MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)

解説者のプロフィール

新開省二(しんかい・しょうじ)
愛媛大学大学院医学研究科博士課程修了。
愛媛大学医学部助教授を経て、1998年より東京都老人総合研究所勤務。
2005年より現職。
低栄養についての普及と改善についての著書『50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!』(草思社)が好評発売中。

日本の高齢者の多くは低栄養状態

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。

しかし、ちょっと待ってください。
これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。

それどころか、年を取ってもこういう考え方をしていると、脳卒中や認知症のリスクを高めてしまうのです。

私たちは、これまで延べ5000人の高齢者を対象に、疫学研究(集団を対象に病気の原因などを調べる研究)を行ってきました。
その結果から、高齢者の病気や死亡の意外な原因が見えてきました。

それは「低栄養」です。
低栄養とは、文字どおり、栄養が少な過ぎること。

「現代にそんなことがあるのか」と思われるでしょうが、粗食や少食のあまり、低栄養になる人が多いのです。

低栄養と余命の関係

低栄養の指標としては、血中のアルブミンというたんぱく質やコレステロール、ヘモグロビン、そして、肥満の指標とされるBMI(ボディマスインデックス)などが用いられます。

例えば、秋田県に住む65歳以上の1700人を対象にこれらの指標を調べ、余命との関係を見たところ、いずれも数値が低い人ほど余命が短かったことがわかりました。

低栄養の人ほど、脳卒中や心臓病を起こしやすく、認知症になりやすいことや、寝たきりになって要介護率が高まることもわかっています。

ちょっと太っているくらいが健康的

低栄養が続くと、当然のことながら、筋肉も衰えてきます。
というのも、粗食が続くと、体の中でエネルギーが不足するため、体は筋肉をアミノ酸に分解して、エネルギーを得たり、体内のあちこちの不足分を補ったりするからです。

そうなると、サルコペニア(筋肉が減少し足腰が弱る病気)や骨粗鬆症(骨が弱くなる病気)の危険性が高まり、転びやすくなったり骨折しやすくなったりして、寝たきりのリスクが高まってしまうのです。

つまり、栄養をたっぷり取らないと、老化を早めることになってしまうのです。
前述した低栄養の四つの指標のうち、一般の人がチェックしやすいのは、BMIでしょう。

BMIは体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で出る数値で、通常、22がベストで25以上は肥満といわれます。
しかし、私たちの研究結果からすると、これではやせ過ぎです。

特に高齢者は23〜27がベストで30近くまでは健康的です。
また、よく悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールは、健診などで140以上になるといけないといわれますが、私たちの調査結果では、160くらいまでは心配なく、むしろ100以下になると危険であることがわかっています。

一言でいうと、粗食や少食の「草食系老人」は、生命や健康の危険が大きいのです。

低栄養にならない食事7カ条

現在、私たちは、「50歳を過ぎたら粗食や少食はやめて十分な栄養を取ろう」と呼びかけています。
そのためには、1日に体重(kg)×1.3倍をグラム数にした、たんぱく質を取ることが大きなポイントになります。

ざっくりした目安ですが、これで割り出されるたんぱく質の量を5倍すると、肉・魚・卵などの重量になります。

例えば、体重50㎏の人なら、1日に65gのたんぱく質が必要で、それを取るには325の肉や魚や卵が必要です。
低栄養にならない7ヵ条を挙げると以下になります。

①食事は1日3回バランスよく
②動物性たんぱく質は十分取る
③肉と魚はほぼ同量にする
④油脂も不足しないように取る
⑤牛乳は毎日200㎖飲む
⑥野菜は多種類を取り、加熱して摂取量を増やす
⑦食欲がないときはおかずから食べてごはんを残す


一日にできるだけ多種類の食品をとる

このほか、1日に多種類の食品を取ることも大事です。
私たちは、1日に1回でも取ったら(量は問わない)、1点と数える「多様性スコア」というものを推奨しています。

目指せ10点!「さあにぎやか(に)いただく」

「さあにぎやか(に)いただく」と頭文字で覚えて、7点以上を目指してください。
実際に、低栄養が続いて危険な人でも、この多様性スコアが改善されていくと、元気で活動的になって筋肉も増え、血液検査の結果も改善していきます。

みなさんも50歳を過ぎたら、ぜひ、ここで述べたことを心掛け、肉や魚をしっかり食べて、筋力を維持して、元気で長生きしてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)