疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。特に目は、肝との関係が深い部位とされています。今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師)


解説者のプロフィール

石垣英俊(いしがき・ひでとし)
●神楽坂ホリスティック・クーラ
東京都新宿区横寺町68 唐澤ビル2階
TEL 03-3269-8785
http://holistic-cura.net/

静岡県出身。
神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師。
臨床家の父に鍼灸治療を師事。
2004年に開業し、体の痛みや不調に悩んでいる人々へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師。
東西の知恵を独自に融合させた新メソッド「アラウンドセラピーR」を主宰。
著書に『肝臓の気もち。』(BABJAPAN)、『背骨の実学』『腰痛の実学』『コリと痛みの地図帳』(池田書店)、『背骨から自律神経を整える』(清流出版)が好評発売中。

肝臓は実は“おしゃべり”な臓器

「肝臓は沈黙の臓器」
再生力が強く、病気になっても症状が現れにくい肝臓は、西洋医学においてはそのように表現されます。

しかし中医学では、むしろおしゃべりな臓器として捉えられています。

中医学では、肝臓を「肝」という消化器系グループのキーマンとしてとらえ、その根本的な働きは、「気(生命エネルギー)の流れを促すこと」であり、自律神経や筋肉、ホルモン、目にも深くかかわっていると考えられています。そのため、肝の調子が悪くなると「おしゃべり」といえるほど多くの症状が現れます。

たとえば、イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。

肝臓の不調が目に表れる

また、生気のない目つきや充血した目、眉間のシワ、ツヤのない肌、青緑の肌などは、肝の疲れがかかわっていると考えます。

特に目は、肝との関係が深い部位とされており、中医学では、「目は、肝の状態が見える窓」といわれています。

実際に、肝が不調になると、目のかすみ、充血、眼精疲労(重い疲れ目)、ドライアイ、涙目、目のかゆみ、視力低下など、さまざまな目のトラブルが現れます。

肝の不調が外見にも顕著に現れる

精神的な不安定さも肝の不調が原因

同様に、肝の不調から起こりやすいのが、精神面のトラブルです。

「肝が据わる」「肝に銘じる」などとあるように、肝は心と連動しています。
そのため、肝が不調になると、イライラ、怒りっぽい、情緒不安定、抑うつなどの症状が現れるのです。

余談になりますが、臨床家だった父は生前「今後はさらにストレス社会になり、原因不明の目のトラブルや精神的な不調など、肝にかかわる病気が増えるだろう」と言っていました。

実際、年々そういった患者さんは増えていると感じています。

横隔膜を刺激して肝臓を元気にする

そこで今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。

背骨ねじりのやり方は、イスに座って上体を後ろにねじるだけです。

上体をひねると、胸郭とともに横隔膜が刺激されます。
横隔膜は、胸部と腹部の間にある筋肉で、肝臓がすぐ下にピッタリとくっついています。
つまり、上体をひねると、横隔膜が刺激され、それに伴って肝臓もマッサージされるような効果が期待できるのです。

また、横隔膜は肺の動きと連動しています。
ストレスの多い人は呼吸が浅くなりがちですが、背骨ねじりを続けることで、横隔膜がスムーズに動きやすくなり、自然と深い呼吸ができるようになります。
深い呼吸はそれ自体が、大きなリラックス効果をもたらします。

背骨ねじりのやり方

背骨ねじりのポイント

背骨ねじりのポイントは、いったん上体を後ろにひねった後、顔だけを前に戻すことです。そうすることで肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)の間を刺激し、凝り固まった背中の緊張をゆるめることになります。

顔を前に向けた後、深く3回呼吸することも要重です。
これによって、肝臓へのマッサージ効果がさらに高まります。

背骨ねじりは、左右交互に2回ずつ行います。
時間はいつでもいいので、1日2回、行ってください。
仕事や家事の合間など、疲れがたまったとき、集中できないと感じたときなどに行うのもよいでしょう。

【症例】パソコンによる疲れ目が楽になった!

当院の患者さんでも、肝の不調による目のトラブルを抱えている人には、セルフケアとして自宅やオフィスで背骨ねじりを行うよう勧めています。

40代の男性Mさんは、仕事でパソコンを長時間使うため、目を酷使していました。
あまりの眼精疲労で老眼も進行していたため、背骨ねじりを指導したところ、疲れ目がらくになって、イライラすることも減ったと報告してくれました。
続ければ、老眼の進行も治まるでしょう。

最後になりますが、肝臓が元気になると、すべての臓器が元気になると私は考えています。
元気に生きることと、疲れながら生きることは、大きく違います。
背骨ねじりは、元気に生きるための一助になるでしょう。ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


眼精疲労 疲れ目

関連する投稿


VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

VDT症候群の症状【頭痛・疲れ目】を即改善!「耳の裏さすり」の効果を証明

科学的に耳の裏刺激の効果を検証したいと考えた私は、手軽に耳の裏を刺激できる耳かけ式磁気グッズを開発し、耳の裏を刺激したときのデータを取ることにしました。検証したのは「VDT症候群」の改善効果です。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

私は、青森県の特産品であるリンゴやニンニクの農園を運営するかたわら、鍼灸師として患者さんの治療に当たっています。指こすりは、左右の手の指を交互に組み合わせて、指の側面を刺激します。非常に簡単にできるうえに、老眼や眼精疲労、ドライアイなど、目のさまざまな症状を改善するのに役立ちます。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)