医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


解説者のプロフィール

髙橋悟(たかはし・さとる)

日本大学医学部附属板橋病院副病院長。
日米の病院で泌尿器科の診療を重ね、2003年には天皇陛下の前立腺がん手術を担当する医療チームに加わったスペシャリスト。

立ちションは中高年男性には不向き

最近、男性の読者の中には、奥さんから自宅での「立ちション(小便)禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。
洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。

それで、奥さんから出されるのが、立ちション禁止令、言い換えれば「座りション令」です。
「座って小便をするなど男の沽券にかかわる」と、根強く抵抗している人も多いでしょう。

しかし、泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。
その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。

排尿後の尿もれ「排尿後滴下(はいにょうごてきか)」

実は、多くの男性が悩んでいる「排尿後の尿のチョイもれ」を防ぐのに、座りションのほうが好都合だからです。
排尿後のチョイもれの医学的な正式名は、「排尿後尿滴下」といいます。

早い人なら30~40歳代から見られ、50歳代以降はしだいに増えていきます。
加齢に伴うオシッコの悩みのうち、最初に出てくるものといえるでしょう。

チョイ漏れの原因は筋肉の衰え

多くの男性を悩ませるこのチョイもれは、なぜ起こるのでしょうか。
下の図を見てください。

膀胱の下から出ている管が尿道です。
排尿のさいには、普段は膀胱の出口を締めている尿道括約筋がゆるんで、膀胱が収縮し、尿道の中を尿が流れます。

排尿の最後は、尿道の上部がキュッと締まって、尿を余さず排泄するしくみになっています。
最後に尿道の上部をキュッと引き締めるのは、球海綿体筋という筋肉の役目です。

これは、陰茎のつけ根を下から支えている筋肉です。
加齢とともに、この筋肉の力が衰えると、排尿後、尿道に尿が残りやすくなります。

その場所は、膀胱の下を横向きに走っている「球部尿道」という部分で、少し太くなっているところです。
ここに尿が残っていると、排尿後に陰茎を下向きに戻した後、球部尿道にたまっていた尿がタラッと出てきます。
これがチョイもれの正体です。

チョイもれ対策は誰でも簡単にできる

しかし、ご安心ください。
チョイもれを防ぐ確実な方法があります。

それは、ヨーロッパの泌尿器学会でも、排尿後尿滴下の対策として推奨されている「ミルキング」という方法です。
やり方はいたって簡単です。

ミルキングを行うと、球部尿道にたまった尿が押し出されるので、その後、下着やズボンを汚すチョイもれは起こらなくなります。
ミルキングは、立ちションをしてズボンの外から行うこともできますが、やはり座りションで、直接指を当てて行うほうが確実です。
これが、私が座りションを推奨する理由です。

もし、ミルキングで出てくる尿で手が汚れないか気になる場合は、陰茎の先にトイレットペーパーを当てるとよいでしょう。

ミルキングでチョイもれを防ぐとともに、球海綿体筋を強化することが、チョイもれの根本的な対策になります。
それには、この筋肉と連動している「骨盤底筋(骨盤の下にあるハンモック状の筋肉)」を引き締めることが役立ちます。

肛門をキュッと引き締めることは、効果的な骨盤底筋体操になります。
男性なら排尿の最後に、無意識に骨盤底筋を引き締めますが、これをより意識して行うとよいでしょう。

ミルキングのやり方

こぶしサンド体操でチョイもれ対策

ちなみに、陰茎が勃起する際、中心的に働くのも球海綿体筋です。
ですから、骨盤底筋体操でこの筋肉を鍛えると、ED(勃起不全)の対策にもなります。

もともとEDはチョイもれと同時進行しやすいものです。
また、高齢男性を悩ませる前立腺肥大とチョイもれも、深く関係しています。

なぜなら前立腺肥大で排尿の勢いが衰えることでも、尿道に尿が残りやすくなるからです。
骨盤底筋体操と合わせてチョイもれを改善するためには、骨盤内の血流をよくすることが役立ちます。

そのためにお勧めなのが「こぶしサンド体操」です。
やり方は上図のとおりでとても簡単です。

ミルキングとともに、これらも取り入れて、チョイもれ知らずの快適な生活を送ってください。

こぶしサンド体操のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


尿もれ

関連する投稿


「股関節回し」の効果を女医が解説!女性の若さは股関節にあり

「股関節回し」の効果を女医が解説!女性の若さは股関節にあり

何も運動をしなければ、年齢とともに筋肉量・筋力はどんどん低下し、関節の動きも悪くなり、動くのが億劫になってきます。股関節周りの筋肉を鍛えることは、尿もれ予防のほか、ヒップアップ、ウエストの引き締め効果も期待できるので、年齢に関係なく、すべての女性にお勧めします。【解説】常喜眞理(常喜医院院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


腹圧性尿失禁は扁平足が原因?尿もれ改善法「靴底ティッシュ」のやり方

腹圧性尿失禁は扁平足が原因?尿もれ改善法「靴底ティッシュ」のやり方

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【足の小指の爪が小さい】と腰痛や尿もれの危険信号!対策は足上げトレーニング

【足の小指の爪が小さい】と腰痛や尿もれの危険信号!対策は足上げトレーニング

みなさんは、ご自分の足の小指をじっくりとご覧になったことがありますか?爪を切るときには見るものの、それほど注意を払っていない人が多いのではないでしょうか。実は、足の小指の爪は、体のバランスや状態を知る、よいバロメーターになります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)