MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【親の代理お見合いって何?】結婚には「親の影響」があると念頭に置くべし!

【親の代理お見合いって何?】結婚には「親の影響」があると念頭に置くべし!

私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)

時代は変わっても根強い親の思い「結婚してほしい」

私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。
昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。

そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。
2000年に、北海道の結婚相談所が開催したのが始まりでした。

京都では2005年から一般社団法人良縁親の会が、親による代理お見合いの会を開催していると知り、去年から同会の協力を得て、そこに参加する親へのインタビューなどを行っています。

特に印象的だったのは、「結婚して子どもを持つというのは、人間としての使命だと思う」という親世代の声でした。
時代の移り変わりとともに、「結婚は個人の選択」という意識になってきていることは、親たちも十分理解しています。

それでもやはり「結婚するのが当たり前」という思いが、根強くあるのです。
男親の中からは、「氏(名字)を残してほしい」という率直な声も聞かれました。

結婚に対する意識は、親子で違う?

国勢調査によると、50歳まで一度も結婚したことのない人の割合を示す生涯未婚率は、2015年で男性23.37%、女性14.06%。
男性は4人に1人、女性は7人に1人です。

結婚しない人が増えている現代において、「『当然のこと』として結婚してほしい」という親の切実な願いが、親同士のお見合いというニーズを生んでいるのかもしれません。

子どものほうはというと、国立社会保障・人口問題研究所の調査で、「いずれ結婚したい」という人は9割弱に上っています。

ただ、これも時代とともに、「絶対にしたい」というよりは、「できれば、いずれはしたい」というニュアンスに変わっている可能性があります。

実際、良縁親の会に参加している親たちからは、「苦労して相手を見つけて釣書を持ち帰っても、子どもから無下に断られる」といった声も聞かれます。

一方、親の代理お見合いから、成婚に結び付いたカップルが多くいることも事実です。
親と子どもの意識の一致するところ、食い違うところはどこなのかを明らかにすべく、現在、親子双方へのアンケート調査を実施しているところです。

子どもの結婚には親子関係が影響する

結婚する・しない、できる・できないということは個人の問題として語られがちですが、生涯未婚率を下げるためには、長時間の残業や非正規雇用とそれに伴う不安定な収入、女性への家事労働負担の偏重など、むしろ個人ではなく、社会的に解決すべき問題が山積しているといえます。

社会の状況が変化し、昔は一般的だったお見合い結婚や職場結婚が減った今、結婚相手を見つける手段の一つとして、親の代理お見合いが存在することは、よいことだと考えます。
子どもに、異性の多い趣味の集まりや交流の場への参加を促すのも、お勧めです。

お見合いや結婚相談所の利用は、抵抗感や嫌悪感があっても、趣味や遊びを通してなら、自然に異性と交流しやすいからです。

インタビューをした親御さんで、子どもにもっと強く「結婚しろ」と言っておけばよかったという方がいましたが、言うべきか、言わないほうがよいのかは、お子さんとの関係にもよるので難しいところです。

おそらく、正解などないでしょう。
しかし、家族社会学には、幼いころから親子関係に満足してきた子どもは、自分の異性の親に似た配偶者を選び、自らが育てられた家庭を再現しようとする傾向が強いという研究があります。

つまり、子どもの結婚には、親の影響が少なからずあるということです。
子どもに結婚を勧めるのであれば、よい家族関係を築いている親のほうが、説得力があることは言うまでもないでしょう。

親子それぞれが抱く複雑な思いを、今後の研究で、より明確にしていくつもりです。

私がインタビューを行った「一般社団法人良縁親の会」については、次の記事で紹介されています。

解説者のプロフィール

大瀧友織(おおたき・ともおり)

大阪経済大学情報社会学部准教授。
2007年、大阪大学人間科学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(人間学)。
広島国際大学講師、大阪経済大学講師等を経て、2016年より現職。
専門は社会学。
婚活や夫婦関係について研究。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
仕事や子育てをリタイアしたあとは、エンディングに向けて準備する時期だと思います。では、どんな準備が必要で、リタイア後はどんな生きかたがいいのか。 私が出した結論は、60歳からは「手ぶら人生」で行こう、です。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:18:31
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt