MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)

解説者のプロフィール


髙橋悟(たかはし・さとる)

日本大学医学部附属板橋病院副病院長。
日米の病院で泌尿器科の診療を重ね、2003年には天皇陛下の前立腺がん手術を担当する医療チームに加わったスペシャリスト。

立ちションは中高年男性には不向き

最近、男性の読者の中には、奥さんから自宅での「立ちション(小便)禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。
洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。

それで、奥さんから出されるのが、立ちション禁止令、言い換えれば「座りション令」です。
「座って小便をするなど男の沽券にかかわる」と、根強く抵抗している人も多いでしょう。

しかし、泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。
その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。

排尿後の尿もれ「排尿後滴下(はいにょうごてきか)」

実は、多くの男性が悩んでいる「排尿後の尿のチョイもれ」を防ぐのに、座りションのほうが好都合だからです。
排尿後のチョイもれの医学的な正式名は、「排尿後尿滴下」といいます。

早い人なら30~40歳代から見られ、50歳代以降はしだいに増えていきます。
加齢に伴うオシッコの悩みのうち、最初に出てくるものといえるでしょう。

チョイ漏れの原因は筋肉の衰え

多くの男性を悩ませるこのチョイもれは、なぜ起こるのでしょうか。
下の図を見てください。

膀胱の下から出ている管が尿道です。
排尿のさいには、普段は膀胱の出口を締めている尿道括約筋がゆるんで、膀胱が収縮し、尿道の中を尿が流れます。

排尿の最後は、尿道の上部がキュッと締まって、尿を余さず排泄するしくみになっています。
最後に尿道の上部をキュッと引き締めるのは、球海綿体筋という筋肉の役目です。

これは、陰茎のつけ根を下から支えている筋肉です。
加齢とともに、この筋肉の力が衰えると、排尿後、尿道に尿が残りやすくなります。

その場所は、膀胱の下を横向きに走っている「球部尿道」という部分で、少し太くなっているところです。
ここに尿が残っていると、排尿後に陰茎を下向きに戻した後、球部尿道にたまっていた尿がタラッと出てきます。
これがチョイもれの正体です。

チョイもれ対策は誰でも簡単にできる

しかし、ご安心ください。
チョイもれを防ぐ確実な方法があります。

それは、ヨーロッパの泌尿器学会でも、排尿後尿滴下の対策として推奨されている「ミルキング」という方法です。
やり方はいたって簡単です。

ミルキングを行うと、球部尿道にたまった尿が押し出されるので、その後、下着やズボンを汚すチョイもれは起こらなくなります。
ミルキングは、立ちションをしてズボンの外から行うこともできますが、やはり座りションで、直接指を当てて行うほうが確実です。
これが、私が座りションを推奨する理由です。

もし、ミルキングで出てくる尿で手が汚れないか気になる場合は、陰茎の先にトイレットペーパーを当てるとよいでしょう。

ミルキングでチョイもれを防ぐとともに、球海綿体筋を強化することが、チョイもれの根本的な対策になります。
それには、この筋肉と連動している「骨盤底筋(骨盤の下にあるハンモック状の筋肉)」を引き締めることが役立ちます。

肛門をキュッと引き締めることは、効果的な骨盤底筋体操になります。
男性なら排尿の最後に、無意識に骨盤底筋を引き締めますが、これをより意識して行うとよいでしょう。

ミルキングのやり方

こぶしサンド体操でチョイもれ対策

ちなみに、陰茎が勃起する際、中心的に働くのも球海綿体筋です。
ですから、骨盤底筋体操でこの筋肉を鍛えると、ED(勃起不全)の対策にもなります。

もともとEDはチョイもれと同時進行しやすいものです。
また、高齢男性を悩ませる前立腺肥大とチョイもれも、深く関係しています。

なぜなら前立腺肥大で排尿の勢いが衰えることでも、尿道に尿が残りやすくなるからです。
骨盤底筋体操と合わせてチョイもれを改善するためには、骨盤内の血流をよくすることが役立ちます。

そのためにお勧めなのが「こぶしサンド体操」です。
やり方は上図のとおりでとても簡単です。

ミルキングとともに、これらも取り入れて、チョイもれ知らずの快適な生活を送ってください。

こぶしサンド体操のやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt