【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。

村田諒太選手が実践していた「目のトレーニング」が話題に

 プロボクシング・WBA世界ミドル級チャンピオンとなった村田諒大選手は、「目のトレーニングで視力が1.0から2.0へとアップした」と話題になりました。
 私は、オプトメトリスト(視覚機能の専門家)の北出勝也氏とともに、村田選手の目のトレーニングを指導しています。

 目のトレーニングは、視力アップが目的ではありませんが、村田選手のように、眼球がよく動くようになり、その結果、視力がアップしたというケースはよくあります。

 しかし、目のトレーニングの真の目的は、「見る力」を高めることです。「見る力」とは、視力だけのことではなく、見えたものに対する反応も含めた、総合的な視覚能力のことを言います。

 例えば、向こうからボールが飛んでくるとします。その大きさ、重さ、こちらに向かってくる軌道、速さを瞬時に判断して、キャッチできるように体勢を取る――こうした目と体の協調運動が「見る力」です。

 トレーニングを始めたときの村田選手の「見る力」は、標準以下でした。これまでは「見る力」にハンデがあっても、類まれな身体能力で補ってきたのでしょう。

 村田選手は、目のトレーニングを日課にすることによって、眼球を動かすスピードが上がり、眼球の可動域も広がり、両目を協調させて使う能力もアップしていきました。
 その結果、村田選手は、相手の動きやパンチが以前よりも見えるようになってきたと言います。
 私から見ても、ムダな動きが減って、動きがスムーズになっているように感じます。

 ところで、目のトレーニングというと、どうしても村田選手のようなアスリートに必要なもので、「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。

 しかし、私が強調したいのは、勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。

アスリートだけじゃない!あなたの日常も変える

 私が最初に「見る力」のトレーニングを指導しようと思ったのは、子どもたちの「見る力」の低下に気がついたからです。
 身体能力は高いのに、苦手な動きがある子どもたちが多く、「もしかしたら、目に原因があるのかも」と思い至ったのです。

 そして、目のトレーニングを導入すると、
「苦手だった徒競走で1番になれた」
「嫌いだった算数で、テストの点が上がった」
「サッカークラブで、レギュラーになれた」
といった喜びの声が寄せられるようになりました。

 私は、大人が目のトレーニングを行うと、次のような効果が期待できると考えています。
①文字の見落とし、見間違いが減る
②相手の気持ちを考えられる
③計画力が高まる
④緊張に強くなる
⑤細かな気配りができるようになる
⑥整理整頓ができるようになる
⑦転倒によるケガなどが防げる
⑧人生設計を描きやすくなる

 人間は、情報の8割を視覚から得ていると言われますが、その「見る力」が高まると、日常生活のさまざまな場面で役立つことを実感されるでしょう。そして、人生までもが変わってしまう――「見る力」には、そういう可能性があると、私は考えています。

村田選手も子どもも行う基本中の基本が「眼球運動」

 ここでご紹介する目のトレーニングは、誰にでも簡単に行える朝3分の「眼球運動」です。村田選手も私が指導している子どもたちも行っている、目を、遠近も含めた全方位に向ける、基本の動きです。

 眼球運動では、主に目の6つの筋肉(外直筋、内直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、下斜筋)に働きかけることで、目を素早く動かせるようになります。

 この眼球運動を毎日行っている高齢者のかたからは、
「視力がアップしてメガネがいらなくなった」
「手元がよく見えて料理がうまくなった」
「運転が楽になった」
と喜びの声もいただいています。

 目の周りの筋肉が動きやすくなって、表情が豊かになり、目がぱっちりするので、美容の観点からもお勧めです。

いいだ さとし
第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン。日本視覚能力トレーニング協会代表理事。2004 年、「飯田覚士ボクシング塾ボックスファイ」を設立し、ビジョントレーニングと、体幹トレーニングを融合させたオリジナルプログラムを開発。4 月17 日発売の著書『人生を変える「見る力」』(マキノ出版)には、村田諒太選手が目のトレーニングを始めたエピソードも紹介されている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【むせる 食べこぼし 舌打ちができない】は舌の筋力低下が原因 対策は「さきイカトレーニング」

【むせる 食べこぼし 舌打ちができない】は舌の筋力低下が原因 対策は「さきイカトレーニング」

舌の筋力の強さと動きの滑らかさは、咀嚼と嚥下をスムーズに行うために不可欠な要素ですが、高齢になると、体の筋肉が衰えるのと同様、舌の力や動きも衰えていきます。【解説】菊谷武(日本歯科大学口腔リハビリテーション・多摩クリニック院長)


【足の小指】爪が小さい・厚いと腰痛や尿もれの危険?骨盤臓器脱を防ぐ体幹トレーニング

【足の小指】爪が小さい・厚いと腰痛や尿もれの危険?骨盤臓器脱を防ぐ体幹トレーニング

みなさんは、ご自分の足の小指をじっくりとご覧になったことがありますか?爪を切るときには見るものの、それほど注意を払っていない人が多いのではないでしょうか。実は、足の小指の爪は、体のバランスや状態を知る、よいバロメーターになります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)