MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

【寝るだけなのに】股関節と腰の痛みが改善!「エゴスキュー体操」とは

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)

世界中から注目を集めた「エゴスキュー体操」

皆さんは、痛みや病気を治すために生まれた運動療法があることをご存じでしょうか。
それが、今世界中で大人気の「エゴスキュー体操」です。

この体操の考案者は、ピート・エゴスキュー氏。
彼は、米国カリフォルニア州サンディエゴに開設した自身のクリニックで、痛みや病気を根治させることを目的に、この体操の指導を始めました。

これまでの約40年間で、数十万人のアメリカ人がエゴスキュー体操を実践。
腰痛、ひざ痛、肩こりなどの痛みや、病院の治療でも改善しなかった病気や症状を奇跡的に回復させているのです。

ゴルフの帝王として知られるジャック・ニクラウスをはじめ、メジャーリーガーやハリウッドスターが、こぞってこの体操を実践したことでも世界中から注目を集めました。
私は、8年ほど前にこの体操と出合いました。

当時の私は、ひどい腰痛に悩まされていました。
あらゆる治療を試しても腰痛が治らずあきらめかけていたときに、このエゴスキュー体操を知ったのです。

実践してみると、あれほどつらかった腰痛がどんどん軽くなっていきました。
これに衝撃を受けた私は、エゴスキュー体操の本部があるアメリカに渡ってセラピストの資格を取得しました。

帰国後は、体操の指導や、日本の運営組織の仕事に携わるようになったのです。

ピート・エゴスキュー
身体構造の機能について長年研究を重ね、その成果をもとに、1978年「エゴスキュークリニック」(米国カリフォルニア州)を開設。その独特な運動療法は、「ゴルフの帝王」ジャック・ニクラウス、「カリスマコーチ」アンソニー・ロビンス、メジャーリーガー、ハリウッドのスターなどが、痛みや病気の治療法としてこぞって実践していることで知られる。

筋肉が本来の動きを取り戻す

病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。
内科医や痛みの専門医が、ギックリ腰、股関節痛、脊柱管狭窄症などの患者さんにこの体操を勧めています。

その結果、痛みが消えたという報告事例が私の元に届いています。
もちろん私も、エゴスキュー体操で痛みや症状が劇的に改善した例をたくさん目にしています。

なかでも印象深いのが、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症と三つもの病気を併発し、その痛みと闘っていた50代の看護師さんの例です。
この女性は、腰の痛みで寝たきりも覚悟したときにエゴスキュー体操を始めました。

体操を2ヵ月間続けたところで、骨が「ポキポキ」と音を立てて動いたのがわかったとか。
それがきっかけで、ゆがんでいた骨格が元に戻り、腰の痛みが和らいでいきました。

1年後には腰の痛みがすっかり消え、登山ができるまでに回復したのです。
現在も元気な日々を過ごされています。

そんなエゴスキュー体操には、何種類ものメソッド(方法)があります。
今回はその中から、寝た状態から足を上げるだけで腰痛、ひざ痛、股関節痛などの痛みを和らげる「寝るだけ体操」をご紹介しましょう。

「寝るだけ体操」のやり方は、とてもシンプルです。
まず、あおむけに寝て、両足をイスや台の上に乗せます。

このとき、ひざの角度は、できるだけ90度にするよう心がけます。
ひざの幅は、握りこぶしを横にして一つ分(約10センチ程度)にします。

両腕は、体側から45度の角度に開いて手のひらを上に向けます。
この姿勢を、リラックスし、らくに呼吸をしながら5分間保ってください。

「寝るだけ体操」に限らず、エゴスキュー体操をすると、日常生活で使われていない筋肉が目覚め、本来の動きを始めます。
正しく使われていない筋肉は、骨格をゆがませ、そこから痛みが生じるのです。

自然に痛みが軽くなる!

エゴスキュー体操では、日ごろ使われていない筋肉、または不自然に使われ過ぎている筋肉に「動き」という刺激を与え、元の動きを思い出させ、活発に動くようにさせます。
その結果、動きの悪くなっていた筋肉が、不自然に引っ張っていた骨や関節の位置を、元の位置に戻し、体全体のゆがみを解消に導きます。

「寝るだけ体操」も、寝て足を上げるという動作で、ふだん使わない骨盤周りや股関節の筋肉が刺激されます。
この刺激をくり返すことで、筋肉が目覚め、骨格が元に戻れば、自然に痛みが軽減していくでしょう。

ぜひ、この機会に「寝るだけ体操」にトライしてみてください。

解説者のプロフィール

水野加津人(みずの・かずと)
エゴスキュージャパン代表

●エゴスキュー・ジャパン
http://egoscuejapan.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-03-12 18:00:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-03-04 18:00:00
期待と覚悟を持って受けたキアリ手術は、当初、期待したほど臼蓋と大腿骨頭との間があかなかったと報告を受けました。CPMをやりながら、貧乏ゆすりも行っていたところ、それからは急激に軟骨が再生していったのです。股関節の痛みがなくなると、人生が変わる。それを実感した1年だったと思います。【体験談】白川尚子(仮名・主婦・61歳)
更新: 2019-03-02 18:00:00
思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)
更新: 2019-02-02 18:00:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-01-20 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt