MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践!

【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践!

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)

村田諒太選手が実践していた「目のトレーニング」が話題に

 プロボクシング・WBA世界ミドル級チャンピオンとなった村田諒大選手は、「目のトレーニングで視力が1.0から2.0へとアップした」と話題になりました。
 私は、オプトメトリスト(視覚機能の専門家)の北出勝也氏とともに、村田選手の目のトレーニングを指導しています。

 目のトレーニングは、視力アップが目的ではありませんが、村田選手のように、眼球がよく動くようになり、その結果、視力がアップしたというケースはよくあります。

 しかし、目のトレーニングの真の目的は、「見る力」を高めることです。「見る力」とは、視力だけのことではなく、見えたものに対する反応も含めた、総合的な視覚能力のことを言います。

 例えば、向こうからボールが飛んでくるとします。その大きさ、重さ、こちらに向かってくる軌道、速さを瞬時に判断して、キャッチできるように体勢を取る――こうした目と体の協調運動が「見る力」です。

 トレーニングを始めたときの村田選手の「見る力」は、標準以下でした。これまでは「見る力」にハンデがあっても、類まれな身体能力で補ってきたのでしょう。

 村田選手は、目のトレーニングを日課にすることによって、眼球を動かすスピードが上がり、眼球の可動域も広がり、両目を協調させて使う能力もアップしていきました。
 その結果、村田選手は、相手の動きやパンチが以前よりも見えるようになってきたと言います。
 私から見ても、ムダな動きが減って、動きがスムーズになっているように感じます。

 ところで、目のトレーニングというと、どうしても村田選手のようなアスリートに必要なもので、「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。

 しかし、私が強調したいのは、勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。

アスリートだけじゃない!あなたの日常も変える

 私が最初に「見る力」のトレーニングを指導しようと思ったのは、子どもたちの「見る力」の低下に気がついたからです。
 身体能力は高いのに、苦手な動きがある子どもたちが多く、「もしかしたら、目に原因があるのかも」と思い至ったのです。

 そして、目のトレーニングを導入すると、
「苦手だった徒競走で1番になれた」
「嫌いだった算数で、テストの点が上がった」
「サッカークラブで、レギュラーになれた」
といった喜びの声が寄せられるようになりました。

 私は、大人が目のトレーニングを行うと、次のような効果が期待できると考えています。
①文字の見落とし、見間違いが減る
②相手の気持ちを考えられる
③計画力が高まる
④緊張に強くなる
⑤細かな気配りができるようになる
⑥整理整頓ができるようになる
⑦転倒によるケガなどが防げる
⑧人生設計を描きやすくなる

 人間は、情報の8割を視覚から得ていると言われますが、その「見る力」が高まると、日常生活のさまざまな場面で役立つことを実感されるでしょう。そして、人生までもが変わってしまう――「見る力」には、そういう可能性があると、私は考えています。

村田選手も子どもも行う基本中の基本が「眼球運動」

 ここでご紹介する目のトレーニングは、誰にでも簡単に行える朝3分の「眼球運動」です。村田選手も私が指導している子どもたちも行っている、目を、遠近も含めた全方位に向ける、基本の動きです。

 眼球運動では、主に目の6つの筋肉(外直筋、内直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、下斜筋)に働きかけることで、目を素早く動かせるようになります。

 この眼球運動を毎日行っている高齢者のかたからは、
「視力がアップしてメガネがいらなくなった」
「手元がよく見えて料理がうまくなった」
「運転が楽になった」
と喜びの声もいただいています。

 目の周りの筋肉が動きやすくなって、表情が豊かになり、目がぱっちりするので、美容の観点からもお勧めです。

眼球運動のやり方

解説者のプロフィール

飯田覚士(いいだ・さとし)
●AMSA(先端医科学スポーツアカデミー) ビジョントレーニング
http://amsa.jp/category/vison-training/

日本視覚能力トレーニング協会代表理事。
第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオン。日本視覚能力トレーニング協会代表理事。2004 年、「飯田覚士ボクシング塾ボックスファイ」を設立し、ビジョントレーニングと、体幹トレーニングを融合させたオリジナルプログラムを開発。4 月17 日発売の著書『人生を変える「見る力」』(マキノ出版)には、村田諒太選手が目のトレーニングを始めたエピソードも紹介されている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)
更新: 2018-09-08 08:00:00
多くの病気は、食事を変えることでよくなります。目の病気はそれが顕著です。現代人の食生活は、エネルギー過多な一方で、バランスを欠いています。不足している栄養があると、体はそれを補おうとして、食べ過ぎてしまいます。【解説】山口康三(回生眼科院長)
更新: 2018-09-04 18:00:00
最新記事
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-26 18:00:00
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:54:05
おならが止まらない、お腹にガスがたまるガス腹、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガス(おなら)も臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)
更新: 2019-03-26 10:53:47
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-03-25 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt