MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
だるさや疲労感から解放!「生クリームコーヒー」で糖質依存を克服

だるさや疲労感から解放!「生クリームコーヒー」で糖質依存を克服

高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。【体験談】元木陽子さん(46歳・パートタイマー)

おなかが空かず間食せずにすむ

 高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。
 その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。

 それまでの私は、仕事から帰ってくるやいなや、すぐにチョコレートや甘いお菓子を食べていました。疲れを取るつもりで食べていたのですが、むしろ疲れは増幅するばかり。それでさらに甘いものがほしくなる、という負のサイクルにはまっていたのです。

 しかし、「疲れたら甘いものを食べないと動けない」という思いが強くて、どうしても甘いものをやめられませんでした。娘とする糖質制限が、糖質依存を断ち切る機会でもあったのです。
 とはいえ、あまり細かいことを気にしない性格なので、娘の食事には気をつかっても、私自身は「ゆる糖質制限」です。神経質になるよりはゆるく考えて、長く続けることを目標にしています。

 そんな私が毎日必ず実行しているのが、「生クリームコーヒー」など、コーヒープラス脂肪分です。
 朝食のときに飲むコーヒーに、なんらかの脂肪分を入れます。ココナッツオイルや無塩バター、MCTオイル(※)などです。また、おなかが空いて間食しそうなときも、脂肪分を加えたコーヒーを飲むと、おなかが満足して間食せずにすみます。

※MCTオイル=ココナッツなどから抽出された中鎖脂肪酸100%のオイル。スーパーなどで市販されている

「あー、疲れた」と言わなくなった

 半年くらい前からは、生クリームも利用しています。たまたま生クリームがセールで安くて買ったのですが、生クリームも脂肪分やたんぱく質がたっぷりの食べ物です。コーヒーに入れてみたらとてもおいしかったので、それ以来よく飲んでいます。
 脂肪分たっぷりのコーヒーを飲むようになってから、体が疲れにくく、おなかも空かなくなりました。甘いものが欲しくなることもなくなり、糖質依存も自然に解消しました。

 今では仕事から帰ってくると、すぐ夕食の支度をしたり、掃除をしたりなど、精力的に体を動かすことできます。以前のように「あー、疲れた」と言いながら30分も1時間も座って、甘いお菓子を食べ続けることはなくなりました。時間もうんと有効に使えていると思います。

 糖質制限生活を始めて、私だけでなく、娘の体調も上向いてきました。これからも糖質制限と生クリームコーヒーを続けていきます。

ケトン体質になると疲れにくい体になる(宗田マタニティクリニック院長 宗田哲男)

 糖質を減らしつつ、生クリームコーヒーを飲むことで、体のエネルギー源が糖からケトン体に変わります。ケトン体から作られたエネルギーを使うようになると、体は疲れにくく、タフに動けるようになります。元木さんが仕事から帰った後、家事を精力的にできるようになったのもこのためです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt