医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


解説者のプロフィール

菅谷公男(すがや・きみお)
1981年、筑波大学医学専門学群卒業。
筑波大学附属病院、秋田大学医学部、旭川医科大学、ピッツバーグ大学医学部客員助教授、琉球大学医学部准教授を経て、2009年より現職。
尿の出の悪さ、頻尿や尿もれ、膀胱の痛みといった排尿障害の治療が専門。
テレビ『ためしてガッテン』(NHK総合)などで活躍中。

夜間頻尿があると心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすい

年齢が上がるにつれて増える症状の一つが、夜間頻尿です。
睡眠中に何度もトイレに起きる症状ですが、日本のみならず世界中の高齢者を悩ませています。

最近の研究では、夜間頻尿が続くと、病気のリスクが高くなるということもわかってきました。
スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人は、そうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく、生存率が低いことも確認されています。

高齢者に頻尿が多発する理由

なぜ、高齢者に夜間頻尿が多発するのでしょうか。
一つは、水分の取り過ぎです。

高齢の人ほど脱水症状を怖れて、必要以上に水を飲む傾向があり、それが夜間頻尿を起こしているケースが多いのです。
高齢者ほど、日中の水分の取り過ぎに注意が必要でしょう。

もう一つが、加齢による身体機能の変化です。
年を取るにつれ、血液中の水分が血管から漏れやすくなるのです。

水分が漏れやすくなると、体に浮腫、つまり「むくみ」ができやすくなります。
このむくみが体内の水分量を増加させて、尿量を増やすのです。

そして、むくみを十分に取らないまま眠ると、就寝中の心臓の負担が大きくなり、心不全のリスクが高くなる危険性も知られています。
このような「負担がかかった心臓」にも、尿量を増加させる要因が潜んでいます。

私たちの体は、心臓に負担がかかると、少しでも血液を減らそうとして、利尿ホルモン(尿の出をよくするホルモン)を分泌させます。
それが、夜間の尿量を増やしているのです。

夜間頻尿・多尿のセルフケア「下肢挙上姿勢」とは

このような体のメカニズムが引き起こす、夜間頻尿や夜間多尿のセルフケアにお勧めしたいのが、「ゴロ寝足上げ」です。
これは、体操ではありません。

専門的には「下肢挙上姿勢」と言われる姿勢です。
寝た姿勢で、心臓より高く足を上げるだけという姿勢のため、高齢者にも実践しやすいでしょう。

行う時間は、就寝する3~4時間前が理想です。
22時に寝るとしたら、18時ごろがいいでしょう(食前・食後、どちらでも構いません)。

やり方は、あおむけに寝て、足を上げるだけです。
高さは40cm前後にしてください。

クッションや座布団を重ねてもいいですし、イスの座面を利用してもよいでしょう。
この姿勢を、30分間、またはそれ以上続けてください。

テレビを見ながらでも、本を読みながらでも構いません。
就寝の3~4時間前に「ゴロ寝足上げ」を行うことで、日中、下半身にたまった水分が、体全体にまんべんなく分散されます。

その状態にしてから就寝すれば、夜間頻尿を作る「むくみ」が解消され、心臓の負担も減ります。
心臓の負担が減れば、夜間に必要以上に尿が作られることもなく、尿意で何度も目が覚めることもなくなるわけです。

私の患者さんにも、「ゴロ寝足上げ」を勧めています。
即効性があり、始めたその日からトイレに起きる回数が減った、という人が少なくありません。

下肢挙上姿勢のやり方

あおむけに寝て、両足を上げる。
イスの座面を使い足を上げるとよい。

①の状態のまま30分以上キープ。
これを就寝前の3~4時間前に行うと夜間頻尿の改善に役立つ

クッションや座布団を重ねて行ってもよい。

夜間頻尿への効果が臨床試験でわかった

私は数年前から、夜間頻尿に対するゴロ寝足上げ(下肢挙上姿勢)の効果を確認する臨床試験を、沖縄や京都の病院の協力の下、続けてきました。
その臨床結果を、共同研究者の曽根淳史医師(宮津武田病院)らとともに、第21回日本泌尿機能学会で発表しました。

臨床試験の参加者は、65~85歳の男性と女性、合わせて9名です。
いずれも、夜間頻尿によってQOL(生活の質)が落ちていることを自覚している患者さんたちです。

参加者には、毎日、就寝3~5時間前にゴロ寝足上げを20分以上してもらいました。
これを8週間続けてもらい、夜間頻尿の回数や尿量の変化を調べたのです。

その結果、開始前には全体の平均で2.4回だった夜間の排尿の回数が、4週間後には1.8回に減少。
さらに8週間後には、1.2回に減り、排尿の回数が半減しました。

一方で、昼間の排尿回数は、開始前が全体の平均で8.8回だったのに対し、8週間後は8.2回でした。
このことから、「ゴロ寝足上げ」の効果が夜間の排尿に特化して発揮されていることがわかります。

排尿量の軽減にも有効

次に、夜間の尿量ですが、こちらも開始前に比べると、半分の量に減りました。
開始前は、全体の平均で721mlあった夜間の尿量が、4週間後には630mlに、8週間後には、382mlに減っています。

今回の臨床試験で、尿量の減少が最も多い人の例では、82歳の男性が、平均するとひと晩で1330mlあった夜間の尿量が、8週間後には540mlになっています。
この臨床試験では、夜間頻尿の原因になる下肢の浮腫の割合を示す数値(Npi)や、夜間の心臓への負担を示す数値(BNP)を調べる血液検査も行っています。

開始前に、平均で43.1%あったNpiの数値が、28.6%に下がり、平均で46.3%あったBNPの数値は43.5%に下がりました。
以上の臨床試験の結果から、高齢者の夜間の排尿回数と排尿量の軽減にゴロ寝足上げ(下肢挙上姿勢)が有効だと確認できました。

また、足のむくみが取れ、心臓への負担が減ることも血液検査で検証できました。
「ゴロ寝足上げ」が心臓病の予防にも役立つことが確認できたのです。

皆さんも、夜間頻尿や心臓病症状の予防と改善に、ゴロ寝足上げをぜひお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


夜間頻尿 頻尿 むくみ

関連する投稿


「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」で顔のむくみがすっきり!鼻も少し高くなった

「セルフ経絡ヘッドケア」を自宅で行っていたところ、目に見えて顔が変わってきたので驚いています。周囲の人たちからも「顔が小さくなったね」とか「目がパッチリした」と言われたので、私の思い込みではなく、ほんとうに変わってきたのだと思います。【体験談】新島幸枝(パート勤務・53歳)


【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

【即効・顔痩せ】鼻が高くなる効果「セルフ経絡ヘッドケア」のやり方

「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


最新の投稿


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)