医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

回転性の頭位めまい症の患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首凝り治療を指導します。原因がわからず、わらにもすがる思いで受診された患者さんにはストレートネックなど「首こり」が原因のことも。「首の3点もみ」でめまいを改善したケースをご紹介しましょう。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長)


めまいの患者の首は硬くこっている

 私の医院に来られるめまいの患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首こり治療のために、「首の3点もみ」を指導しています。

 というのも、めまいの原因に、首こりが大きく関係していると考えているからです。原因がわからず、わらにもすがる思いで当院を受診された患者さんが、首の3点もみでめまいを改善したケースは多々あります。

 その一例をご紹介しましょう。

●症例①Aさん(女性・64歳)
 Aさんのめまいは、毎週通っているホットヨガで突如起こりました。岩盤浴の後、少しクラクラしたので休んでいたところ、目の前がグルグル回転し始め、嘔吐が止まらなくなったと言います。
 救急車で運ばれ、耳や脳の検査をしたものの異常は見つからず、薬を処方されて退院しました。しかし、その後も、激しいめまいの発作をくり返し、ついには外出が怖くなり、趣味のテニスも止め、仕事さえも辞めてしまったのです。
 当院に来院したAさんの首を調べると、前屈不全(首を前に倒しても骨がほとんど動かない状態)があり、首の横にある太い筋肉(胸鎖乳突筋)もかなり緊張していました。そのため、Aさんのめまいの原因は首こりだと考えました。
 そこで、首の3点もみで首のこりをほぐしてもらうようにしたのです。Aさんに初めてお会いしたのは、6年ほど前ですが、今日までめまいは一度も起こっていないと言います。
 激しいめまいの恐怖からも解放され、外出も以前のように楽しまれているということです。

●症例②Bさん(女性・65歳)
 ある夜、睡眠中に急に、地の底に吸い込まれるような激しいめまいに襲われたBさん。近くの総合病院に行くと、突発性難聴(あるとき突然に片方の耳が聞こえなくなる病気)と診断されました。
 ステロイド薬の点滴治療で、突発性難聴の症状は回復したのですが、めまいだけがいつまでたっても残ってしまったのです。立ち上がるとフラフラし、ひどいときには家の中を這って移動したと言います。
 受診したBさんの首の横を押すと、「痛い!」と思わず声を上げました。ご本人は気づいていないようでしたが、かなり首のこりがありました。
 Bさんには、頓服薬などの処方とともに、首の3点もみを体調のよいときに行ってもらいました。その後1年ほどで、めまいは軽くなり、頓服薬を飲む回数も減らせました。
 そして、立ち上がってもフラフラせず、壁もつたわずにらくに歩けるようになったと喜んでいらっしゃいました。

生活習慣も首こりに影響大

●症例③Cさん(女性・42歳)
 めまいが起こることに不安や恐怖を感じ、家に引きこもりがちになったり、気持ちがふさぎ込みがちになったりする人は少なくありません。Cさんも、そんな一人でした
 3年前、台所で洗い物をしていて、ふっと顔を上げた瞬間、グルグルと目が回りました。それからは数ヵ月に1回、めまいの発作が起こるようになったのです。
 Cさんの首は前屈不全があり、首の筋肉もこっていました。特に、耳に近いところがこっていたので、そこを中心に首の3点もみを実践してもらいました。
 それから1年、たまに小さなめまいはあっても、立っていられないようなめまいの発作はないそうです。外出時の不安がなくなったと、ほっとしている様子が印象的でした。

●症例④Dさん(男性・36歳)
 最近は、パソコンやスマートフォンの長時間の使用により、首の前屈・後屈不全、いわゆる「ストレートネック」になっている人が多くいます。それが原因で首がこり、めまいを引き起こす場合があるのです。
 Dさんの場合も、ストレートネックが大きな原因でした。Dさんのめまいは、足元がふわふわして、後ろにひっぱられるような感覚でした。外で倒れたら……という不安が大きくなり、一時は仕事にも、ほとんど行けない状態でした。
 しかし、首の3点もみで首のこりをほぐしたところ、徐々に筋肉が柔らかくなり、めまいもかなり軽減したと言います。今は、ほぼ欠勤せずに、職場復帰ができたようです。
 ストレートネックのように、首のこりには生活習慣も大きく影響しています。
 思い当たることがあれば、それを改善し、同時に首の3点もみでこりをほぐし、めまいの予防・改善に取り組んでみてください。

首の3点もみのやり方

解説者のプロフィール

入野宏昭
 兵庫医科大学卒業。大阪大学第一内科、大阪医療センター等を経て2009年より現職。日本めまい平衡医学会認定めまい相談医。めまいを内科や脳外科などの観点から総合的に診断する。著書に『めまいは首をもめば治る』(マキノ出版)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


原因不明のめまい・耳鳴りの対処法 簡単にできる「首ほぐし」のやり方

原因不明のめまい・耳鳴りの対処法 簡単にできる「首ほぐし」のやり方

胸鎖乳突筋をはじめとする首の筋肉が、カチコチにかたくなると、リンパ液の流れが悪くなります。リンパ液の流れが悪くなると、内耳の中に溜まってしまい、むくみが生じます。内耳がむくんで起こる代表的な病気が、メニエール病であり、「内リンパ水腫」ともいいます。【解説】古賀直樹(中野坂上治療院院長)


グルグル目が回るほどのめまい 原因は「寝る前のテレビ」だった!

グルグル目が回るほどのめまい 原因は「寝る前のテレビ」だった!

「朝起きるときには、頭を左右に動かし、うつぶせになってから、起き上がってください」といわれたときには、ほんとうに驚きました。それまでは、頭をなるべく動かさないようにしていたのですから。でも、確かに、頭を積極的に動かすようにしてからは、起き抜けのめまいがピタリとなくなったのです。【体験談】小川暁子(仮名・主婦・71歳)


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)