MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
3ヵ月で24kgやせ!タオルを挟む内転筋エクサで“足から痩せる”方法

3ヵ月で24kgやせ!タオルを挟む内転筋エクサで“足から痩せる”方法

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)

いすに座っているとき両足が開いていませんか?

 私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリスト(※)を含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。その経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。


□ポッコリ下腹
□太もものたるみ
□背中のハミ肉


 これらのぜい肉がつくのは、体の軸がずれているためです。

 体の軸は、おもちゃのコマの軸と同じように、体の中心を縦方向に通っています。
 コマの場合、軸が中心にあるときは、回転によって生まれる遠心力が均等に働いて、立った状態で回り続けます。しかし軸の位置がずれると、遠心力のつり合いが取れなくなるため、コマは不安定になります。

 私たちの体も同じように、軸がずれると体の一部に偏って負担がかかり、腰・ひざの痛みや肩こりが現れます。そして負担がかかっていない部分は筋肉が衰え、ぜい肉がついてたるんでくるのです。

 体の軸と大きく関係しているのが「内転筋」です。内転筋は開いた脚を閉じるときに働くのですが、ふだんの生活ではあまり使われません。

 長時間いすに座っていると、気がつけば両脚が開いている。信号待ちなどで、脚を開いて片脚に体重を乗せる──こうした習慣があると、太ももやふくらはぎの外側の筋肉ばかりを使ってしまい、内転筋が衰えていきます。

 また、鏡に全身を映したとき、脚のつけ根よりも太もものほうが横に出っ張っている人も、内転筋が衰えています。太ももを内側に寄せる内転筋の力が弱いので、見た目にも脚が太く見えてしまいます。

 さらに、内転筋が衰えて太ももどうしが開いた状態が続けば、骨盤の下部が広がっていきます。そして、内臓の位置も下がってきて、下腹がポッコリと出てくるのです。

※ミス・ユニバース・ジャパンのビューティーキャンプ(BC)とは、最終選考に残った候補者(ファイナリスト)を対象に特別講師陣が独自のカリキュラムで提供するスペシャルレッスン

3カ月で24kgやせた!太ももは12cm締まった!

 女性の場合、妊娠中から産後しばらくの間、靭帯や筋肉を緩めるホルモンが分泌されます。ですから、内転筋も弱まり、太りやすくなっています。

 私が38歳で出産したときには、80㎏まで太ってしまいました。産後は寝る間もないほど忙しく、筋肉がそげ落ちて、ぜい肉だけが残りました。鏡に映った自分を見てひどく落ち込んだこともあります。

 しかし、トレーナーの仲間たちに励まされ、子育ての合間に自宅でエクササイズを行って、3カ月で24㎏の減量に成功。ウエストは23㎝、太ももは12㎝もサイズダウンしたのです。
 今回紹介する「タオルを脚で挟む」エクササイズは、私が実行したものの1つです。

骨盤が矯正され美しい姿勢に

 やり方は簡単。両脚のくるぶしでタオルをしっかり挟んで、つま先立ちするだけです。その結果、効果は内転筋だけでなく次のように全身に及びます。

①骨盤底筋が鍛えられて、下腹が引っ込む
 つま先立ちで、骨盤周辺の筋肉に強く刺激が与えられます。そして下腹の内側にある腹横筋というインナーマッスルが鍛えられ、引き締まっていきます。
 同時に、骨盤底筋のトレーニングにもなります。骨盤底筋とは、膀胱と尿道、子宮と膣、直腸と肛門を、ハンモックのようにつり下げている外尿道括約筋、膣括約筋、外肛門括約筋などの総称です。出産や加齢で骨盤底筋が衰えて、尿モレや子宮脱(子宮が垂れ下がって膣から出てくること)に悩まされる人も少なくありません。こうした症状の予防・改善にも効果があります。

②姿勢が美しくなり、背中のぜい肉が取れる
 つま先立ちをして前に倒れそうになるのは、ふだんから骨盤が傾いている証拠。間違いなく、猫背ぎみになっています。こうした人も、タオルを脚で挟むエクササイズで、骨盤が正しい位置に戻って、姿勢も美しくなっていきます。

③O脚が改善して、太もものラインが美しくなる
 内転筋と内側腓腹筋(ふくらはぎの内側の筋肉)が鍛えられるので、O脚が改善して脚のラインが美しくなるとともに、重心が体の中心に移動して、安定しやすくなります。

 このように、脚から全身を美しくするエクササイズなのです。ポッコリ下腹や太もものたるみ、背中のハミ肉、それから腰痛や肩こりで悩んでいる人は、早速今日から始めましょう。

解説者のプロフィール

香取知里(かとり・ちさと)
美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー。
1972年、香川県生まれ。高校卒業後、スポーツインストラクターとして子どもからシニアまで幅広く指導を行い、95年から競技エアロビクスの選手として活動も開始。2003年、スズキジャパンカップ・グループ部門優勝。04年、競技選手を引退し、財界人・著名人のパーソナルトレーナー、企業向け健康セミナーの講師を務める。09年、独立しSPORTiOを設立。10年、38歳で第1子を出産。14年には一般社団法人 美軸ライン協会を設立。

●美軸ライン協会
https://bijiku.org/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt