MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)

痛みが消えた!手術が不要になった!

変形性股関節症で私のもとに来院される患者さんはみな、「手術を避けたい」という切羽詰まった気持ちをお持ちになっています。
変形性股関節が原因で起こる痛みや歩行困難が激しくなってきた患者さんには、人工股関節の置換手術を勧めるのが、整形外科での通常です。

ただ、股関節の手術には、人それぞれに「旬」があり、その時期でない場合には、受けたくても受けられないかたも少なくありません。
最も多い理由は、育児や介護、あるいは仕事の関係で時間がとれないこと。

また、人工股関節には耐用年数があり、年齢が若いと再手術を覚悟しなくてはならないから、という人も少なくありません。
手術に対する恐怖が先立ち、なかなかその気になれないでいるかたもいます。

そんな患者さんたちに対し、私どもでは独自に開発した「ゆうきプログラム(学術名:PSTRエクササイズ)」という運動療法を指導することで、確実に成果を上げてきました。
ゆうきプログラムは、自宅で患者さんご自身が行う、痛みを伴わないエクササイズです。

ゆうきプログラムを開発した25年前から80%前後を保ってきた改善率は、最近になって94%程度にまで伸びています。
ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。

痛みの原因は靭帯にあった!

もともと高い水準にあった改善率が、さらに伸びたのは、次のような理由です。
それは「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。

ちなみに、拘縮とは縮んで硬くなることをいいます。
関節が変形して痛みが生じると、一般には「無理のないように運動をして、周囲の筋肉を鍛えていきましょう」と言われることが大半です。

なので、靭帯という言葉が股関節痛と結びつかないかたも多いでしょう。
靱帯は関節内で骨と骨を結びつけている帯状、もしくはひも状の線維組織です。

もちろん、股関節にも靭帯が存在しています(下の図参照)。
それらの靭帯は、股関節を強固にすると同時に、その運動をコントロールする重要な役割を担っています。

当然、筋肉とも連動する関係にあります。
変形性股関節症の痛みが起こる主な原因は、筋肉のアライメント(力を一定方向に伝えていく機能)のくずれにあると考えられています。

関節の可動域が狭くなったり動きが悪くなったりすることで筋肉に炎症や拘縮が起き、正常なアライメントを維持できなくなります。
それが痛みを発生させていくのです。

そのため、整形外科医も、私ども治療師も、筋肉の拘縮を解消することを運動療法の主眼としてきました。
しかし、あるとき、ふと疑問に思いました。

確かに股関節周囲の筋肉をほぐし、鍛えることで、痛みが確実に軽くなったと患者さんはおっしゃいます。
でも、病気の状態がほぼ同じでも、改善までの早さや程度が患者さんごとにずいぶん異なります。

個人差はもちろんあるでしょうが、私は個人差以外にも理由があるはずだと思いました。
そうして行きついたのが、「靱帯」だったのです。

関節の動きが悪くなれば、筋肉だけでなく、筋肉と連動している靱帯の拘縮も進むはず。
にもかかわらず、靱帯の拘縮はそのままにして筋肉だけほぐしていても、アライメントの矯正ははかどりません。

靱帯の拘縮の度合いは、患者さんによって異なります。
その違いが、改善効果の差となって現れるのではないかと、私は考えました。

筋肉よりも靭帯の調整が先決

つまり、症状を軽くするには、筋肉より前に、靱帯をほぐして拘縮を取ることが先決なのです。
しかし、靱帯の拘縮を取る運動法が見つかりません。

自分で開発するしかないと、試行錯誤の末に生まれたのが、「8の字ゆらし」をはじめとした靭帯調整法と呼んでいる運動です。
 新たにゆうきプログラムに加わったこの運動法の効果はめざましく、プログラム全体の有効性がさらに高まりました。

今回は、靭帯調整法を含む、変形性股関節症の人にぜひ試してほしい運動を紹介します。
股関節痛の改善に必ず力になりますので、ぜひお役立てください。

解説者のプロフィール

大谷内輝夫
ゆうき指圧院長。1953年生まれ。「ひざ、股関節の治療では日本で一番信頼される人になりたい」という志を胸に、日々ゆうきプログラムの研究や指導に当たっている。著書に『股関節痛の94%に効いた!奇跡の自力療法』(マキノ出版)などがある。

●ゆうき指圧
大阪府大阪市住吉区我孫子1-2-4
TEL 06-6607-1013
http://www.yukishiatsuseitai.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-03-12 18:00:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-03-04 18:00:00
期待と覚悟を持って受けたキアリ手術は、当初、期待したほど臼蓋と大腿骨頭との間があかなかったと報告を受けました。CPMをやりながら、貧乏ゆすりも行っていたところ、それからは急激に軟骨が再生していったのです。股関節の痛みがなくなると、人生が変わる。それを実感した1年だったと思います。【体験談】白川尚子(仮名・主婦・61歳)
更新: 2019-03-02 18:00:00
思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)
更新: 2019-02-02 18:00:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-01-20 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt