MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
頭の右側の刺激で糖尿病を改善「500円玉こすり」のやり方

頭の右側の刺激で糖尿病を改善「500円玉こすり」のやり方

左半身をゆるめるためには、後頭部にたまった脳脊髄液を流してあげること。そのためには、頭の右側を刺激します。皆さんご存知のとおり、右半身は左脳が、左半身は右脳が制御しているからです。糖尿病や高血圧などの人はこの部分が腫れていたり、むくんでいたりすることが少なくありません。【解説】留目昌明(鍼灸師・和楽堂治療院院長)

解説者のプロフィール

留目昌明(とどめ・まさあき)
和楽堂治療院院長。鍼灸師。
1948年、青森県生まれ。
明治大学農学部卒業。
1983年、東京鍼灸柔整専門学校を卒業。
鍼灸治療を行うかたわら、無農薬栽培をしたニンニク、リンゴなどを患者に勧めている。

●和楽堂治療院
青森県八戸市根城4-8-15
TEL 0178-43-4552
http://warakudo.net/

左半身の活性化が糖尿病改善のカギ

病気でお悩みの人に、鍼灸師としての経験から、ぜひお伝えしたいことがあります。
それは、健康はピンポイントではなく、体全体の相互作用で作られるということ。
悪いところだけを改善しようとする治療法では、病気は治りません。

例えば糖尿病です。
インスリンというホルモンが深く関与しているため、現代医学ではインスリンや、インスリンを分泌する膵臓をピンポイントで治療しようとします。

もちろん治療は必要ですが、膵臓だけに注目したり、インスリンの分泌を促したりするだけでは不十分です。

ご存知のとおり、糖尿病の原因の一つはストレスです。
ストレスに効くのは、実は膵臓と動脈でつながっている脾臓です。

脾臓は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)を左右する要所。
糖尿病の影響は全身に渡りますが、脾臓は自律神経のバランスを整えて、体調改善に一役買ってくれます。

さらに、臓器に酸素を送るのは肺ですが、肺を動かすのは横隔膜で、横隔膜は筋肉です。
病気の人は筋肉どころか、肋骨まで緊張しており、肺を圧迫してその動きを妨げていることが少なくありません。

逆に筋肉や肋骨の緊張がゆるめば、肺もよく働き、膵臓や脾臓などの臓器にも好影響を与えます。
糖尿病改善を目的とするならば、膵臓と脾臓、臓器と筋肉の相互作用で治していかなければなりません。

膵臓と脾臓は体の左側にあるので、左半身全体の緊張をとくようにするとよいでしょう。
ピンポイントではなく、左半身全体を活性化させることが必要なのです。

糖尿病の人は頭の後ろが腫れている

体の緊張は、元をたどると脳の緊張から起こっています。
脳の緊張が取れると体がゆるみ、筋肉や臓器の働きがよくなります。
脳の緊張は打撲、ストレス等が原因で、結果として脳脊髄液の滞りが起こります。

脳脊髄液とは、脳を保護している潤滑油のようなもの。
脳と脊髄を循環しているのですが、この流れが滞ると脳は緊張し、その緊張は支配神経を通して、体全体へと影響します。

そして滞った脳脊髄液は、後頭部の下のほうにたまりやすいのです。
左半身をゆるめるためには、後頭部にたまった脳脊髄液を流してあげること。

そのためには、頭の右側を刺激します。
皆さんご存知のとおり、右半身は左脳が、左半身は右脳が制御しているからです。

特に膵臓、脾臓の活性化に効果的なのは、右耳の後ろと、ぼんのくぼの真上から右です。
右耳の後ろは、後頭乳突縫合です。

難しい名前ですが、頭蓋骨のつなぎ目の一つです。
ぼんのくぼの真上は外後頭隆起で、後頭骨の出っ張った部分。

脾臓、胃、膵臓に効果的で、中央から右サイドに向かって刺激していきます。
特に外後頭隆起は、最も脳の内圧がかかりやすい場所です。

糖尿病や高血圧などの人はこの部分が腫れていたり、むくんでいたりすることが少なくありません。
この2ヵ所にたまった脳脊髄液の滞りを解消し、脳の緊張を取ると、左半身にある肋骨がゆるみ筋肉の緊張が取れます。

金属を使って刺激すると細胞が正常な状態に整う

横隔膜の動きがよくなると肺もよく働き、膵臓と脾臓も活性化。
膵臓が元気になればインスリンの分泌が促され、脾臓が元気になって自律神経が整います。

刺激には、500円玉を2枚重ねて使います。
金属で体を刺激すると、細胞が正常な状態に整うことも、研究でわかっていています。

1日1回、ぜひ、お試しください。

糖尿病に効く「500円玉こすり」のやり方

こする場所

後頭乳突縫合のこすり方

頭蓋骨の割れ目にねじ込むように、やや強い力で10秒こする。

外後頭隆起の下部のこすり方

頭蓋骨を下から上へ持ち上げるように、やや強い力で10秒こする。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00