医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


痛みが消えた!手術が不要になった!

変形性股関節症で私のもとに来院される患者さんはみな、「手術を避けたい」という切羽詰まった気持ちをお持ちになっています。
変形性股関節が原因で起こる痛みや歩行困難が激しくなってきた患者さんには、人工股関節の置換手術を勧めるのが、整形外科での通常です。

ただ、股関節の手術には、人それぞれに「旬」があり、その時期でない場合には、受けたくても受けられないかたも少なくありません。
最も多い理由は、育児や介護、あるいは仕事の関係で時間がとれないこと。

また、人工股関節には耐用年数があり、年齢が若いと再手術を覚悟しなくてはならないから、という人も少なくありません。
手術に対する恐怖が先立ち、なかなかその気になれないでいるかたもいます。

そんな患者さんたちに対し、私どもでは独自に開発した「ゆうきプログラム(学術名:PSTRエクササイズ)」という運動療法を指導することで、確実に成果を上げてきました。
ゆうきプログラムは、自宅で患者さんご自身が行う、痛みを伴わないエクササイズです。

ゆうきプログラムを開発した25年前から80%前後を保ってきた改善率は、最近になって94%程度にまで伸びています。
ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。

痛みの原因は靭帯にあった!

もともと高い水準にあった改善率が、さらに伸びたのは、次のような理由です。
それは「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。

ちなみに、拘縮とは縮んで硬くなることをいいます。
関節が変形して痛みが生じると、一般には「無理のないように運動をして、周囲の筋肉を鍛えていきましょう」と言われることが大半です。

なので、靭帯という言葉が股関節痛と結びつかないかたも多いでしょう。
靱帯は関節内で骨と骨を結びつけている帯状、もしくはひも状の線維組織です。

もちろん、股関節にも靭帯が存在しています(下の図参照)。
それらの靭帯は、股関節を強固にすると同時に、その運動をコントロールする重要な役割を担っています。

当然、筋肉とも連動する関係にあります。
変形性股関節症の痛みが起こる主な原因は、筋肉のアライメント(力を一定方向に伝えていく機能)のくずれにあると考えられています。

関節の可動域が狭くなったり動きが悪くなったりすることで筋肉に炎症や拘縮が起き、正常なアライメントを維持できなくなります。
それが痛みを発生させていくのです。

そのため、整形外科医も、私ども治療師も、筋肉の拘縮を解消することを運動療法の主眼としてきました。
しかし、あるとき、ふと疑問に思いました。

確かに股関節周囲の筋肉をほぐし、鍛えることで、痛みが確実に軽くなったと患者さんはおっしゃいます。
でも、病気の状態がほぼ同じでも、改善までの早さや程度が患者さんごとにずいぶん異なります。

個人差はもちろんあるでしょうが、私は個人差以外にも理由があるはずだと思いました。
そうして行きついたのが、「靱帯」だったのです。

関節の動きが悪くなれば、筋肉だけでなく、筋肉と連動している靱帯の拘縮も進むはず。
にもかかわらず、靱帯の拘縮はそのままにして筋肉だけほぐしていても、アライメントの矯正ははかどりません。

靱帯の拘縮の度合いは、患者さんによって異なります。
その違いが、改善効果の差となって現れるのではないかと、私は考えました。

筋肉よりも靭帯の調整が先決

つまり、症状を軽くするには、筋肉より前に、靱帯をほぐして拘縮を取ることが先決なのです。
しかし、靱帯の拘縮を取る運動法が見つかりません。

自分で開発するしかないと、試行錯誤の末に生まれたのが、「8の字ゆらし」をはじめとした靭帯調整法と呼んでいる運動です。
 新たにゆうきプログラムに加わったこの運動法の効果はめざましく、プログラム全体の有効性がさらに高まりました。

今回は、靭帯調整法を含む、変形性股関節症の人にぜひ試してほしい運動を紹介します。
股関節痛の改善に必ず力になりますので、ぜひお役立てください。

→【次の記事】ゆうきプログラムとは

解説者のプロフィール

大谷内輝夫
ゆうき指圧院長。1953年生まれ。「ひざ、股関節の治療では日本で一番信頼される人になりたい」という志を胸に、日々ゆうきプログラムの研究や指導に当たっている。著書に『股関節痛の94%に効いた!奇跡の自力療法』(マキノ出版)などがある。

●ゆうき指圧
大阪府大阪市住吉区我孫子1-2-4
TEL 06-6607-1013
http://www.yukishiatsuseitai.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

特に気に入ったのが「ひざ頭の8の字ゆらし」です。これを行うと股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。【体験談】横山久美(パート勤務・47歳)


【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

【股関節炎】貧乏ゆすりで軟骨が再生!手術が不要になり痛みも消えた

「1ヵ月入院して足にかかる負荷をなくし、集中的に貧乏ゆすりをやってみてはどうか」と提案を受けました。私はその勧めに従うことにしたのです。レントゲンで確認した結果、この1ヵ月の努力は実を結んでいました。軟骨が再生していて、股関節と臼蓋の間にはすき間ができていたのです。【体験談】阿部大輔(仮名・会社員・39歳)


改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

改善率94%!さらに進化した「ゆうきプログラム」で変形性股関節症の手術回避も望める

ゆうきプログラムがスタートして35年。ゆうきプログラムは、変形性股関節症を「治す」ものではありません。「手術を先延ばしにするための、猶予期間をつくる運動」と捉えてもよいでしょう。あわよくば、寿命を迎えるそのときまで、手術を回避できる可能性だって、大いにあるのです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【貧乏ゆすりの効果】変形性股関節症のすり減った軟骨が再生する唯一の方法

【貧乏ゆすりの効果】変形性股関節症のすり減った軟骨が再生する唯一の方法

カナダの整形外科医・ソルター博士は、24時間動き続ける肋椎関節と胸肋関節には関節症が起こらないことに着眼しました。そして関節の可動域を広げるCPMを使って、ウサギのひざの関節軟骨が再生することを証明したのです。私たちは、それを股関節にも応用できないかと考えました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)