MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
乳がん術後のむくみ改善!クリニックも導入するウォーキング法 「かかと体重」

乳がん術後のむくみ改善!クリニックも導入するウォーキング法 「かかと体重」

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)

頑張らない、力を入れない鍛えない歩き方

私は鍼灸・整体を施す治療家として、28年以上にわたり、たくさんの患者さんの腰痛やひざ痛、股関節痛、首痛、肩こり、ネコ背、O脚、X脚、外反母趾、むくみなどを改善してきました。
そして、「体の痛みやゆがみを抱える人がなぜこんなに多いのか」と考えたとき、間違った立ち方と歩き方をしていることが一番の原因ではないかと気づいたのです。

私たちは正しい歩き方というものを義務教育で教えられているわけではありません。
一方で、運動会の行進の練習などでは、ひざを前に高く上げて歩く、いわゆる「行進歩行」が指導されます。

そのため、「行進歩行が正しい歩き方なのだ」と間違った知識を持っている人も少なくないのです。
ひざを高く上げて進む行進歩行は、ひざや腰、股関節への負担が大きく、故障を起こしやすくなります。
行進歩行は、ふだんは行ってほしくない歩き方なのです。

また、街で歩いている人を見ていると、つま先に体重をかけて、変な姿勢で立って歩いている人の多いのが気になります。

この歩き方は、骨格をゆがめ、血管やリンパ管を圧迫し、ひざや股関節の変形、ネコ背、腰痛、むくみなどの原因となります。
さらに、「いつまでも健康に歩けるように筋肉を鍛えよう」という考え方にも私は疑問を感じています。

スポーツ選手は筋肉を鍛えていますが、みんなが長生きしているかといえば、そうではありません。
体を酷使しているため、短命の人も多いという印象があります。

一方で、筋力は弱くても、寿命をまっとうする人は少なくありません。
趣味でスポーツをするのは大いに賛成しますが、「鍛えないと健康になれない」という考え方は間違っているのではいかと常々感じていました。

そこで、私が考えたのが「鍛えない・頑張らない・力を入れない」歩き方である、プライマリーウォーキング®です。
プライマリーウォーキングとは、「赤ちゃんが最初に歩いた」「ヨチヨチ歩き」「幼児歩行」などと訳されます。

歩くためには「筋肉を鍛えないといけない」と思い込んでいる人が多いですが、赤ちゃんは筋力が弱くても、ちゃんと歩いています。
プライマリーウォーキングは、赤ちゃんの歩き方に着目した、より少ない筋力で効率的に立って歩く方法です。

ですから、体に痛みがある人、筋力が弱い高齢者、病気をしてリハビリ中の人にもお勧めできるのです。

※「プライマリーウォーキング」と「かかと体重」は、一般社団法人プライマリーウォーキング指導者協会の登録商標です。

プライマリーウォーキングはかかと体重がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。
さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。

プライマリーウォーキングは難しいものではなく、ポイントは、かかとに体重を乗せる「かかと体重®」で立って歩くことです。
つま先体重からかかと体重へと変えるだけで、股関節の伸展(※股関節が伸びて、股関節の腸腰筋が緊張した状態)を改善し、鼠径部(もものつけ根)での動静脈、リンパ管の圧迫を解放し、脚や腹部の血流が改善されます。

その結果、筋肉の緊張がなくなり、血管やリンパ管がスムーズに機能し、腰や股関節、ひざの負担が少なくなるので、歩いていても疲れることがなくなるのです。
また、重心がかかとの上に移動すると、ネコ背も改善され、骨格が本来の正しい位置へと戻ります。

その結果、頑張って胸を張らなくても、自然と美しい姿勢で歩けるようになるのです。

かかと体重歩きとは?

かかとの上に体重を乗せて歩く「プライマリーウォーキング」のこと

プライマリーとは?

プライマリーとは最初の、基本のという意味。
プライマリーウォーキングは、「赤ちゃんが最初に歩いたヨチヨチ歩き」に着目して、より少ない筋力、より少ない力で効率よく歩く歩き方のこと

下肢静脈瘤の改善や乳ガン患者にも有効

2008年にプライマリーウォーキングを創案・提唱してから、私は数々の奇跡を見てきました。
歩行器がないと歩けなかった腰の曲がった88歳の女性は、4カ月後にはまっすぐの姿勢ですたすたと歩けるようになりました。

脳性マヒで「歩くことが困難」と医師から言われた男の子が、しっかりとした足取りで歩行できるようになった例もあります。
最近では、下肢静脈瘤の改善にもプライマリーウォーキングが役立つのではないかと考えられており、医師とともに研究を進めています。

また、乳ガンの患者さんは、術後のむくみになやんでいる人が多いですが、むくみの改善法として、乳ガンの術後ケアのクリニックでもプライマリーウォーキングが取り入れられています。
このようにプライマリーウォーキングは、腰痛、ひざ痛、肩こり、ネコ背、O脚だけでなく、さまざまな病気を改善する可能性があり、医師からも注目を集めているのです。

次の記事では、「かかと体重」のやり方とポイントをご紹介しましょう。

解説者のプロフィール

岡本啓司
一般社団法人プライマリーウォーキング指導者協会会長、岡本流身体調整研究所代表。鍼灸師、整体師、トレーニング運動指導士。28年以上の治療と研究を元に、筋力を使わずに効率よく歩く「鍛えない・頑張らない・力を入れない」全く新しい理論の「プライマリーウォーキング®」を創案・提唱。2010年、プライマリーウォーキング指導者協会を立ち上げ指導者の育成にも力を入れている。その美容・運動・医療効果が注目され、今では健康施設や企業、医療機関でもとり入れるところが増えている。

●岡本啓司オフィシャルサイト
http://keiji-okamoto.com/primarywalking/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)
更新: 2018-09-11 02:48:07
人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)
更新: 2018-09-11 16:32:10
ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)
更新: 2018-09-28 14:34:41
加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-08-29 10:59:49
私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-04-21 08:38:11
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt