MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ネズミモチ茶・ネズミモチコーヒーの効果効能と作り方

ネズミモチ茶・ネズミモチコーヒーの効果効能と作り方

「ネズミモチを飲まない人は、もぐりの会員ね」。冗談でそう言い合うくらい、私が世話役を務める薬草会では、ネズミモチを愛飲しています。 変わった名前ですが、モクセイ科の常緑樹で、垣根や風よけとしてよく植えられている、とても身近な薬草です。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)

垣根や風よけとして一般的な常緑樹

「ネズミモチを飲まない人は、もぐりの会員ね」。
冗談でそう言い合うくらい、私が世話役を務める薬草会では、ネズミモチを愛飲しています。

変わった名前ですが、モクセイ科の常緑樹で、垣根や風よけとしてよく植えられている、とても身近な薬草です。
紫がかった黒い実がネズミのフンに、葉はモチノキに似ているところからこの名がつきました。

ネズミモチは簡単に手に入る上に薬効がすばらしく、薄毛や白髪にとても効果的。
薬草会でも、「髪が黒くなった」「毛が生えた」という人が、後を絶ちません。

髪の毛は、漢方では「血余」と呼びます。
「血の余り」の字のごとく、食べた物が消化、吸収されて血液になり、全身を巡って、余った血液が髪になるのです。

若い頃に髪が黒々、フサフサしているのは、美しい髪を作る血液のゆとりがあるから。
ところが年齢を重ねるとともに、内臓は少しずつ衰えていき、食べたものが十分に吸収できなくなります。

こうなると髪の毛までいく血が足りなくなり、ポツポツと白髪が出てきます。
髪の毛も細くなり、抜け毛も増えて薄毛になってしまうのです。

白髪、薄毛を根本的に治すには、衰えた内臓を整えなければなりません。
そして内臓を整えるには、数ある薬草の中でも滋養強壮効果が非常に高い、ネズミモチが一番です。

じわじわと体調がよくなる

ネズミモチの効果効能は多岐にわたり、健胃、虚弱、うつ、不眠、やつれ、ひざ痛、腰痛、肝臓病、ドライアイ、耳鳴り、白髪など。

中国最古の薬物学の書である『神農本草経』には、ネズミモチについて「補中を司り、五臓を安んじ、精神を養ひ、百病を除く」と記されています。
「中」とはまさに内臓のことです。

ただし、今日飲んだから明日毛が生えるというものではありません。
じわじわと体調がよくなって、ごはんがおいしく感じられたり、ぐっすり眠れるようになったりといった変化がまずは現れます。

それから高血圧やドライアイ、耳鳴りなどの不調がなくなっていき、最後に髪の毛にいって、細い髪が太く、白い髪が黒くなるという具合です。
ですから、少なくとも半年以上は、飲み続けたほうがいいでしょう。

髪の毛は健康になった後の「おまけ」のようなものだと考えてください。

実も葉も枝もすべて使える

ネズミモチの摂取方法は、さまざまありますが、ここではお茶(粉末)とネズミモチコーヒーを紹介します。
実、葉、枝、すべてに薬効がありますが、実は冬にしか採れません。

これから作るなら、一年中採取できる葉を使ったお茶がお勧めです。
葉を洗って水気を取ったら、ベランダなどで天日干しにして乾燥させます。

これを粉末にして、煮出せば出来上がりです。
なお、煮出すさいに麦茶のティーバックを入れると、おいしく飲めます。

詳しい作り方は次項にあります。
分量は1日分です。作り置きはせずに、その日のうちに飲みきるようにしてください。

冬になったら、実を使ったネズミモチコーヒーがお勧めです。

ネズミモチは、冬に1㎝くらいの細長い実をつけます。
中国から入ったトウネズミモチは5㎜くらいの丸い実ですが、薬効は変わらないので、どちらでも作れます。

コツは必ず成熟してから採取すること。
九州なら12月中旬、本州なら12月後半~1月上旬くらいが収穫時期の目安です。

残念ながら、東北など寒いところではネズミモチはあまり育たないようです。
採った実はほぐして水できれいに洗い、1ヵ月から数ヵ月干してカラカラに乾燥させます。

それを鍋やフライパンで焙煎し、コーヒーミルや粉砕器でひいて出来上がり。
コーヒーフィルターに3g入れ、湯を注ぎドリップして飲みます。

ネズミモチをはじめ、薬草の持つパワーをお伝えするのは、私のライフワーク。
私自身、子どもの頃から体が弱く、30代までは「明日の朝、生きとるやろか」というほどの虚弱体質でした。

それが薬草の世界に入り、どんどん体が丈夫になってきて、75歳の今でもバリバリ元気に働いています。
健康と髪の毛のために、ぜひネズミモチを飲んでみてください。

ネズミモチ茶とネズミモチコーヒーの作り方

解説者のプロフィール

平田眞知子(ひらた・まちこ)
薬草コンサルタント。九州薬草趣味の会連絡協議会理事。
身近にある薬草を使った薬草酒や化粧水の作り方や、病気予防の方法を長年研究。市民講座などで講演多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt