味がネックになって、大根おろしが苦手という人もいます。
でも、果物と合わせて作る大根スムージーなら、大根の辛味が和らいで食べやすくなります。

むしろ、フルーティーなデザート感覚で食べられます。
どんなに体によいものでも、おいしくなければ続きません。

大根スムージーは、具材の組み合わせによって、いろいろなおいしさを楽しめます。
ですから飽きずに続けられるのです。

6kgやせてそれ以上太らなくなった

私が、みなさんに大根スムージーを広めたいと思ったのは、私自身がこれを食べて、いろいろな健康効果を実感したからです。
なかでも大きかったのは、アレルギーが治ったことです。

私は毎年6月頃になると、くしゃみ、のどや目のかゆみ、鼻水などのアレルギー症状が出て困っていました。
それが治まって「やれやれ」と思ったときに、今度はブタクサの花粉で、同じように目や鼻に症状が出ます。

毎年このくり返しでしたが、大根スムージーを食べるようになった翌年から、そうしたアレルギーの症状がまったく出なくなったのです。
これには驚きましたし、正直、すごくうれしかったです。

また、大根スムージーを食べるようになって、ダイエットもできました。
その頃の私は、身長が160cmで体重が51kg。

太ってはいませんが、冬になると活動が落ちるせいか、いつも体重が増えて、それを夏の間に戻すという生活を続けていました。
ところが、大根スムージーを食べるようになってから、冬になっても太らず、むしろ体重は6kg、おなか周りは5cmもやせて、それ以上太らなくなったのです。

私はパンとお菓子の教室を開いているので、普段から、食事の他に試作品をたくさん作って食べています。
ですから、他の人より太りやすい生活をしていますが、それでも、ずっと45~46kg台の体重をキープしています。

大根スムージー・作り方と食べ方のポイント

基本の作り方
●大根:果物= 1:1 の割合でミキサーにかけて作るのが基本。(別記事「大根スムージーのレシピ」参照)
●大根の皮はむかないこと。
●果物は好みのものでOK。
リンゴやグレープフルーツ、キウイフルーツ、バナナなどがお勧め。
●果物のほか、コマツナなどの葉物、シソなどのハーブ、甘酒や豆乳などを加えてもよい。

1日にとる量の目安
●200~300ml程度。

食べるタイミング
●起床後、朝食前の空腹時。
●大根スムージーをとった後は、普通に朝食を食べてOK。

効果的な食べ方
飲むのではなく、スプーンなどですくって味わって食べる。

その他のポイント
●冬場や体の冷えが気になる人は、大根スムージーを食べる前に、白湯(またはノンカフェインの温
かいお茶)を1杯飲むとよい。
●冷蔵庫から出したてではなく、常温に戻した材料で作る。

皮付きのまま、朝の空腹時に食べるのが基本

大根スムージーの基本的な作り方は、別記事でご紹介しているとおりです。

作り方はとても簡単で、大根と果物を1対1の割合でミキサーにかけるだけです。

私はリンゴと合わせることが多いですが、バナナ、イチゴ、キウイフルーツ、ブドウ(巨峰)、オレンジなど、季節の果物を合わせても、とてもおいしいです。
そこに、コマツナやブロッコリーの茎、シソなどを足したり、甘酒や豆乳を加えてもいいでしょう。

最近好評だったのは、大根、リンゴ、炒り黒豆のスムージーです。
黒豆の香ばしさがアクセントになって、意外なおいしさです。

大根スムージーを作るときの注意点は、大根を皮付きのまま使うことです。
皮と身の間に、大事な成分が入っているからです。

そして、作ったらなるべく早く食べてください。
時間がたつと、酵素やイソチオシアネートが減ってしまいます。

食べるタイミングは、朝の空腹時がいちばんいいでしょう。
食べる量は、200~300mlを目安にします。
これを食べるだけでかなり満腹感がありますから、自然に朝食の量を減らせます。

食べるときは、スプーンでひとさじずつすくって、ゆっくり食べてください。
ゆっくり食べることで満腹感が高まり、吸収もよくなります。

また、ダイエットが目的の場合は、食事の食べる順番も同時に変えることをお勧めします。
先に野菜や汁物からとり、主食を最後にすると、自然に食べすぎを防げます。

大根は、先のほうは辛いので、上半分くらいを使うといいでしょう。
バナナやパイナップルのような味の濃い果物と合わせると、辛味が気にならなくなります。

ぜひみなさんも、いろいろな果物や野菜で、大根スムージーを楽しんでください。
自分の好みのスムージーが見つかると、続けやすくなります。

解説者のプロフィール

青木久美子(あおき・くみこ)

ダイエットアドバイザー、大根スムージープロフェッショナル。
4年前から始めた「大根スムージー」で自らがやせられ、健康を手に入れた経験を生かして、ダイエット指導を行う。
一般社団法人日本ホリスティックダイエット(TM)協会認定講師、StanfordIntroductiontoFoodandHealthcourse修了、ダイエット検定1級取得、スムージースペシャリスト、低糖質ダイエットスイーツ認定1級など、保有資格多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt