MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を20年愛飲! 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を20年愛飲! 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)

体験者のプロフィール

夏樹陽子
女優。宝石デザイナー。
1977年、映画『空手バカ一代』にヒロインとしてデビュー後、映画や舞台で活躍。
NHK連続テレビ小説「マッサン」では田中佳代役で活躍。
近著『夏樹陽子キレイの秘密』(世界文化社)『夏樹メソッド女優人生38 年同じ体型をキープ!』(主婦の友社)が好評発売中。

体を内側から温めるものを探していた

私は来年で女優生活40年を迎えます。
20年前からは、ジュエリーデザイナーとしても活動しており、長年、芸能界と宝石のお仕事の二足のわらじをはいてきました。

そんな忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは、私なりに健康に気を付けてきたからだと思います。
特に、食事には気を配っていますが、その中でもショウガは絶対に外せません。

私がショウガ紅茶を飲むようになったのは、20年ほど前、ショウガ紅茶がブームになる、ずっと以前のことです。
当時、私はすごい冷え症でした。

ジュエリーデザインの仕事を始めたばかりで、展示会をよく行っていました。
展示会の会場は冷房がキンキンに効いていて、そこに一日いるため、体が冷え切っていました。

夏はどこに行っても、必ず冷房が効いているので、私は冬より夏のほうが苦手でした。
特に足が冷えるので、展示会の休憩時間に足湯をしたり、足の裏に使い捨てカイロをはったり、帰宅後はゆっくりお風呂につかったりするなど、とにかく体を温めるように心掛けていました。

それでも、冷え自体は改善されないので、体の外からだけではなく、中から温める方法はないかと思っていたのです。
そんなとき、漢方の先生から勧められたのがショウガ紅茶でした。

先生の話では黒糖を入れるともっとよいということだったので、黒糖やハチミツを入れるようになりました。
ショウガ紅茶は、大きめのマグカップに作ります。

親指大のショウガの皮をむき、すってからお湯に入れて沸かし、紅茶を作ります。
それに黒糖をティースプーン山盛りに加えて、ハチミツ少々を垂らします。

ショウガは、搾り汁だけでなく、繊維も全部入れます。
少々、のどに引っかかるかもしれませんが、私は平気です。

こうして飲むと、甘みがあっておいしく、ショウガの辛みもそれほど感じません。
寒いときは、朝起きてまずショウガ紅茶を1杯飲みます。

すると、血行がよくなり、体がポカポカ温まるので、体が早く目覚めるようです。
朝食が取れないときは助かります。

夜はお風呂上がりに飲むと、発汗作用でたっぷり汗をかきます。
ただし、ショウガ紅茶には利尿作用があるので、必ず寝る1時間前までに飲んでいます。

外出するときも、今日は冷えそうだなと思ったときは、ポットに入れて携帯しています。

30年前のドレスが今もピッタリ

ショウガは、お料理にもよく使います。
湯豆腐や鍋ものには皮付きのまま入れますし、野菜炒めやスープ、みそ汁にも入れます。

とにかく出番が多いので、ショウガだけは冷蔵庫から切らしたことがありません。
女優の仕事は体が資本です。

健康であって、初めて美しさも保てるし、前向きな気持ちにもなれるのだと思います。
そのため、健康によいと聞けば、どんなものでも試します。

今もいろいろ行っていますが、20年も変わらずに続いているのは、ショウガ紅茶だけです。
おかげで、冷え症はほとんどよくなりました。

冷房の効いた部屋では、そのつどスカーフや上着で寒さを調整しますが、足の裏にカイロをはったり、足湯は、もうやっていません。
また、ショウガは代謝をよくするので、太りにくくなるようです。

私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。
30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。

これまで、女優や宝石の仕事のほか、歌や講演会、ライブなど、自分のやれることをさせていただき、趣味も楽しんできました。
それも、ショウガ紅茶が支えてくれた健康があってこそ。

あとは、恋が加われば、もっといいですね(笑)。
トキメキは、何にも勝る美容液ですから。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)