MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
体にいい成分が200種類!はちみつの優れた効能と購入時の注意点

体にいい成分が200種類!はちみつの優れた効能と購入時の注意点

ハチミツには、体によいとされる成分が200種類も含まれており、期待できる効果・効能も実に多彩です。まさにひとさじでアンチエイジングから肥満を防ぐ天然のサプリメントともいえます。ここではハチミツの主な健康効果を5つ解説しましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)

ハチミツは、甘味料として優秀なだけでなく、200種類もの体にいい成分を含んでいるといわれます。
こうしたことから、古くから薬としても珍重されてきました。

疲れたときにひとさじ食べると、気分がほぐれ、活力がわいてくるのが感じられます。
食べてよし、ぬってよし!ハチミツは大自然からの贈り物。

ハチミツが秘めたチカラをご紹介します。

ハチミツの主な健康効果

ハチミツには、体によいとされる成分が200種類も含まれており、期待できる効果・効能も実に多彩です。
その主な健康効果を解説しましょう。

①抗菌・殺菌作用

「ハチミツは腐らない」と言われますが、それは、この抗菌・殺菌作用によるものです。

抗菌・殺菌作用とは、雑菌(病原菌)の増殖を抑えたり、死滅させたりする作用のことです。

したがって、炎症、潰瘍、口臭、ムシ歯や歯周病、ピロリ菌の抑制など、幅広い病気の予防に役立ちます。

②肥満・メタボ防止作用

2008年に、イランで行われた研究では、次のような結果が出ています。
肥満(BMI25以上)の男女55人を二つのグループに分け、一方には砂糖、他方にはハチミツを、毎日70gずつ、30日間取ってもらいました。

すると、砂糖グループは体重も体脂肪も微増しましたが、ハチミツグループはどちらも微減しました。
加えて、中性脂肪値が11.0%、LDLコレステロール値が5.8%、空腹時血糖値が4.2%低下したのです。

これには二つの理由が考えられます。
一つは、ハチミツに含まれる果糖が、中性脂肪ではなくグリコーゲンに素早く変わり、肝臓に貯蔵されること。

さらに、ハチミツには糖代謝を促す亜鉛や銅が含まれるため、中性脂肪値も血糖値も上がりにくいのです。
もう一つは、ハチミツがレプチンなどの食欲調節ホルモンをうまく調整し、食欲を抑えること。
これらの作用で、肥満やメタボの防止に役立つのです。

③胃腸の調子を整える作用

ハチミツには消炎作用があり、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍などの消化器の炎症を抑えます。
また、腸の働きを整え、便秘や下痢を改善する作用もあります。

これは、ハチミツに含まれる有機酸やオリゴ糖が腸内環境を整えるためで、特に下痢には即効性があります。

④アンチエイジング作用

ハチミツには、食べてもぬっても、美肌効果があります。
その第一が、保湿です。

ハチミツの約8割を占める糖分は、吸水性や浸透性に優れています。
ですから、ぬれた肌にハチミツをつけると、皮膚面に水分を閉じ込めて肌にうるおいを与え、有効成分が皮膚に浸透していきます。

食べることでも、ビタミンB群、アミノ酸、ミネラル、ポリフェノールなどの有効成分が働き、シミのもととなるメラニンの蓄積抑制、皮膚の再生促進、吹き出物の抑制など、多様な美肌効果を発揮します。

⑤効率のよいエネルギー補給源

ハチミツの主成分であるブドウ糖と果糖は、糖質の最も小さい単位です。
そのため、体内で分解される必要がなく、速やかにエネルギーに変わります。

ですからハチミツは、体力を早く回復したいときなどに、ぴったりのエネルギー源です。
また、ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源です。

不足すると脳の働きが低下するので、頭を使う仕事をするときは、ハチミツで補うといいでしょう。
また、ハチミツはアルコール代謝を高めるので、お酒を飲んだ後にハチミツを取れば、二日酔い防止にもなります。

ハチミツの摂取量の目安は「1日大さじ1杯」

ハチミツの1日の摂取量は、さまざまな文献から判断すると、15ml(大さじ1杯・約60kcal)が適量のようです。

胃腸が弱っているときは、2~3回に分けて、食事の前に取ります。
それ以外は、一度に取っても構いません。

基本的には、加熱せずに取るのがお勧めです。
風味が損なわれず、加熱で失われる成分も取ることができるからです。

ただ、加熱しても、有効成分がすべて失われるわけではありません。
ミネラル、ポリフェノールなどは、熱で壊れにくいからです。
用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

ハチミツは、砂糖より糖度が高いのに低カロリーなので、適量であれば、毎日取っても太る心配はありません。
むしろ、中性脂肪値や血糖値などを下げる方向に作用します。

ですから、脂質異常症や糖尿病の人も問題ないと思いますが、念のため、医師と相談してから取ると、より安心でしょう。

ハチミツを購入するさいの最低限のポイント

ハチミツを購入するさいの最低限のポイントは、ラベルに「はちみつ」「純粋はちみつ」と表示のあるものを選ぶことです。

異常に値段が安いものは、避けたほうが無難です。
できれば国産のハチミツを、信頼できる養蜂園などから買うのがベストです。

私自身は自宅で養蜂をしており、ハチミツも自家製百花蜜です。
それをオリーブ油と一緒に、パンにつけて食べるのが、私と98歳の母の朝食の定番です。

なお、1歳未満の乳児には、ハチミツを与えないでください。
乳児ボツリヌス症を起こすおそれがあります。

解説者のプロフィール

平柳要(ひらやなぎ・かなめ)
●食品医学研究所
http://h-and-w.jp/

食品医学研究所所長。
東京大学大学院医学研究科修了。
ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。
科学的根拠に基づいた健康食品の研究、開発に携わる。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00