MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【つわりにいい食べ物】生クリームで吐き気がおさまる !赤ちゃんの夜泣きにも

【つわりにいい食べ物】生クリームで吐き気がおさまる !赤ちゃんの夜泣きにも

物が食べられないので栄養が取れない。こんなときにお勧めなのが生クリームなのです。つわりがひどくてぐったりしている妊婦さんも体に栄養が入ると体力を取り戻しつわりも楽になります。赤ちゃんが夜泣き対策にも生後6カ月以上なら、スプーン1杯の純正生クリームをなめさせてみてください。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)

つわりや赤ちゃんの夜泣きもおさまった!

 私のクリニックには妊婦さんがたくさんいらっしゃいますが、特につわりのひどいかたには、純正生クリームをそのまま50㎖飲むように指導しています。

 ご存じのように、つわりが始まると気持ちが悪くなり、物が食べられなくなります。おなかが空くと余計に気持ちが悪くなり、ますます食べられなくなります。その結果、栄養不足になり、つわりもさらにひどくなる、という悪循環になるのです。

 つわりがひどくてぐったりしている妊婦さんも、体に栄養が入ると体力を取り戻し、つわりも楽になります。しかし、物が食べられないので栄養が取れない。このときにお勧めなのが、生クリームなのです。

 生クリームは、高たんぱくで脂質も豊富な良質な食材です。しかも、粘度の高い生クリームは胃の壁に貼りつくので、食べるとすぐに吐いてしまう人でも、吐き出さずに栄養を吸収できるという長所もあります。

 赤ちゃんがいつもぐずったり、夜泣きがひどかったりするのも、実は栄養不足が原因であることが少なくありません。生後6カ月以上なら、スプーン1杯の純正生クリームをなめさせてみてください。私のクリニックで出産したお母さんは、赤ちゃんに生クリームを飲ませたところ、ぐずって不機嫌になることが少なくなったと報告してくれました。

 そのほか、食が細くなっている高齢者や、抗ガン剤治療の副作用で物が食べられないという患者さんなど、栄養不足のかたには生クリームはお勧めです。1さじ2さじとなめているうちに、体に力が入るようになってくることでしょう。

ホットがお勧め!優れたダイエット飲料

 生クリームはホイップしてからお菓子などに使用するのが一般的ですので、そのまま飲むという行為に抵抗がある人もいるかもしれません。そこでお勧めなのがコーヒーにたっぷり入れて、砂糖なしの「ラテ」にして飲む方法です。もちろんホイップしてウインナーコーヒーにしても構いません(ただし、ホイップする際に砂糖は使わない)。

「脂肪分を取りすぎると太る」と考えている人も多いと思いますが、これは誤解です。脂肪を取り過ぎても、余計な脂質は体に吸収されず、水分と二酸化炭素として排泄されます。

 糖質を取ると空腹を感じ、もっと欲しくなりますが、脂質を取るとおなかが空かないので、過食を抑えることができます。高たんぱく、高脂質の生クリームは、実は優れたダイエットツールなのです。

 生クリームコーヒーにする場合、ホットで飲むのがお勧めです。私は、コーヒー9に対して生クリーム1の割合(カップ1杯約130㏄のコーヒーに対し、大さじ1杯程度)を推奨していますが、続けやすいお好みの量でいいと思います。

 ただし、生クリームは乳脂肪のものを選んでください。乳脂肪で作られているものは、パッケージに「クリーム」と書いてありますが、植物性脂肪が混ざったものは「乳等を主原料とする食品」と書いてあります。「クリーム」を選んでください。

 純正クリームを選んでくれれば、乳脂肪分の割合については好みでよいと思います。一般的に、乳脂肪20〜30%くらいのものはコーヒーや調理用で、製菓用は35〜38%、ケーキのデコレーションなどに使うクリームは乳脂肪40%以上です。「クローテッドクリーム」と呼ばれる乳脂肪60%前後の、軟らかいバターのような食感のクリームもあります。続けやすいものを選んでください。

 ちなみに、同じ乳製品の牛乳にも乳脂肪分の多いものがありますが、牛乳には乳糖という糖質が含まれています。糖質の少ない純正生クリームのほうがお勧めです。

生クリームコーヒーの作り方

解説者のプロフィール

宗田哲男(むねた・てつお)
宗田マタニティクリニック院長。
1947年、千葉県生まれ。1965年、北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後に医師を志し、1973年、帝京大学医学部入学。1992年、千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院し、産婦人科医としての医療活動のほか、糖尿病治療にも積極的に取り組み、糖質制限で成果を上げている。著書に『ケトン体が人類を救う糖質制限でなぜ健康になるのか』(光文社新書)などがある。

●宗田マタニティクリニック
千葉県市原市根田320-7
TEL 0436-24-4103
http://muneta.org


この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt