医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【加齢臭】「くさい」と言われてショック!対策はミョウバン水と食生活改善

【加齢臭】「くさい」と言われてショック!対策はミョウバン水と食生活改善

加齢とともに人はにおいを発しやすくなります。中高年以降は、皮膚にある皮脂腺の機能が衰えたり、皮脂が酸化しやすくなったりして、いわゆる加齢臭が強くなります。高齢者特有のにおいの改善、予防のために、生活習慣の改善もお勧めです。また安全な消臭剤「ミョウバン水」の作り方もご紹介しましょう。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【お悩み】孫に「くさい」と言われてショック!



孫に「じいじ、くさい」と言われてショックを受けています。
歯みがきや入浴など清潔にはしているつもりです。
何か日常生活で気を付けたほうがいいことはありますか?
また、医療機関への受診なども考えるべきなのでしょうか。(60代男性)


回答者のプロフィール

五味常明(ごみ・つねあき)
●五味クリニック
・東京
新宿区百人町1-10-12
TEL 03-3368-5126
・大阪
大阪市西区新町3-8-18
TEL 06-6532-8632
http://www.gomiclinic.com/

五味クリニック院長。
1949年、長野県生まれ。
昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。
患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。
99年からは、ケアマネジャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

加齢とともに臭いは出てくるもの

加齢とともに、人はにおいを発しやすくなります。
中高年以降は、皮膚にある皮脂腺の機能が衰えたり、皮脂が酸化しやすくなったりして、いわゆる加齢臭が強くなります。

また、消化力が衰え、腸内でにおい分子が異常に産生されると、便臭が強くなるだけでなく、体内に吸収され、汗と共に体臭を発散します。

また、加齢現象の一つとして唾液が減ることに加え、多くの高齢者が降圧剤や睡眠剤などの唾液の分泌を抑制する作用のある薬を服用しています。
唾液の分泌量が減少すると、消臭機能が低下して、口臭の最も大きな原因となります。

加えて、咀嚼力(かむ力)と嚥下力(飲み込む力)の低下の影響で、口腔内にたまった食べかすの発酵が進み、これも口臭の原因となります。

また、生活習慣病などの病気がもたらすにおいもあります。
糖尿病の人は、口や体から独特の甘いにおいを発し、尿のにおいも強くなりますし、肝臓や腎臓の機能が低下すると、アンモニア臭が強くなります。

においを気にして引きこもりになる例も

このように、高齢者ににおいの問題はつきものなのですが、今回のお悩みについては、そもそもの前提となる「じいじ、くさい」の言葉をそのままに受け取っていいものかどうか、迷うところです。
お孫さんの年齢がわかりませんが、小さい子どもは意味がはっきりしないまま言葉を使い、大人の反応を楽しんだりすることもあります。

また、言葉にはいろいろな意味もあります。
例えば、お孫さんの周囲の大人、つまり相談者の息子さんや娘さん、その連れ合いが会話の中で「じじくさい」という意味合いで使った言葉を、「じじ」と「くさい」の言葉の組み合わせがおもしろくて「じいじ、くさい」と言ったのかもしれません。

まずは、ご自身の配偶者やお子さんなど、気の置けない関係の人に、自分が本当ににおいを発しているのかどうかを確認してみてください。

いずれにしても「くさい」と言わると傷つきますよね。

同じようなことをサークル仲間に言われ、外出や人に会うことがこわくなり、引きこもってしまったという例もあります。
高齢者特有のにおいの改善、予防のために、生活習慣を改善してみるのもお勧めです。

生活習慣病の予防=加齢臭の予防になる

実際に加齢臭が強い人は、肉類が好き、酒やたばこを好む、運動不足といった不摂生な生活を送っているものです。
検査をすると、コレステロール値や中性脂肪の数値が高く、内臓脂肪がたまっている人に多くみられます。

つまり、加齢臭はメタボ臭でもあるのです。
したがって、加齢臭の予防は、暴飲暴食、運動不足や睡眠不足を避けるなど、生活習慣病の予防・改善法と同じです。

なかでも食生活の改善が重要です。
食事の基本は、抗酸化作用(病気や加齢の原因となる活性酸素を抑える作用)のある食物を摂取することです。

主食は胚芽米や雑穀を多くします。
副食には魚介類や海藻、季節の野菜、味噌や豆腐などの大豆製品を摂取しましょう。
細かく考えずとも、和食を中心とした食生活を主とすると、抗酸化力の高い食事になります。

また、高齢者は口臭が強くなりやすいので、食べたらすぐに歯磨きをするのが基本です。
歯磨き粉にうがい薬のイソジンを2~3滴垂らして歯磨きをすると、口腔内の細菌の増殖防止に役立ちます。

口臭予防効果のある緑茶は、飲むだけでなく、お茶がらをひとつまみ口に入れて、ガムのようにかんでいると唾液が出て口臭予防に役立ちます。

制汗剤は使用に注意が必要!安全でお勧めなのは「ミョウバン水」

スプレータイプなどのデオドラント商品を使用している人もいると思いますが、これらはすべてわきや足などの局所のみに使用するものです。
体の広範囲に使用すると、発汗機能が抑制されて体温調節が働かなくなり、熱中症の危険があります。

安全なデオドラントしては、ミョウバン水がお勧めです。
皮膚に吹きかけてもいいですし、下着やシャツなどの衣類にスプレーすれば、衣類に消臭機能を持たせることもできます。

また、性別を問わず、加齢とともに尿もれをはじめとした尿トラブルが出やすくなります。
これも、高齢者特有のにおいの原因となります。

最近ではにおいを抑える特殊な繊維を使用した下着もあるので、利用してみるとよいでしょう。
先のミョウバン水をスプレーして乾かしておくのもお勧めです。

においをあまりに気にするとストレスがたまり、そのことが活性酸素を増加させ、さらに加齢臭が強くなるという悪循環に陥ります。
好きな趣味やスポーツなどでストレスの解消をすることも大切です。

ミョウバン水の作り方

スーパーの食品売り場などで市販されているミョウバンを用いて、手作りのデオドラント剤を作ることができます。
出来上がったミョウバン水を、肌や衣類に吹きかけましょう。

●用意するもの
ミョウバン……50g
1.5ℓの空のペットボトル……1本

●作り方
ミョウバンをペットボトルに入れて水道水をペットボトルいっぱいになるまで注ぎ、ふたをしてよく振る。
*ミョウバンが溶けない場合は、1日放置する。
*冷蔵庫保存で1ヵ月くらい持つ。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


加齢臭 体臭

関連する投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【口が臭い】原因は喉奥の白い塊 "臭い玉" 膿栓(画像有)の除去は耳鼻科でできる

【口が臭い】原因は喉奥の白い塊 "臭い玉" 膿栓(画像有)の除去は耳鼻科でできる

咳やくしゃみをした際に、口中から非常に臭い、小さな白い塊が出てくることがあります。これは膿栓(のうせん)、通称ニオイダマと呼ばれるものです。新陳代謝によって口中の粘膜が剥がれ、そこに歯周病菌や大腸菌等の死骸や食べカス等が付着。それらが扁桃腺周辺の窪みに溜まって固まったものです。【解説】徳永雅一(とくなが耳鼻咽喉科院長)


【体臭を消す方法】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消す方法】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


塩水で体を洗う【塩浴の効果】 加齢臭を予防し全身デトックス!

塩水で体を洗う【塩浴の効果】 加齢臭を予防し全身デトックス!

体からヌルヌルの脂がドッと出て美肌になり白髪もない秘訣は「塩湯デトックス」!肌表面の汚れを取り除くだけでなく毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。【解説】松本和子(株式会社三栄代表取締役・塩浴普及家)


【ドライマウスを改善】昆布水で口臭を予防 歯周病や虫歯に効果

【ドライマウスを改善】昆布水で口臭を予防 歯周病や虫歯に効果

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)