MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【レモンコーヒーの効能効果】脂肪燃焼効果が最大級!ポリフェノールの玉手箱

【レモンコーヒーの効能効果】脂肪燃焼効果が最大級!ポリフェノールの玉手箱

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)

解説者のプロフィール

板倉弘重(いたくら・ひろしげ)
●品川イーストワンメディカルクリニック
東京都港区港南2丁目16-1 品川イーストワンタワー3階
03-6718-2898

品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師。医学博士。
東京大学医学部卒。カリフォルニア大学サンフランシスコ心臓血管研究所に留学後、東京大学第三内科講師を経て茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授に就任。退職後、現職。主な研究分野は脂質代謝、動脈硬化。テレビなどメディア出演も精力的に行っている。『認知症の人がズボラに食習慣を変えただけでみるみる回復する!』(青萠堂)、『マンガでわかる コレステロール・中性脂肪を下げる方法』(主婦の友社・監修)など、著書多数。

コーヒーは最大級のポリフェノール源

私は長年にわたってさまざまなポリフェノールの長寿健康効果を研究してきました。
ポリフェノールとは、植物の果実や種子、果皮などに含まれる抗酸化物質の1つです。

植物が害虫などから自らを守るために備わった成分で、体内を酸化させて病気や老化を引き起こす「活性酸素」を除去する抗酸化作用のほか、抗菌作用も持ち合わせています。

数あるポリフェノールの中で、非常に重要な役割を果たしているのがコーヒーに含まれるポリフェノールの「クロロゲン酸」です。
コーヒー100mlにつき、15~20mg程度含まれています。

2010年、首都圏の主婦109人に食事と飲料からのポリフェノール摂取量を調査したところ、ポリフェノール摂取量の47%がコーヒーによるものでした(下参照)。

コーヒーは緑茶や紅茶の約2倍、トマトジュースの約3倍のポリフェノールを含むことからも、コーヒーが最大級のポリフェノール源であることは間違いありません。

コーヒーのクロロゲン酸については、世界的に臨床試験が行われていて、糖尿病や動脈硬化、心臓病、認知症、ガンの予防にいいという研究結果が多数あります。

クロロゲン酸は、強い抗酸化作用により、体内の炎症を抑え、血管壁の内皮細胞を保護し、血管をしなやかに保つので、血圧を下げる働きもあります。

ほかにも、強い紫外線やパソコン、スマホなどのブルーライトによって、目の網膜に集中して入ってくる活性酸素を抑制する働きがあるので、眼精疲労を防ぎ、近視や老眼対策にもなります。

さらに肝臓での脂質の代謝が活発になるので、脂肪を燃焼しやすい体になることも見逃せません。
また、コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を分解して、脂肪燃焼とエネルギー消費を高める働きがあります。

クロロゲン酸とカフェインの2つの効果で、肥満を抑制する働きが期待できます。

2~3時間おきに飲むのが理想

一方のレモンには、エリオシトリン、ヘスペリジン、ナリルチンなど多様なポリフェノールが含まれます。
エリオシトリンは、それらの中でも特に抗酸化作用の顕著な成分です。

また、腸からの中性脂肪吸収を抑制し、中性脂肪を減らします。
ヘスペリジンは、強い抗酸化作用により、血流を改善するなどの働きがあり、動脈硬化を代表とした血管系の疾患を予防します。

レモンコーヒーに用いるレモンは、瓶入りのレモン果汁でも、きれいに洗ったレモンの薄切りでもかまいません。
レモンスライスの皮まで食べれば、健康に役立つ成分をより効果的に摂取できます。

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。
飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。

なお、ポリフェノールの作用が持続する時間は、一度飲んでから2~3時間程度です。
食事のときや、10時、3時のお茶の時間に、1日3~4杯程度、レモンコーヒーを加えると、さまざまな健康効果が期待できるでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)
更新: 2018-10-29 12:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt