【医師解説】高血圧の新常識 血圧は「寝る前」が低いのがベスト!日中は高くても良い

【医師解説】高血圧の新常識 血圧は「寝る前」が低いのがベスト!日中は高くても良い

血圧というと、病院などで測定したその瞬間の数値で、よしあしが判断されることがほとんどではないでしょうか。しかし、わずかな感情の変化や動作で、血圧は刻々と変化します。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


高血圧患者1700人の調査から見えてきた「血圧の真実」

 血圧というと、病院などで測定したその瞬間の数値で、よしあしが判断されることがほとんどではないでしょうか。しかし、わずかな感情の変化や動作で、血圧は刻々と変化します。血圧計を装着しただけで、30㎜Hgほど上昇することもあります。

 そのような状態で測定した血圧で、「高い」「低い」などと判断することが、ほんとうに正しいのでしょうか。
 私は1989年から、「24時間血圧測定」を実施し、研究を続けてきました。患者さんに特殊な血圧計を装着してもらい、睡眠時は15〜60分ごと、それ以外は10〜15分ごとに、血圧を測定し記録するというものです。

 血圧計は24時間つけたままなので、装着する動作で血圧が上がることも少なくなります。
 恐らく、外来でこのようなことを始めたのは、私が日本で最初ではないかと思います。集めたデータ数は、現在までで延べ1700人以上。そこから見えてきた「血圧の真実」を、皆さんにお伝えしましょう。

 まず明らかになったのは、「血圧は感情曲線である」ということです。
 健康な子供でも、自転車をこいでいるときや、人前で発表しているときなど、活動時・緊張時には最大血圧が200㎜Hgを超えることが普通にあります。
 一般的な検査では、血圧に問題のない大人でも、楽しいことがあったり、嫌なことがあったりすると、血圧は変動します。
 要するに、日中の血圧は刻々と変化するもの。活動したり緊張したりしたときに、血圧が高くなるのは、だれにでも起こる正常な反応なのです。

睡眠時の血圧が100ミリ、最小血圧が60ミリが理想

 では、どんな場合が問題かというと、血圧が下がるべきとき、つまり睡眠時に、血圧が下がっていない場合が、危険だということです。

 私は、これまで調査してきた経験から、睡眠時の最大血圧が100㎜Hg前後、最小血圧が60㎜Hg台(70㎜Hg未満)を正常血圧と設定しています。
 この基準に基づき、24時間血圧測定を開始してから10年後の1999年に調査を行いました。すると、睡眠時は完全に正常血圧内であった137名と、睡眠時の血圧が正常血圧より高かった60名を比べたところ、後者の死亡率が、前者に比べ、約9倍も高かったのです。

 グラフをご覧ください。

 ❶ の女性は62歳当時、活動時は最大血圧が200㎜Hgを超える超高血圧ですが、睡眠時は正常血圧でした。この女性は25年後、睡眠時の血圧はやや高くなったものの、元気で長生きされています。
 一方、❷ の男性は68歳当時、活動時に加えて睡眠時も高血圧状態が続いていました。この男性は3年弱で死亡しています。
 ❶の女性のように、日中の血圧が高くても、睡眠時にきちんと血圧が下がっていれば、長生きできるのです。

 なかでも私は、睡眠時の最小血圧を重要視しています。睡眠時の最小血圧が75㎜Hg以上ある人は、首の動脈の状態を調べる頸動脈エコー検査を行うと、ほぼ90%の確率で血管内にプラーク(コブ)ができています。つまり、動脈硬化です。
 血管内にプラークができるのは、コレステロールや中性脂肪、尿酸などの数値が高いことが原因です。早急に対処しなければ、危険が高まります。

 ただし、血圧が高くなるのは、動脈硬化だけが原因ではありません。例えば、薬を飲んでも睡眠時血圧が下がらず、よほど動脈硬化が進行していると思われた人が、旅行から帰ってきたとたん、別人のように血圧が下がった例もありました。ストレスが血圧を上げていたのです。

 日本高血圧学会は、高血圧患者の60%を占める、原因がよくわからない高血圧(本態性高血圧)は「遺伝」の影響といっています。しかし、私は動脈硬化以外の60%は、主に「ストレス」が原因と考えています。
 また、血圧だけでなく脈を見ることも重要です。脈数が多いということは、血液が足りないから、心臓に「もっと働け」と指令を出しているということです。最小血圧より1分間の脈の数が多いときは、脱水状態で血液が濃くなり、流れが悪くなっていると考えるべきです。

 まとめると、「長生きするには、睡眠時の最大血圧が100㎜Hg前後、最小血圧が60㎜Hg台、脈数は最小血圧の少し下」が理想ということです。
 睡眠時の血圧や脈は特殊な機械がないと測れません。けれども、代用として目安にできる簡単な方法があります。それは寝る前に血圧を4回測って調べる方法です。その詳しいやり方は、次回ご紹介します。

→「睡眠時高血圧の見つけ方」がわかる記事はこちら

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


最新の投稿


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング