【歩くのが困難】股関節の痛みに効く「簡単ツボ」 やり方は足に1円玉を貼るだけ!

【歩くのが困難】股関節の痛みに効く「簡単ツボ」 やり方は足に1円玉を貼るだけ!

股関節痛の原因としてよく知られているのは、変形性股関節症です。痛みのほかにも、関節の動かしづらさなどの症状が現れます。ひどくなると、歩くのはもちろん、しゃがんだり靴下をはいたりするなどの日常動作が困難になります。今回は、股関節痛の軽減に効く1円玉療法をご紹介します。 【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


→めまいに効く1円玉療法のやり方はこちら

1円玉療法が効くしくみは、鍼灸治療で体調が改善するしくみと同じ。写真は鍼灸師の川村昇山先生が記者に治療を施しているところ

股関節の痛みが改善する1円玉療法のやり方

 東洋医学では、「気」の巡りが乱れると、万病が生じるとされています。「1円玉療法」は、この気の巡りを速やかに整える健康法です。

 では、そもそも気とはいったいどのようなものでしょうか。 私たち人間の体を含め、この世のあらゆる物質は分子でできています。その分子は原子で構成され、原子はさらに原子核と電子でできています。この電子は、マイナスの電気を持っています。また電子は、磁気を生じさせます。

 したがって、分子でできている私たちの体も、当然、微弱な磁気を帯びているわけです。これを「生体磁気」と呼びます。私はこの生体磁気が、いわゆる気だと考えています。
 環境や生活習慣が乱れると、体内でマイナスの電気を持つ電子の均衡がくずれ、1ヵ所に電子が異常に集まります。その結果、生体磁気のバランスがくずれ、体に不調が起こると考えられます。鍼灸治療で不調が改善するのは、異常に増加した電子を減少させ、生体磁気のバランスを整えるからでしょう。

 鍼灸治療で皮膚に鍼を刺すと、皮膚の表面に傷がつき、損傷電流という電流(マイナスの電気を持った電子の流れ)が流れます。また、鍼の素材である金属には、電子を放出してプラスの電気を持つイオン(電気を帯びた原子)になろうとする、イオン化傾向という性質があります。

 つまり、皮膚に鍼を刺すと、皮膚の表面がマイナスの電気を強く帯びることになるわけです。また、この状態になると、皮膚の内部は逆に電子の量が減って、プラスの電気を強く帯びるようになります。これは、分極という、プラスとマイナスの電気が釣り合いを取ろうとする作用のためです。

 要するに、皮膚に鍼を刺すと、体内でプラスの電気が増加し、マイナスの電気を持つ電子の異常な偏りが正され、生体磁気のバランスが整うのです。
 1円玉療法は、この鍼灸治療と同等の効果が得られます。その秘密は、1円玉の素材であるアルミニウムにあります。
 アルミニウムは、イオン化傾向が非常に強い金属です。これは、マイナスの電気を帯びた電子を放出する量が多い、ということを意味します。

 つまり、皮膚の表面に1円玉を当てるだけで、鍼灸治療で鍼を刺したときと同じように、皮膚の表面がマイナスの電気を、内部がプラスの電気を帯びるのです。その結果、体内で生体磁気のバランスが整い、不調が改善すると考えられます。

股関節が痛む場合は、陰陵泉、懸鐘、跗陽という、足にある三つのツボに1円玉をはる

 今回は、股関節痛の軽減に効く1円玉療法をご紹介します。

 股関節は、骨盤と下肢(足)のつなぎ目にある、人間の体の中でいちばん大きな関節で、四六時中、上半身や骨盤の重みを支えており、負担のかかりやすい関節としても知られています。そのため、加齢とともに疲労が蓄積し、股関節が痛みだすという人が少なくありません。

 股関節痛の原因としてよく知られているのは、変形性股関節症です。痛みのほかにも、関節の動かしづらさなどの症状が現れます。ひどくなると、歩くのはもちろん、しゃがんだり靴下をはいたりするなどの日常動作が困難になります。

 1円玉療法で、変形した股関節を元に戻すことはできませんが、痛みを軽減させることは可能です。
 例えば、「天気がくずれると関節が痛む」という人は少なくありません。これは、気圧などの気象条件の変化によって、生体磁気が乱れることと関係があるのでしょう。それが1円玉療法によって正されることで、痛みが軽減するのです。

 股関節が痛む場合は、陰陵泉、懸鐘、跗陽という、足にある三つのツボに1円玉をはります。三つのツボは、どれも両足に1円玉をはってください(股関節痛に効く1円玉療法のやり方は図解参照)。

川村昇山
 弘漢療法院院長。1933年生まれ。北海道出身。60年以上に及ぶ東洋医学、特に電磁気、イオン、磁場による病理研究は西洋医学界からも評価を受ける。著書に『1円玉で痛みが消える!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

「耳に輪ゴム」で視力が上がった!不思議と不調や病気が次々改善!全身の健康状態は耳に現れていると言ってもいいでしょう。自分で耳を触ってみて、硬さやゴワゴワした感じがあったり、耳をもんだりすると、痛い部分がある人は注意が必要です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)