MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【高血圧の薬】降圧剤を飲むべきガイドラインは?世界基準は?

【高血圧の薬】降圧剤を飲むべきガイドラインは?世界基準は?

中高年者の場合、血圧が基準値を超えたら、直ちに降圧剤を飲むほうが体のためによいのでしょうか。それとも、降圧剤を飲む前に行うべきことがあるのでしょうか。この問題を考える参考に、私たちが行った大規模追跡調査をご紹介しましょう。【解説】星旦二(首都大学東京名誉教授・放送大学客員教授)

解説者のプロフィール

星 旦二
 1950年、福島県生まれ。首都大学東京名誉教授。放送大学客員教授。福島県立医科大学を卒業し、竹田総合病院で臨床研修後、東京大学で医学博士号を取得。東京都衛生局、厚生省国立公衆衛生院、厚生省大臣官房医系技官併任などを経て現職。公衆衛生を主要テーマとして、「健康長寿」に関する研究と主張を続ける。著書に『ピンピンコロリの法則(改訂版)』(ワニブックス)など。

治療を受けなくても受けても生存率は同じ

 中高年者の場合、血圧が基準値を超えたら、直ちに降圧剤を飲むほうが体のためによいのでしょうか。それとも、降圧剤を飲む前に行うべきことがあるのでしょうか。この問題を考える参考に、私たちが行った大規模追跡調査をご紹介しましょう。

 私たちは、都市郊外に在住の65歳以上の高齢者1万3066人を対象に、高血圧の治療を受けている人と、受けていない人とで、累積生存率を調べたことがあります。累積生存率とは、ある一定期間における生存率で、この調査の場合、3年間の追跡調査を行いました。

 その結果、高血圧の治療を受けている人の生存率は92.0%、受けていない人は92.7%でした。つまり、高血圧の治療を受けても、受けなくても、3年後の累積生存率には差が見られなかったのです。

 この調査では、対象者が薬を飲んだかどうか、生活改善を行ったかどうかなどについては、調査をしていません。
 しかし、いずれにしても、薬に頼ったからといってグンと生存率が上がることはないことを示唆しています。そして、こうした結果が出た背景には、日本の高血圧治療の特殊性があるといってよいでしょう。

笑顔のある生活が血圧を下げる!

血圧が高いのは人間が活発に活動している証拠

 世界で最も有名な内科学の教科書として、アメリカで出版された『ハリソン内科学』(2007年)があります。この教科書には、降圧剤を飲んだほうがいい目安として、最大血圧180mmHg以上、最小血圧110mmHg以上という数値が示されています。これが世界基準といってよいのです。

 日本でも、かつて厚生省(現在の厚生労働省)は、ほぼ同様の基準を用いていました。
 1987年に、厚生省が示した服薬基準は、最大血圧180mmHg以上、最小血圧100mmHg以上でした。
 しかし、その後、日本の高血圧の基準は段階的に引き下げられました。さらに、2008年からは、年齢に関係なく、最大血圧140mmHg以上、最小血圧90mmHg以上が、「受診勧奨」とされるようになったのです。

 つまり、このような高血圧基準の引き下げによって、より多くの国民が「高血圧症」と診断され、服薬につながったわけです。基準値を超えたということを理由に、医師から直ちに降圧剤を勧められた人も少なくないはずです。高血圧基準と服薬基準は異なるのに、です。
 このように、現在の日本の服薬実態は、厳しすぎます。世界の服薬基準からいえば、血圧を下げる必要がないのに、薬によって無理に下げている人が多数いるということになります。

 降圧剤を飲んだからといって、生存率が延びるわけではありませんし、逆に、薬を使って無理に血圧を引き下げることによって、体にマイナスの影響が出るリスクもあるのです。
 ことに高齢者の場合、無理に血圧を引き下げると、生きる活力を薬が奪ってしまうケースがしばしばあります。認知機能が低下する危険もあるのです。

高血圧を招く生活習慣を見直そう

 そもそも人間が死ぬときは、血圧が低下しすぎています。血圧が高いということは、人間が活発に活動している状態を示しています。オリンピックの短距離走選手が100mを走り抜けるときの最大血圧は、おそらく200mmHgを超えているでしょう。しかし、それは、生存を脅かす「赤信号」とはいえません。高くなった血圧はすぐに戻るからです。

 身体活動に応じて、血圧は大きく変動します。ですから、検診のたった1回の計測で、高血圧と決めつけることはできません。試しに、深呼吸をしたり、よく笑ったりしてから、血圧を測ってみてください。好きな音楽を聴いたり、ビールを一杯飲んだりしてから、測ってみてもいいでしょう。そのつど、血圧は違った値を示すはずです。

 リラックスした状態で血圧を測って、数値が基準値を超えているかたも、慌てることはありません。薬を飲む前に、行うべきことがあります。自分の生活を見直してみると、高血圧を招いている生活習慣や、住居環境、職場環境が思い当たるはずです。まずは、それらを改善しましょう。

 さらに、笑顔のある生活を心がけてみてください。ストレス対処がうまくできていないと、血圧を上昇させる強力な要因となります。深呼吸や好きな音楽、家族や友人との歓談などは、いずれも、血圧を下げるよい薬となってくれるでしょう。
 食事に配慮し、運動を心がけ、生活習慣や、住居・職場の環境を改善したうえで、1日に何度血圧を測っても、最大血圧が180mmHg以上、最小血圧が110mmHg以上であるとします。私なら、このとき初めて、世界基準に沿って、降圧剤をお勧めするでしょう。

 ただし、糖尿病や腎臓病など、ほかの病気がある場合は、この限りではありません。必ず主治医に相談してください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt