MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】骨盤臓器脱~女性特有の病気(体験談付き)

【医師解説】骨盤臓器脱~女性特有の病気(体験談付き)

膣口から子宮や膀胱などの臓器が脱出するのは、骨盤臓器脱という女性特有の病気です。現在、40代以上の女性の10人に1人が、この病気に悩んでいるといわれており、決してまれな病気ではありません。【解説】竹山政美(第一東和会病院女性泌尿器科ウロギネコロジーセンター長)

進行すると尿や便が出にくくなる

 膣口から子宮や膀胱などの臓器が脱出するのは、骨盤臓器脱という女性特有の病気です。
 現在、40代以上の女性の10人に1人が、この病気に悩んでいるといわれており、決してまれな病気ではありません。

 骨盤の中には子宮や膀胱、腸などの臓器が収まっています。こうした臓器を、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉や靭帯が、ハンモックのように下から支えて、正しい位置を保っています。

 しかし、加齢や出産が原因で骨盤底筋群がゆるんだり傷ついたりすると、骨盤内の臓器がだんだん下がってきて、膣壁とともに体外に出てきます。
 特に、更年期による女性ホルモンの分泌低下で、骨盤底筋群が弱くなったり、出産時の古傷が再発したりします。

 骨盤臓器脱の中では、出血やかゆみを伴う子宮脱がよく知られていますが、最も多いのは、膀胱が下がって出る膀胱瘤です。
 症状としては、頻尿や急に尿意を催す「過活動膀胱」があり、しだいに尿が出にくくなります。次に多いのが直腸瘤で、便秘や残便感などの症状があります。

 いずれも初期症状は、夕方になるとピンポン玉のようなものが膣口から出てくる、というものです。この時点で治療を受ければ重症化が防げるので、泌尿器科や婦人科を受診することをお勧めします。進行すると、常に股の間に何かがはさまっている不快感があり、尿や便がすっきり出なくなります。さらに進行すると、歩行も困難になります。

 骨盤臓器脱は、臓器そのものに損傷があるわけではなく、命を脅かす病気ではありません。しかし、不快感が続き、日常生活が大きく制限されてしまいます。根本的な治療法は、骨盤底筋群を補強するなどの手術です。年齢に関係なく受けられますが、体力による個人差があります。

 対処療法としては、リングペッサリーを挿入する方法があります。ただし、手術もできず、リングも痛くて合わないという人も多くいます。その場合には、臓器脱防止クッションで、脱出した臓器を体内に戻してやると、つらい症状の緩和が期待できます。下着をはくスタイルなので、自分で装着できますし、リングのように体内に挿入するものではないので、膣粘膜に負担がかかりません。

 臓器脱防止クッションは、骨盤臓器脱を治すものではありません。しかし、使用してみて、不快な症状が改善して、日常生活が取り戻せたのであれば、そのまま続けていくとよいでしょう。

子宮脱で尿の出にくさと残尿感に悩んだが臓器脱防止クッションで大改善し感激(主婦・84歳・山本智佐子・仮名)

臓器脱防止クッション
下着のように装着でき不快症状の軽減に有効

 2年前のことです。ある日突然、トイレで違和感を感じ、おそるおそる膣口あたりを触ると、ポコッと何かが飛び出ていました。これには衝撃を受け、「大変な病気ではないか」と心配になりました。

 娘に相談すると、インターネットで調べてくれました。その結果、子宮が下がって膣口から出てくる「子宮脱」と呼ばれる病気ではないか、とのこと。

 初めて耳にする病名でしたが、娘から「加齢が原因で、めずらしい病気ではないらしい」と言われ、少しだけホッとしました。治療法は手術などとありましたが、高齢なので、手術は避けたいし、恥ずかしくて受診もためらいました。

 しかし、常に股に何かはさまっているようで歩きづらく、一日中不快感があります。私の趣味は庭で草花を育てることですが、重いものを持ったり、しゃがんだりすることもつらくなりました。また、下がってきた子宮が膀胱を圧迫するのか、尿が出にくくなりました。残尿感があるので、トイレに行ったばかりでも、またすぐにトイレに駆け込みます。こうなると、外出してもトイレのことばかり気になり、買い物や散歩すら控えるようになりました。

 だんだん気持ちが落ち込んできた私を心配して、娘は対処法を探してくれていました。1ヵ月後、娘が教えてくれたのが、臓器脱防止クッションでした。
 説明によると、臓器脱防止クッションは、膣口から出た臓器を、丸いシリコンゴムがついたクッションで下から支える対処法だとか。クッションとパッドのようなホルダー、サポーターの3点セットで、下着のように自分で身に着けられます。洗濯もできるので、通院したくない私にぴったりだと思い、購入しました。

 臓器脱クッションは、目覚めたら装着し、夜休むときは脱ぎ、普通のショーツにはき替えます。日中のトイレでも、ワンタッチで外せるので安心です。
 臓器脱防止クッションを使用してから、股の不快感がなくなり、トイレの回数も減って以前のように家事も散歩も花の手入れもできるようになりました。

解説者のプロフィール

竹山政美
2002年に「女性のための泌尿器科外来」を立ち上げ女性泌尿器科医の先駆けとなる。
2015年より現職。
骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下手術を年間100例、膣式メッシュ手術を年間300例ペースで施行。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt