【足首が痛い】「股関節痛」との関係 痛みの改善には「テコ回し」がお勧め

【足首が痛い】「股関節痛」との関係 痛みの改善には「テコ回し」がお勧め

突然ですが、あなたの足首は軟らかいですか? まずチェックしてみましょう。実は、足首の柔軟性やゆがみは、「股関節痛」にも、大いに関係しているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


股関節痛の原因の9割は筋肉にあり

 突然ですが、あなたの足首は軟らかいですか? まずチェックしてみましょう。
 実は、足首の柔軟性やゆがみは、「股関節痛」にも、大いに関係しているのです。

 当院の患者さん、Tさんの例を紹介しましょう。Tさん(72歳・女性)は2年前、股関節に痛みが出て、変形性股関節症と診断されました。ウオーキングが趣味でしたが、痛みで歩けなくなり、当院に来院しました。

 全身状態をチェックすると、足首が硬く、外側に傾いていました。そこで、股関節の筋肉をゆるめる施術や足首の調整を行い、自宅で足首の「テコ回し」をしてもらいました。
 すると、次の治療のときには歩ける状態まで改善し、3ヵ月後にはほとんど痛みがなくなったのです。

 股関節痛の原因はいろいろありますが、外傷やリウマチなどの病気を除くと、9割は筋肉が正常に働いていないために起こる、筋肉性の痛みです。こういった股関節痛に効果があるのが、テコ回しです。

 股関節の痛みなのに、なぜ?と思うかもしれません。しかし、足首の状態が悪いと、股関節や骨盤を治療しても、根本的な快癒につながらないのです。

 足首は体の土台となる関節で、常に重力の負荷がかかっています。加えて、年齢や運動不足によって、だんだん柔軟性が失われていきます。
 そこに悪い姿勢が加わると、足首がゆがみます。姿勢が悪く、足の外側に体重をかけて立ったり歩いたりしていると、足がO脚になり、足首が外側に傾く「O足首」になってしまいます。その逆のケースでは、「X足首」になります。
 すると、筋肉のバランスがくずれ、それがひざや股関節をゆがませて、痛みが出てくるのです。実際に、股関節痛のある人の多くは、足首にも問題を抱えています。

ひざ痛や腰痛にも効果あり

 テコ回しは、左右の手で足首をテコのようにして回します。これで足首が柔軟になると、正常な筋肉運動ができるようになり、筋肉の伸縮性が戻ってきます。すると、ひざ関節や股関節の可動域(動かせる範囲)が広がり、周辺の筋肉が正常に使われるようになります。

 筋肉性の痛みは、筋肉が伸びたり縮んだりしたままのときに起こります。したがって、筋肉が正常に使われて筋力と柔軟性が高まれば、痛みはなくなります。

 もう一つは、テコ回しが、二つの関節をまたいでついている筋肉「二関節筋」に働きかけることです。
 下肢には、二関節筋がいくつもあります。例えば、大腿直筋という筋肉は、骨盤のわきの出っ張ったところから、股関節とひざ関節をまたいで、ひざ内側のやや下についています。

 変形性股関節症では、股関節の変形は小さいのに、激しい痛みが出ることがあります。これは、二関節筋の走行ラインのずれと、異常負荷によって起こる筋肉の痛みです。

 テコ回しをすると、足首だけでなく、すねの骨も回転するように動きます。それによって、大腿直筋のような二関節筋の伸縮運動が正常になり、筋肉がほ
ぐれて痛みが和らぐのです。

 痛みが軽くなれば、体も動かしやすくなり、歩いたり外出したりしやすくなります。するとさらに足首が柔軟になり、下肢(足)に筋力がついてくる、といういい循環が生まれます。

 また、足首のゆがみは、股関節痛だけでなく、ひざや腰の痛みの原因にもなります。股関節に問題のない人でも、足首の柔軟性が低かった人は、テコ回しをすることをお勧めします。

岩間良充
 鍼灸整骨院ホスピスト院長。柔道整復師、ケアマネジャー。手技療法を得意とし、これまでに延べ20万人以上の患者を治療。肩、腰、ひざなどの痛みの根本改善に心血を注いでいる。『しつこい腰痛は腹をもめば治る!』(マキノ出版)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)