【医師解説】高血圧の新常識 血圧は「寝る前」が低いのがベスト!日中は高くても良い

【医師解説】高血圧の新常識 血圧は「寝る前」が低いのがベスト!日中は高くても良い

血圧というと、病院などで測定したその瞬間の数値で、よしあしが判断されることがほとんどではないでしょうか。しかし、わずかな感情の変化や動作で、血圧は刻々と変化します。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


高血圧患者1700人の調査から見えてきた「血圧の真実」

 血圧というと、病院などで測定したその瞬間の数値で、よしあしが判断されることがほとんどではないでしょうか。しかし、わずかな感情の変化や動作で、血圧は刻々と変化します。血圧計を装着しただけで、30㎜Hgほど上昇することもあります。

 そのような状態で測定した血圧で、「高い」「低い」などと判断することが、ほんとうに正しいのでしょうか。
 私は1989年から、「24時間血圧測定」を実施し、研究を続けてきました。患者さんに特殊な血圧計を装着してもらい、睡眠時は15〜60分ごと、それ以外は10〜15分ごとに、血圧を測定し記録するというものです。

 血圧計は24時間つけたままなので、装着する動作で血圧が上がることも少なくなります。
 恐らく、外来でこのようなことを始めたのは、私が日本で最初ではないかと思います。集めたデータ数は、現在までで延べ1700人以上。そこから見えてきた「血圧の真実」を、皆さんにお伝えしましょう。

 まず明らかになったのは、「血圧は感情曲線である」ということです。
 健康な子供でも、自転車をこいでいるときや、人前で発表しているときなど、活動時・緊張時には最大血圧が200mmHgを超えることが普通にあります。
 一般的な検査では、血圧に問題のない大人でも、楽しいことがあったり、嫌なことがあったりすると、血圧は変動します。
 要するに、日中の血圧は刻々と変化するもの。活動したり緊張したりしたときに、血圧が高くなるのは、だれにでも起こる正常な反応なのです。

睡眠時の血圧が100ミリ、最小血圧が60ミリが理想

 では、どんな場合が問題かというと、血圧が下がるべきとき、つまり睡眠時に、血圧が下がっていない場合が、危険だということです。

 私は、これまで調査してきた経験から、睡眠時の最大血圧が100mmHg前後、最小血圧が60mmHg台(70mmHg未満)を正常血圧と設定しています。
 この基準に基づき、24時間血圧測定を開始してから10年後の1999年に調査を行いました。すると、睡眠時は完全に正常血圧内であった137名と、睡眠時の血圧が正常血圧より高かった60名を比べたところ、後者の死亡率が、前者に比べ、約9倍も高かったのです。

 グラフをご覧ください。

 ❶ の女性は62歳当時、活動時は最大血圧が200mmHgを超える超高血圧ですが、睡眠時は正常血圧でした。この女性は25年後、睡眠時の血圧はやや高くなったものの、元気で長生きされています。
 一方、❷ の男性は68歳当時、活動時に加えて睡眠時も高血圧状態が続いていました。この男性は3年弱で死亡しています。
 ❶の女性のように、日中の血圧が高くても、睡眠時にきちんと血圧が下がっていれば、長生きできるのです。

 なかでも私は、睡眠時の最小血圧を重要視しています。睡眠時の最小血圧が75mmHg以上ある人は、首の動脈の状態を調べる頸動脈エコー検査を行うと、ほぼ90%の確率で血管内にプラーク(コブ)ができています。つまり、動脈硬化です。
 血管内にプラークができるのは、コレステロールや中性脂肪、尿酸などの数値が高いことが原因です。早急に対処しなければ、危険が高まります。

 ただし、血圧が高くなるのは、動脈硬化だけが原因ではありません。例えば、薬を飲んでも睡眠時血圧が下がらず、よほど動脈硬化が進行していると思われた人が、旅行から帰ってきたとたん、別人のように血圧が下がった例もありました。ストレスが血圧を上げていたのです。

 日本高血圧学会は、高血圧患者の60%を占める、原因がよくわからない高血圧(本態性高血圧)は「遺伝」の影響といっています。しかし、私は動脈硬化以外の60%は、主に「ストレス」が原因と考えています。
 また、血圧だけでなく脈を見ることも重要です。脈数が多いということは、血液が足りないから、心臓に「もっと働け」と指令を出しているということです。最小血圧より1分間の脈の数が多いときは、脱水状態で血液が濃くなり、流れが悪くなっていると考えるべきです。

 まとめると、「長生きするには、睡眠時の最大血圧が100mmHg前後、最小血圧が60mmHg台、脈数は最小血圧の少し下」が理想ということです。
 睡眠時の血圧や脈は特殊な機械がないと測れません。けれども、代用として目安にできる簡単な方法があります。それは寝る前に血圧を4回測って調べる方法です。その詳しいやり方は、次回ご紹介します。

→「睡眠時高血圧の見つけ方」がわかる記事はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「酢ピーナッツ バナナ酢 酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「酢ピーナッツ バナナ酢 酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする酢ピーナッツ、バナナ酢、酢牛乳の作り方と効果について紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

「耳の下もみ」は文字どおり、耳の下をもんでマッサージする健康法です。歯周病だけでなく、生活習慣病の予防・改善などに効果的ですが、高血圧の解消に特に効果を上げています。では、なぜ、耳の下もみが高血圧の予防・改善に役立つのでしょうか。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)


【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

手首、足首がかたいということは、手首や足首から先の血行が悪いということです。心臓は、その血流の悪くなっている末梢にも血液を送り届けようとします。 流れの悪いところに血液を届けるためには、心臓は余分に圧を高めなければなりません。結果として、血圧が上がることになります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)