MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足のだるさを改善する立ち方・歩き方 下肢静脈瘤の改善効果にも期待!

足のだるさを改善する立ち方・歩き方 下肢静脈瘤の改善効果にも期待!

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)

立ち方・歩き方が悪いと静脈弁が破壊 !?

私のクリニックでは下肢静脈瘤の治療を行っており、レーザーによる日帰り手術のほか、血管を強くする食事の指導もしています。
そして、現在は、下肢静脈瘤の手術回避や再発防止、予防にプライマリーウォーキング®が効果的なのではないかと考え、30人程度の患者さんに実践していただいている最中です。

脚(下肢)の静脈は重力に逆らって心臓に戻す必要があります。
そのときに働くのが、逆流を防ぐための静脈弁です。

この静脈弁が破壊されて血流が逆流することで生じるのが、下肢静脈瘤です。
静脈弁が破壊される原因はさまざまですが、下肢静脈瘤は女性に多く、立ち仕事の人や出産後の人、家族に静脈瘤がある人がよくかかるのが特徴です。

私が、かかと体重®で歩くプライマリーウォーキングに着目したのは、立ち方・歩き方が悪いと静脈弁が破壊されやすいのではないかと考えたからです。
正しい立ち方をしていれば、くるぶしから太ももまでがまっすぐで、地面に対して直角になります。

一方で、脚が11・5度を超えて前傾していると、血流の逆流が生じて、血管がふくらみ、静脈弁が機能しないことがわかったのです。
そのため、正しい立ち方をすれば逆流を防止でき、下肢静脈瘤を予防できるのではないかと仮説を立てるようになりました。

現在はまだ検証段階ですが、有効なデータが得られれば、下肢静脈瘤の新しい治療法としてプライマリーウォーキングを提唱できるのではないかと思います。
実は私自身も下肢静脈瘤があり、脚にだるさを感じることが多かったのですが、3年前にプライマリーウォーキングを始めてから、筋肉の疲労が消えて脚が楽になったのです。

アンチエイジングにも有効

プライマリーウォーキングは、下肢静脈瘤だけでなく、全身の健康に役立ちます。
血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。

その結果、自然治癒力も発揮できるようになり、アンチエイジングにもつながるのです。
人間の体はソフトである内臓と、ハードである骨格の両方が機能しないと、弱くなってしまいます。

その両方をケアできるプライマリーウォーキングを多くのかたに行っていただき、若々しい体づくりに役立てていただきたいと考えています。

解説者のプロフィール

森嶌淳友
ラ・ヴィータメディカルクリニック院長。
1979年、奈良県生まれ。奈良県立医科大学卒業。京都大学医学部附属病院、近畿大学医学部奈良病院等で心臓血管外科医として修練を積み、2014年、「治療と自然治癒力のバランスを整えるオーダーメイド式医療」を提案する、ラ・ヴィータメディカルクリニックを開院。西洋医学だけでなく、東洋医学、アロマセラピー、自然療法などの代替医療を組み合わせた治療を行う。著書に『ガンと闘わない治し方 ガンになっても「安心できる」13の実話』(ヒカルランド)がある。

●ラ・ヴィータメディカルクリニック
大阪府守口市平代町8-1 ナービス守口平代2階
TEL 06-6991-1000
http://lavita-clinic.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)
更新: 2018-09-06 01:00:55
人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)
更新: 2018-09-11 16:32:10
ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)
更新: 2018-09-28 14:34:41
加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-08-29 10:59:49
私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-04-21 08:38:11
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt