MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血糖値スパイクを予防!糖質減らしが無理なく続く「作り置きおかずレシピ」

血糖値スパイクを予防!糖質減らしが無理なく続く「作り置きおかずレシピ」

適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。【監修】斎藤糧三(医師)

「もっと食べたい!」が自然に抑えられる

「糖質を減らす生活を続けたら、逆に調子が悪くなった」という声を聞くことがあります。原因の多くは、極端な糖質減らしと、必要な栄養素の摂取不足です。やみくもに糖質を減らすだけでは、健康になれません。最低限の糖質は取りつつ、必要な栄養素もあわせて取ってください。

必要な栄養素①たんぱく質

 たんぱく質は筋肉や骨、皮膚や臓器、血管や血液、ホルモンや神経伝達物質、酵素などの材料です。材料が不足すれば、筋肉や骨、皮膚や臓器の新陳代謝が滞り、健康ではなくなります。神経伝達物質が減れば、精神不安につながります。筋肉が減り基礎代謝が落ちると、やせにくく太りやすい体になります。
 日本人の大半は、たんぱく質不足です。体に必要なたんぱく質の摂取量は、体重1㎏あたり1日1.6g。体重50㎏の人なら、1日80gのたんぱく質が必要です。

 肉や魚は正味量の約20%がたんぱく質ですから、1日に合計400gの肉や魚を食べれば、80gのたんぱく質を補うことができます。3食に分ければ、1食あたり25〜30g程度のたんぱく質(肉や魚なら120〜150gに含まれる量)を摂取すればOKということです。

 肉や魚の他には、卵や大豆といったたんぱく源も、積極的に食事に取り入れましょう。
 たんぱく質が消化吸収されるときに、食欲を抑えるホルモンが分泌されることがわかっています。たんぱく質を摂取すれば、「もっと食べたい!」という欲求を、自然に抑えられるでしょう。

必要な栄養素②食物繊維

 糖質を減らすとなれば、主食を減らすことになりますが、主食は食物繊維も含んでいます。食物繊維が不足すると、便秘になりやすいです。
 主食を減らす分、食物繊維が多い海藻やきのこ、葉野菜を取りましょう。便秘予防はもちろん、食物繊維には、糖質の吸収をゆるやかにして、食後高血糖を抑える作用もあります。

糖質減らしが無理なく続く食事と栄養の秘訣


適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。

たんぱく質の作り置きレシピ

レシピ1 ゆで鶏(冷蔵保存で4〜5日)

【材 料】
・鶏胸肉…1枚(約200g)
・塩…小さじ1

【作り方】
鍋に鶏胸肉がかぶるくらいの水と塩を入れ、沸騰したら鶏胸肉を入れて蓋をし、火を止める。そのまま冷めるまで置き、ゆで汁ごと保存容器へ

肉類の中でも、鶏胸肉に含まれるたんぱく質の量はトップクラスです。また、鶏胸肉には疲労の原因となる乳酸の分解を促進する「イミダゾールジペプチド」というアミノ酸が豊富に含まれており、疲労感を軽減する効果が報告されています(斎藤)

ゆで鶏のアレンジレシピ3品

《鶏めし》

【材 料】
・裂いたゆで鶏…適量
・ご飯…7分目
・わさび…適量
・しょうゆ…適量

【作り方】
ご飯の上にゆで鶏、わさびをのせ、しょうゆを2〜3滴たらす

《鶏トマト》

【材 料】
・裂いたゆで鶏…適量
・トマト…1個

【作り方】
トマト1個をひと口大に切り、ゆで鶏をのせ、好みのドレッシングをかける

《鶏だしスープ》

【材 料】
・ゆで汁…1カップ
・塩・しょうゆ…適量

【作り方】
ゆで汁を温め直し、塩、しょうゆで味つけする

レシピ2 ポン酢味玉(冷蔵保存で4〜5日)

【材 料】
・卵…5個
・ポン酢…100ml

【作り方】
鍋に卵を入れ、かぶるほど水を入れ沸騰したら、弱火で7分ゆでる。冷水で冷やしながら皮をむく。ジッパー付きの保存袋や容器に卵とポン酢を入れて密閉し、冷蔵庫で半日以上漬ける

卵は良質なたんぱく源ですが、コレステロールが心配という声を聞きます。しかし、近年の研究で、食事から得るコレステロールでは、血中のコレステロール値は変わらないことがわかっています(斎藤)

レシピ3 サバピーマン(冷蔵保存で4〜5日)

【材 料】
・サバ味噌煮缶…1缶
・ピーマン…4個
・ゴマ油…大さじ1

【作り方】
ピーマンを細長く切る。フライパンにゴマ油を熱し、ピーマンを炒める。サバ味噌煮缶を加えて、水気がなくなるまで炒める

サバなど青魚には、動脈硬化やアレルギーを防ぐと言われる「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれます。サバ缶1缶で、1日に摂取すべきオメガ3脂肪酸の目安量を取ることができます(斎藤)

食物繊維の作り置きレシピ

レシピ4 エノキワカメ(冷蔵保存で4〜5日)

【材 料】
・エノキ…1袋
・乾燥ワカメ…大さじ2

【作り方】
エノキは石づきを除き、食べやすく裂く。ワカメは水に戻しておく。湯を沸かし、エノキとワカメをさっと湯に通し、ざるにあけ、よく水を切る。エノキとワカメを調味料と混ぜて完成

海藻は、他の食品と比べて、食物繊維が含まれる量が多いので、積極的な摂取をお勧めします。酢も血糖値の上昇を抑えてくれます(斎藤)

レシピ5 アボカド玉ネギ (冷蔵保存で4〜5日)

【材 料】
・アボカド…1個
・新玉ネギ…1/2個
・レモン汁または酢…大さじ2
・オリーブオイル…大さじ2
・塩…少々

【作り方】
アボカドは皮をむき、食べやすい大きさに切る。新玉ネギはスライスして10分水にさらす。調味料は混ぜておく。保存容器にアボカド、玉ネギの順に入れ、調味料を回しかけ蓋をして冷蔵保存

アボカド1個に、ゴボウ1本分相当の食物繊維が含まれており、便秘予防に最適です。抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なアンチエイジング食材でもあります(斎藤)

レシピ6 手間なし大豆レシピ

《ココア豆乳》

【材 料】
・無調整豆乳… コップ1杯
・ココアパウダー(無糖)…大さじ1

【作り方】
豆乳にココアパウダーを入れスプーンでよくかき混ぜる

大豆に含まれるイソフラボン、ココアに含まれるカカオポリフェノール、どちらも美容効果が期待できます(斎藤)

《アマニ納豆》

【材 料】
・納豆…1パック
・アマニ油…大さじ1

【作り方】
納豆にアマニ油をかけて混ぜる

納豆に含まれるナットウキナーゼには血栓を溶かす作用があります。血流をよくするオメガ3脂肪酸のアマニ油をかけて食べましょう(斎藤)

作りおきレシピを活用した1日の献立例

監修者のプロフィール

斎藤糧三(さいとう・りょうぞう)
医師。日本医科大学を卒業後、産婦人科医に。日本機能性医学研究所所長、一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会副理事長、サーモセルクリニック院長。食物過敏症検査(通称:遅延型フードアレルギー検査)をいち早く導入し、腸内環境の再生によってアレルギーなどの慢性疾患を根治に導く次世代型医療・機能性医学を日本に紹介、日本人として初めての認定医になる。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt