MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
女性の尿漏れトラブル改善!腹圧性尿失禁の手術を体験した医師のアドバイス

女性の尿漏れトラブル改善!腹圧性尿失禁の手術を体験した医師のアドバイス

私自身も18年間、腹圧性尿失禁の尿もれに悩まされました。しかし、3年前の56歳のとき、尿失禁の手術を受けたことで、尿もれのわずらわしさから解放され、好きなことが自由にできるようになりました。今は、手術を受けて本当によかったと思っています。【解説】大河原節子(みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長)

解説者のプロフィール

大河原節子
1956年生まれ。群馬大学医学部卒。
現在、みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長。
NPO法人日本コンチネンス協会会員で、認定排泄ケア専門員、電話相談員の資格を持つ。
コンチネンス・ケアの啓蒙と普及に努めている。
著書に、自らの体験も交えた尿トラブルについての本『おしっこの本』(三一書房)がある。

38歳のときから尿もれに悩む

「尿がもれる」「トイレが近い」でお困りではありませんか?

 尿失禁は、誰にでも起こる可能性のある病気です。ちっとも恥ずかしいことではありません。ですから、尿トラブルで悩んでいる人は、まずは一度、専門医の診察を受けてください。

 私自身も18年間、尿もれに悩まされました。
 しかし、3年前の56歳のとき、尿失禁の手術を受けたことで、尿もれのわずらわしさから解放され、好きなことが自由にできるようになりました。今は、手術を受けて本当によかったと思っています。

「尿もれに悩んでいるけど、どうしたらいいかわからない」「恥ずかしい」「手術に踏み出す勇気もない」……。
 そんな人のために、私自身の体験を交えながら、ささやかなアドバイスをしたいと思います。

 私が尿もれに悩むようになったのは、38歳のとき。初めての出産の後でした。
 高齢出産にもかかわらず、産休に入って気持ちのタガがゆるみ、食欲のおもむくままに食べたのが悪かったのか、あっという間に太ってしまいました。

 なんとか経膣分娩でお産をしたものの、3800gという大きな赤ちゃんだったので、会陰裂傷がひどく、出産後、会陰を縫合する手術を受けました。

 尿もれに気づいたのは、退院してしばらくしたころです。子どもをだっこしたり、小走りしたりすると、尿がもれてしまいます。それから、パッドを当てる生活が始まりました。

 そのころ、尿もれで困っていることを、お産を経験したことのある女性医師や看護師に話すと、一様にびっくりされました。お産をした人がみんな尿もれになるわけではなく、むしろ私の年齢で尿もれになる人は、少ないようです。
 このことがまた、自己管理が悪かったのではないかと、自分を責める原因になりました。

腹圧性尿失禁なら手術でほぼ95%の人が治る

 女性の場合、尿失禁は大きく二つに分類できます。

①おなかに力を入れたときに尿がもれる「腹圧性尿失禁」

②突然膀胱が収縮して尿意を感じ、がまんできずに尿がもれる「切迫性尿失禁」

 どちらか一つだけでなく、この二つが混合しているケースもあります。

 私は腹圧性尿失禁でした。飛び跳ねたり、重いものを持ったりすると尿がもれるので、趣味のテニスやジョギングはできなくなりました。
 しかし、寝ている間は問題なく、昼間も腹圧がかかるようなことをしなければ、特別不便はありません。
 それでも、仕事を持っている私は、いつ尿がもれるかわからないので、パッドは外せませんでした。私が使っていたのは生理用パッドでしたが、暑い時期は蒸れて困りました。

 後で知ったのですが、生理用パッドは血液を吸収するようにできており、失禁用パッドは水分を吸収するようにできているそうです。使用感も、失禁用はサラサラして肌にやさしく、蒸れにくいようです。

 また、尿失禁を改善するという観点から、一般に、骨盤底筋体操が勧められています。私も試しましたが、うまく習得できず、またどれくらいすれば効果があるのかもわからず、このときは、結局続きませんでした。
 こうして18年も尿失禁とつき合って、「もうこのままでいいかな」と思っていたとき、たまたま昔の友人の泌尿器科医と会い、尿失禁の手術のことを知りました。
 腹圧性尿失禁なら、手術で95%の人が完全に治るそうです。それを聞いて心が動きました。

 私は、回復期リハビリ病棟で医師として勤務しており、日々、患者さんの尿の問題に直面しています。
 特に女性の場合は尿路感染を起こしやすく、よく患者さんが高熱を出します。私も、それまでひと冬に1~2回は膀胱炎を起こしていました。これから年を取れば、さらに感染の頻度は増えるでしょう。

 また、膀胱機能の低下も心配でした。尿失禁があると、失禁が心配で、早めにトイレに行きます。すると、膀胱がしっかり尿をためる前に出してしまうので、膀胱が膨らんで収縮するという、膀胱本来の機能が落ちてしまうのです。

 膀胱機能が落ちれば、尿路感染も起こしやすくなりますし、おむつも必要になります。
 こうしたリスクを避けるためにも、できることはやっておいたほうがいいのでは、と考えるようになりました。
 そんな折、1泊の入院で手術をしてくれる医師が見つかり、手術を受けることにしました。

尿失禁の手術にはTVT手術と、それを改良したTOT手術の2種類がある

 尿失禁の手術には、TVT手術と、それを改良したTOT手術の2種類があります。どちらも、尿道の後ろにメッシュテープを通し、テープで尿道を支える手術です。

 腹圧がかかると、尿道が下がって尿がもれやすくなりますが、テープで尿道を支えることによって、それを防ぎます。
 最初に開発されたのはTVT手術でしたが、TVT手術は臓器を傷つけるおそれがあるため、現在はTOT手術が主流になっています。

 この手術は、腹圧性尿失禁だけに有効なので、事前に検査を受けます。私は、純粋な腹圧性尿失禁と診断され、手術の適応とされました。

 手術は、局所麻酔で20分程度で終わります。私は退院した日の翌日から通常どおり出勤しましたが、術後1ヵ月は、無理な運動はできません。
 その後は、走っても何をしても尿がもれることはなく、快適な生活を送れるようになりました。
 なお、手術が適応しない切迫性尿失禁は、薬物療法が治療の中心ですが、セルフケアとして、骨盤底筋体操や膀胱訓練が有効です。

 また、排尿日誌をつけると、自分の膀胱機能が把握できます。
 それぞれについて、簡単に説明しましょう。

【骨盤底筋体操】
 尿道や膣を支えている「骨盤底筋群」を鍛える体操です。
 一人ですると効果が実感しにくく、継続がむずかしいので、できれば、体操を指導できる医療機関を受診し、きちんと指導を受けて始めるといいでしょう。
 骨盤底筋体操は、私自身も、手術後から再び行っています。いくら手術で尿もれが止まったとはいえ、きちんと骨盤底筋を鍛えておかないと、加齢に伴って筋肉が弱り、また尿もれを起こすおそれがあるからです。
 体操する時間を生活の中に組み込むと、継続しやすいようです。私の場合、電車での10分の通勤時間に、立ったまま骨盤底筋体操をする、と決めています。これは、一生続けていくつもりです。

【膀胱訓練】
 頻尿や尿もれのある人は、膀胱に尿をためられなくなっていますから、尿意があったら、5分でも10分でもがまんして、なるべく膀胱に尿をためるようにします。
 初めは100~200mLくらいしかためられなくても、がまんする時間を延ばしていくと、300mLくらいまでためられるようになります。

【排尿日誌】
 500mLの水が入るプラスチックのコップを用意し、50㎖ずつの目盛りをつけます。トイレに行くたびにコップに直接排尿し、量を測って記入します。同時に、水分摂取量や尿もれした時間なども書き込みます。
 2日分くらい記入すると、自分の排尿傾向がわかります。泌尿器科を受診するときに持って行くと、非常に役に立ちます。

 私は、自分のこうした経験から、頻尿や尿もれ、排尿困難などの尿の問題に関心を持つようになりました。現在では、患者さんに向けたセミナーで、尿トラブルやセルフケアについてのお話をさせていただくほか、コンチネンス・ケア(排泄ケア)の普及などにも努めています。

 尿トラブルに限らず、排泄の問題は、誰にでも起こりうることなのに、多くの人は自分のこととして考えていません。
 排泄は、人間の尊厳にかかわる問題であり、介護する側から見ても先の見えない、大変な問題です。
 いかに自分の排泄をコントロールするか、排泄の障害が出たらどうすればいいのかなどについて、すべての人が知識を持ち、考えていく必要があると思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt