MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)

解説者のプロフィール

菅谷公男(すがや・きみお)
1981年、筑波大学医学専門学群卒業。
筑波大学附属病院、秋田大学医学部、旭川医科大学、ピッツバーグ大学医学部客員助教授、琉球大学医学部准教授を経て、2009年より現職。
尿の出の悪さ、頻尿や尿もれ、膀胱の痛みといった排尿障害の治療が専門。
テレビ『ためしてガッテン』(NHK総合)などで活躍中。

夜間頻尿があると心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすい

年齢が上がるにつれて増える症状の一つが、夜間頻尿です。
睡眠中に何度もトイレに起きる症状ですが、日本のみならず世界中の高齢者を悩ませています。

最近の研究では、夜間頻尿が続くと、病気のリスクが高くなるということもわかってきました。
スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人は、そうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく、生存率が低いことも確認されています。

高齢者に頻尿が多発する理由

なぜ、高齢者に夜間頻尿が多発するのでしょうか。
一つは、水分の取り過ぎです。

高齢の人ほど脱水症状を怖れて、必要以上に水を飲む傾向があり、それが夜間頻尿を起こしているケースが多いのです。
高齢者ほど、日中の水分の取り過ぎに注意が必要でしょう。

もう一つが、加齢による身体機能の変化です。
年を取るにつれ、血液中の水分が血管から漏れやすくなるのです。

水分が漏れやすくなると、体に浮腫、つまり「むくみ」ができやすくなります。
このむくみが体内の水分量を増加させて、尿量を増やすのです。

そして、むくみを十分に取らないまま眠ると、就寝中の心臓の負担が大きくなり、心不全のリスクが高くなる危険性も知られています。
このような「負担がかかった心臓」にも、尿量を増加させる要因が潜んでいます。

私たちの体は、心臓に負担がかかると、少しでも血液を減らそうとして、利尿ホルモン(尿の出をよくするホルモン)を分泌させます。
それが、夜間の尿量を増やしているのです。

夜間頻尿・多尿のセルフケア「下肢挙上姿勢」とは

このような体のメカニズムが引き起こす、夜間頻尿や夜間多尿のセルフケアにお勧めしたいのが、「ゴロ寝足上げ」です。
これは、体操ではありません。

専門的には「下肢挙上姿勢」と言われる姿勢です。
寝た姿勢で、心臓より高く足を上げるだけという姿勢のため、高齢者にも実践しやすいでしょう。

行う時間は、就寝する3~4時間前が理想です。
22時に寝るとしたら、18時ごろがいいでしょう(食前・食後、どちらでも構いません)。

やり方は、あおむけに寝て、足を上げるだけです。
高さは40cm前後にしてください。

クッションや座布団を重ねてもいいですし、イスの座面を利用してもよいでしょう。
この姿勢を、30分間、またはそれ以上続けてください。

テレビを見ながらでも、本を読みながらでも構いません。
就寝の3~4時間前に「ゴロ寝足上げ」を行うことで、日中、下半身にたまった水分が、体全体にまんべんなく分散されます。

その状態にしてから就寝すれば、夜間頻尿を作る「むくみ」が解消され、心臓の負担も減ります。
心臓の負担が減れば、夜間に必要以上に尿が作られることもなく、尿意で何度も目が覚めることもなくなるわけです。

私の患者さんにも、「ゴロ寝足上げ」を勧めています。
即効性があり、始めたその日からトイレに起きる回数が減った、という人が少なくありません。

下肢挙上姿勢のやり方

あおむけに寝て、両足を上げる。
イスの座面を使い足を上げるとよい。

①の状態のまま30分以上キープ。
これを就寝前の3~4時間前に行うと夜間頻尿の改善に役立つ

クッションや座布団を重ねて行ってもよい。

夜間頻尿への効果が臨床試験でわかった

私は数年前から、夜間頻尿に対するゴロ寝足上げ(下肢挙上姿勢)の効果を確認する臨床試験を、沖縄や京都の病院の協力の下、続けてきました。
その臨床結果を、共同研究者の曽根淳史医師(宮津武田病院)らとともに、第21回日本泌尿機能学会で発表しました。

臨床試験の参加者は、65~85歳の男性と女性、合わせて9名です。
いずれも、夜間頻尿によってQOL(生活の質)が落ちていることを自覚している患者さんたちです。

参加者には、毎日、就寝3~5時間前にゴロ寝足上げを20分以上してもらいました。
これを8週間続けてもらい、夜間頻尿の回数や尿量の変化を調べたのです。

その結果、開始前には全体の平均で2.4回だった夜間の排尿の回数が、4週間後には1.8回に減少。
さらに8週間後には、1.2回に減り、排尿の回数が半減しました。

一方で、昼間の排尿回数は、開始前が全体の平均で8.8回だったのに対し、8週間後は8.2回でした。
このことから、「ゴロ寝足上げ」の効果が夜間の排尿に特化して発揮されていることがわかります。

排尿量の軽減にも有効

次に、夜間の尿量ですが、こちらも開始前に比べると、半分の量に減りました。
開始前は、全体の平均で721mlあった夜間の尿量が、4週間後には630mlに、8週間後には、382mlに減っています。

今回の臨床試験で、尿量の減少が最も多い人の例では、82歳の男性が、平均するとひと晩で1330mlあった夜間の尿量が、8週間後には540mlになっています。
この臨床試験では、夜間頻尿の原因になる下肢の浮腫の割合を示す数値(Npi)や、夜間の心臓への負担を示す数値(BNP)を調べる血液検査も行っています。

開始前に、平均で43.1%あったNpiの数値が、28.6%に下がり、平均で46.3%あったBNPの数値は43.5%に下がりました。
以上の臨床試験の結果から、高齢者の夜間の排尿回数と排尿量の軽減にゴロ寝足上げ(下肢挙上姿勢)が有効だと確認できました。

また、足のむくみが取れ、心臓への負担が減ることも血液検査で検証できました。
「ゴロ寝足上げ」が心臓病の予防にも役立つことが確認できたのです。

皆さんも、夜間頻尿や心臓病症状の予防と改善に、ゴロ寝足上げをぜひお役立てください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt