【糖質制限ダイエット】極端はNG 「よく噛む」だけで糖質は減らせる 卑弥呼は3990回噛んでいた!

【糖質制限ダイエット】極端はNG 「よく噛む」だけで糖質は減らせる 卑弥呼は3990回噛んでいた!

私のクリニックにはダイエット外来があります。肥満に悩んでいる人を見てみると、ご飯、パン、麺類などの糖質を食べすぎている場合がほとんどです。私は、糖質は食べすぎを防ぎ、「適量」を食べるのが望ましいと考えています。そこで私が勧めているのは、「よくかむ」ことです。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


1口30回かめば糖質も食べてもいい

 私のクリニックにはダイエット外来があります。肥満に悩んでいる人を見てみると、ご飯、パン、麺類などの糖質を食べすぎている場合がほとんどです。

 糖質は体内で消化されてブドウ糖となり、すい臓から分泌されるインスリンの働きによって細胞に送り込まれ、エネルギー源になります。しかし、現代の生活では、細胞に送り込まれたブドウ糖はほとんど使われません。余ったブドウ糖は中性脂肪になって脂肪細胞に取り込まれ、どんどん蓄積されていきます。これが太るメカニズムです。

 このことからダイエットのために糖質制限をする人が増えています。しかし、自己流でご飯、パン、麺などの糖質を制限している人たちからは、つらくて続けられないという声をよく聞きます。

 そのような人の食事内容を聞いてみると、野菜中心の和食からただ米飯を抜いたというケースが多いようです。肉や卵など動物性たんぱく質や脂質が明らかに少なく、これでは栄養不足になってしまいます。無理に続ければ体重は落ちるでしょうが、体力や筋力も落ちます。

 私は、糖質は食べてはいけないものではなく、食べすぎを防ぎ、「適量」を食べるのが望ましいと考えています。そこで私が勧めているのは、「よくかむ」ことです。1口30回、ゆっくりかんで食べてください。

 糖質よりも肉、卵、チーズを優先して食べてください。成人の1日の必須栄養素量は、肉200g、卵3個、チーズ120gを食べることでほぼ満たすことができます。よく「1日30品目」と言われていますが、実は肉、卵、チーズの3品目でじゅうぶんなのです。

 ただ、唯一ビタミンCだけはこれだけでは不足しがちです。それは、適度に野菜をプラスすることで解消できます。
 肉、卵、チーズを1口30回かんで食べ、それでも糖質を食べたい場合は食べてかまいません。その場合も、1口30回かんでください。

よくかむと精神が安定し能力も発揮できる

 なぜ、30回かむのでしょうか。30回というのは、食べ物の形がなくなり、唾液とまざって液状になって、自然と喉へ流れるくらいになる、一つの目安です。硬いものを食べる場合は、30回以上かんで食べましょう。

 よくかむと、唾液が分泌されます。唾液を出すことは、満腹中枢を刺激し、過剰な食欲を抑えられるようになります。
 30回かむコツとして、私が患者さんに勧めているのが、ナイフとフォークで、粒ガム(ひと口)サイズにカットして食べることです。よくかむには、かみやすい大きさがあります。それが、粒ガムサイズです。
 次に、口に入れたら、箸やフォークを一度置いてください。持ったままかむと、かみ終わる前についつい次のひと口に手が伸びてしまいます。一度箸を置くことで、ゆっくりかんで食べることができます。

「よくかむ」ことに対しては、こんなデータもあります。元神奈川歯科大学教授の斎藤滋先生の研究データによると、卑弥呼は1度の食事で3990回かんでいたそうです。ちなみに、源頼朝はおよそ2700回、徳川家康も約1500回かんでいたそうです。現代人の咀嚼回数は620回といわれていますから、卑弥呼の6分の1以下、源頼朝の4分の1以下です。

 1度の食事にかける時間も卑弥呼は51分、源頼朝は29分、徳川家康は22分だったのに対し、現代人は11分。いかにかまずに早食いしているかのデータです。
 現代に比べると、当時は歯ごたえのある食べ物が多かったこともあるでしょうが、食べる量も少なかったはずで、そう考えると立派な咀嚼回数です。

 これほどよくかむと、少量の食事でも食欲が満たされたはずです。また、よくかむと神経伝達物質である「セロトニン」が分泌されます。セロトニンには、精神を安定させる働きがあります。彼らが能力を発揮するためにも、よくかむ食事が役に立ったはずです。

 肉、卵、チーズをよくかんで食べ、それでも糖質が食べたい場合は、食べてもだいじょうぶです。しかし、よくかむ食べ方になじんでくると、パン、ごはん、麺類、甘いものなど、糖質への欲求や興味が薄れてくる人が多いです。そうなればしめたもの。肥満は解消され、体は健康に近づき、歴史上の偉人のように能力を発揮できるようになるでしょう。

わたなべ のぶゆき
名古屋大学医学部卒業後、沖縄県の中部徳洲会病院にて内科医として勤務。こくらクリニックでは、心臓疾患や脳卒中を予防・改善するための健康法を普及させるため、生活習慣病外来、ダイエット外来を解説。肉・卵・チーズを積極的に食べるダイエット法を提唱する。『肉・卵・チーズで人は生まれ変わる』(主婦の友社)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ダイエット 糖質制限

関連する投稿


【食後高血糖の対策】糖質は1食あたり40gが必要!「チョイ減らし」6大健康効果

【食後高血糖の対策】糖質は1食あたり40gが必要!「チョイ減らし」6大健康効果

健康な人であれば、糖質の摂取量を1日120g、1食あたり40gにすれば、食後の高血糖を防ぎながら、体に負担をかけることなく、必要な糖質を補うことができます。まずはご飯を3分の1だけ減らす「糖質チョイ減らし」から始めるとよいでしょう。【解説】斎藤糧三(医師)


「糖質制限」で不調になった?失敗原因は「減らしすぎ」と「栄養不足」

「糖質制限」で不調になった?失敗原因は「減らしすぎ」と「栄養不足」

糖質を減らしても、肉、魚、卵、大豆などのたんぱく質と、海藻やきのこなどの食物繊維は、たくさん食べてだいじょうぶです。たんぱく質や食物繊維を積極的に取れば、糖質への過剰な欲求を抑えたり、腸内環境が悪くなったりするのを防げます。【解説】斎藤糧三(医師)


【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。【監修】斎藤糧三(医師)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)