【自分で治す】股関節の痛みに効く「1円玉療法」ー足に1円玉をはるだけ!

【自分で治す】股関節の痛みに効く「1円玉療法」ー足に1円玉をはるだけ!

股関節痛の原因としてよく知られているのは、変形性股関節症です。痛みのほかにも、関節の動かしづらさなどの症状が現れます。ひどくなると、歩くのはもちろん、しゃがんだり靴下をはいたりするなどの日常動作が困難になります。今回は、股関節痛の軽減に効く1円玉療法をご紹介します。 【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


→めまいに効く1円玉療法のやり方はこちら

1円玉療法が効くしくみは、鍼灸治療で体調が改善するしくみと同じ。写真は鍼灸師の川村昇山先生が記者に治療を施しているところ

股関節の痛みが改善する1円玉療法のやり方

 東洋医学では、「気」の巡りが乱れると、万病が生じるとされています。「1円玉療法」は、この気の巡りを速やかに整える健康法です。

 では、そもそも気とはいったいどのようなものでしょうか。 私たち人間の体を含め、この世のあらゆる物質は分子でできています。その分子は原子で構成され、原子はさらに原子核と電子でできています。この電子は、マイナスの電気を持っています。また電子は、磁気を生じさせます。

 したがって、分子でできている私たちの体も、当然、微弱な磁気を帯びているわけです。これを「生体磁気」と呼びます。私はこの生体磁気が、いわゆる気だと考えています。
 環境や生活習慣が乱れると、体内でマイナスの電気を持つ電子の均衡がくずれ、1ヵ所に電子が異常に集まります。その結果、生体磁気のバランスがくずれ、体に不調が起こると考えられます。鍼灸治療で不調が改善するのは、異常に増加した電子を減少させ、生体磁気のバランスを整えるからでしょう。

 鍼灸治療で皮膚に鍼を刺すと、皮膚の表面に傷がつき、損傷電流という電流(マイナスの電気を持った電子の流れ)が流れます。また、鍼の素材である金属には、電子を放出してプラスの電気を持つイオン(電気を帯びた原子)になろうとする、イオン化傾向という性質があります。

 つまり、皮膚に鍼を刺すと、皮膚の表面がマイナスの電気を強く帯びることになるわけです。また、この状態になると、皮膚の内部は逆に電子の量が減って、プラスの電気を強く帯びるようになります。これは、分極という、プラスとマイナスの電気が釣り合いを取ろうとする作用のためです。

 要するに、皮膚に鍼を刺すと、体内でプラスの電気が増加し、マイナスの電気を持つ電子の異常な偏りが正され、生体磁気のバランスが整うのです。
 1円玉療法は、この鍼灸治療と同等の効果が得られます。その秘密は、1円玉の素材であるアルミニウムにあります。
 アルミニウムは、イオン化傾向が非常に強い金属です。これは、マイナスの電気を帯びた電子を放出する量が多い、ということを意味します。

 つまり、皮膚の表面に1円玉を当てるだけで、鍼灸治療で鍼を刺したときと同じように、皮膚の表面がマイナスの電気を、内部がプラスの電気を帯びるのです。その結果、体内で生体磁気のバランスが整い、不調が改善すると考えられます。

股関節が痛む場合は、陰陵泉、懸鐘、跗陽という、足にある三つのツボに1円玉をはる

 今回は、股関節痛の軽減に効く1円玉療法をご紹介します。

 股関節は、骨盤と下肢(足)のつなぎ目にある、人間の体の中でいちばん大きな関節で、四六時中、上半身や骨盤の重みを支えており、負担のかかりやすい関節としても知られています。そのため、加齢とともに疲労が蓄積し、股関節が痛みだすという人が少なくありません。

 股関節痛の原因としてよく知られているのは、変形性股関節症です。痛みのほかにも、関節の動かしづらさなどの症状が現れます。ひどくなると、歩くのはもちろん、しゃがんだり靴下をはいたりするなどの日常動作が困難になります。

 1円玉療法で、変形した股関節を元に戻すことはできませんが、痛みを軽減させることは可能です。
 例えば、「天気がくずれると関節が痛む」という人は少なくありません。これは、気圧などの気象条件の変化によって、生体磁気が乱れることと関係があるのでしょう。それが1円玉療法によって正されることで、痛みが軽減するのです。

 股関節が痛む場合は、陰陵泉、懸鐘、跗陽という、足にある三つのツボに1円玉をはります。三つのツボは、どれも両足に1円玉をはってください(股関節痛に効く1円玉療法のやり方は図解参照)。

川村昇山
 弘漢療法院院長。1933年生まれ。北海道出身。60年以上に及ぶ東洋医学、特に電磁気、イオン、磁場による病理研究は西洋医学界からも評価を受ける。著書に『1円玉で痛みが消える!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?

鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?

指のまた刺激で効果が期待できる主な症状は、血行改善、高血圧、呼吸器の不調、心疾患、冷え症、 便秘などがあります。そのほか、刺激する場所によってですが、首こり・肩こり、股関節痛には即効性があります。その理由を説明しましょう。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【即効】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す

【即効】股関節の痛みや違和感を「小指刺激」で治す

小指刺激は、股関節の痛みや違和感を抱える人向けに考案したセルフケアです。小指刺激は、指切りげんまんをするときのように、両手の小指を深くからめて、小指の付け根を強く刺激するものです。この療法が股関節痛に効果的な理由を説明しましょう。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【やり方】股関節の違和感がすぐに治った「小指刺激」の効果

【やり方】股関節の違和感がすぐに治った「小指刺激」の効果

私は12年ほど前から、右の股関節に違和感を感じていました。痛みがひどくなったのは、5年ほど前のこと。歩くと痛みが出るのはもちろん、次第に関節の可動域も狭くなり、股関節を大きく動かすことが困難になってきました。【体験談】久永倫世(会社員・44歳)


【股関節痛の克服体験記】股関節の軟骨がリハビリで修復・再生!ノルディックウォーキングの効果

【股関節痛の克服体験記】股関節の軟骨がリハビリで修復・再生!ノルディックウォーキングの効果

私は、母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。母は80代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました――。これは、ノルディックウォーキングで股関節痛や腰痛が改善した体験記です。【体験談】高橋めぐみ(音楽家)


【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

変形性股関節症は、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で、股関節の機能を再建できると考えています。【解説】矢野英雄(冨士温泉病院名誉院長)


最新の投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング