MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
頑張らなくても体が変わる!腰痛が改善する「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

頑張らなくても体が変わる!腰痛が改善する「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

プライマリーウォーキングの特徴は、かかと体重で脚を後ろに残して歩くということです。行進歩行のように脚を前に上げることを意識すると、腸腰筋を緊張させて使うため、筋肉が疲れて腰が丸まってしまいます。ひざや股関節に負担がかかりゆがみや痛みを引き起こすのです。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)

ふだんの歩き方をかかと体重に変えるだけ

プライマリーウォーキング®の特徴は、かかと体重®で、脚を後ろに残して歩くということです。
行進歩行のように脚を前に上げることを意識すると、腸腰筋(股関節を曲げるための深部にある筋肉)を緊張させて使うため、筋肉が疲れて、腰が丸まってしまいます。

すると、ひざや股関節に負担がかかり、ゆがみや痛みを引き起こしてしまうのです。
一方、プライマリーウォーキングは、脚を前に上げるのではなく、後ろに残すことによって、腸腰筋を伸ばして使うので、負担をかけません。

その結果、腰が丸まることがなく、腰痛やひざの変形が起こりにくくなり、痛みも改善されるのです。
余計な力をかけずに歩くので、長く歩いても疲れにくくなります。

筋力が弱い人でもコツがわかれば、すぐに歩けるようになるでしょう。
プライマリーウォーキングを続けると、早い人だと2週間で体が変わります。

ふだんの立ち方と歩き方をかかと体重に変えるだけで、体の痛みやゆがみがなくなるので、ぜひ次の立ち方から実践してみてください。

かかとに体重をかけてまっすぐに立つ

プライマリーウォーキングは、立ち方から始まります。
まずは、重心をかかとの上に乗せてまっすぐに立ちますが、これが自然にできている人はほとんどいません。

特に、日本人は胸板が薄く、肩関節が前に落ちて、ネコ背になっている人が多いので、前傾姿勢になりがちなのです。
靴下の前半分が破けやすい、足裏の前の部分にタコができるといったことはないでしょうか?これは、重心が前にかかっていて、つま先体重で歩いているから起こることです。

また、内またで歩くと、O脚になったり、股関節やひざの変形につながったりします。
プライマリーウォーキングでは、つま先を片足30度(合計60度)外側に向けて立ち、歩くのが基本です。

「まっすぐ立ってください」と言うと、胸を張る人がいますが、背中や腰が反ったり、肩周りに力が入ったりした状態では、上半身の血流が悪くなります。
上体を脚の上に楽に乗せるようにしましょう。

「かかと体重」の立ち方

ひざを前に出さずつま先を外側に向けて歩く

かかと体重で立ったら、いよいよ、プライマリーウォーキングのスタートです。
最初に、片脚のひざから下を後ろに上げます。

このとき、ひざが前に出ないように気をつけてください。
そして、上げた脚を前にまっすぐ伸ばします。

このときもつま先が立った姿勢のときと同じ、片足30度外側に向けるのを意識しましょう。
着地は、かかととつま先を自然に地面に落としますが、やはりつま先は外側に向けたままです。

着地した足のかかとに体を乗せたら、反対側の脚も同様に、ひざから下を後ろに上げて、進んでいきます。
腕は勝手に振られるので、意識する必要はありません。

また、歩幅は広くとらず、自然な歩幅で歩きます。
急いでいるときは、歩幅を広くするのではなく、ピッチをアップして進んでください。

最初のうちは太ももを手で押さえて、ひざを前に上げない歩き方を意識するのもいいでしょう。
また、1歩目でひざを前に出さないことに慣れるため、ひざを後ろで直角に曲げて、片脚立ちの練習をするのもお勧めです(下の写真参照)。

かかと体重歩きの方法とコツ

筋肉痛は脚を正しく動かせている証拠

さらに、かかと体重のコツをつかむまで、かかと歩きを5歩ほど行い、体重をかかとの上にかけて歩く方法を、体に認識させるのも効果的です(下の写真参照)。
プライマリーウォーキングで唯一、意識する筋肉は、太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)です。

初めてプライマリーウォーキングを行ったときには、太ももの後ろが筋肉痛になる人がいますが、それは脚を正しく動かせている証拠ですので、心配はいりません。

日常生活でもかかと体重を意識して

歩くときはもちろんのことですが、座っているときにもかかと体重は意識してください。
床に脚がつかない椅子に座っていると、太ももの後ろ側の血管やリンパ管が圧迫され、むくみの原因になります。

かかとが床にしっかりつくよう、椅子の高さを調節しましょう。
また、横座りは、骨格のゆがみにつながるのでNGです。

プライマリーウォーキングは、歩く距離や強度を競うような運動プログラムではありませんが、ふだんの立ち方、歩き方をかかと体重に変えるだけで、驚くほど体が変わり、代謝や機能もアップして、健康になれます。
「鍛えない・頑張らない・力を入れない」をモットーに、ぜひ続けてみてください。

解説者のプロフィール

岡本啓司
一般社団法人プライマリーウォーキング指導者協会会長、岡本流身体調整研究所代表。鍼灸師、整体師、トレーニング運動指導士。28年以上の治療と研究を元に、筋力を使わずに効率よく歩く「鍛えない・頑張らない・力を入れない」全く新しい理論の「プライマリーウォーキング®」を創案・提唱。2010年、プライマリーウォーキング指導者協会を立ち上げ指導者の育成にも力を入れている。その美容・運動・医療効果が注目され、今では健康施設や企業、医療機関でもとり入れるところが増えている。

●岡本啓司オフィシャルサイト
http://keiji-okamoto.com/primarywalking/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt