【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

回転性の頭位めまい症の患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首凝り治療を指導します。原因がわからず、わらにもすがる思いで受診された患者さんにはストレートネックなど「首こり」が原因のことも。「首の3点もみ」でめまいを改善したケースをご紹介しましょう。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長)


めまいの患者の首は硬くこっている

→【医師報告】めまい患者の9割は首がこっている!

 私の医院に来られるめまいの患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首こり治療のために、「首の3点もみ」を指導しています。

 というのも、めまいの原因に、首こりが大きく関係していると考えているからです。原因がわからず、わらにもすがる思いで当院を受診された患者さんが、首の3点もみでめまいを改善したケースは多々あります。

 その一例をご紹介しましょう。

●症例①Aさん(女性・64歳)
 Aさんのめまいは、毎週通っているホットヨガで突如起こりました。岩盤浴の後、少しクラクラしたので休んでいたところ、目の前がグルグル回転し始め、嘔吐が止まらなくなったと言います。
 救急車で運ばれ、耳や脳の検査をしたものの異常は見つからず、薬を処方されて退院しました。しかし、その後も、激しいめまいの発作をくり返し、ついには外出が怖くなり、趣味のテニスも止め、仕事さえも辞めてしまったのです。
 当院に来院したAさんの首を調べると、前屈不全(首を前に倒しても骨がほとんど動かない状態)があり、首の横にある太い筋肉(胸鎖乳突筋)もかなり緊張していました。そのため、Aさんのめまいの原因は首こりだと考えました。
 そこで、首の3点もみで首のこりをほぐしてもらうようにしたのです。Aさんに初めてお会いしたのは、6年ほど前ですが、今日までめまいは一度も起こっていないと言います。
 激しいめまいの恐怖からも解放され、外出も以前のように楽しまれているということです。

●症例②Bさん(女性・65歳)
 ある夜、睡眠中に急に、地の底に吸い込まれるような激しいめまいに襲われたBさん。近くの総合病院に行くと、突発性難聴(あるとき突然に片方の耳が聞こえなくなる病気)と診断されました。
 ステロイド薬の点滴治療で、突発性難聴の症状は回復したのですが、めまいだけがいつまでたっても残ってしまったのです。立ち上がるとフラフラし、ひどいときには家の中を這って移動したと言います。
 受診したBさんの首の横を押すと、「痛い!」と思わず声を上げました。ご本人は気づいていないようでしたが、かなり首のこりがありました。
 Bさんには、頓服薬などの処方とともに、首の3点もみを体調のよいときに行ってもらいました。その後1年ほどで、めまいは軽くなり、頓服薬を飲む回数も減らせました。
 そして、立ち上がってもフラフラせず、壁もつたわずにらくに歩けるようになったと喜んでいらっしゃいました。

→患者の約7割以上に効果【首の3点押し】のやり方

生活習慣も首こりに影響大

●症例③Cさん(女性・42歳)
 めまいが起こることに不安や恐怖を感じ、家に引きこもりがちになったり、気持ちがふさぎ込みがちになったりする人は少なくありません。Cさんも、そんな一人でした
 3年前、台所で洗い物をしていて、ふっと顔を上げた瞬間、グルグルと目が回りました。それからは数ヵ月に1回、めまいの発作が起こるようになったのです。
 Cさんの首は前屈不全があり、首の筋肉もこっていました。特に、耳に近いところがこっていたので、そこを中心に首の3点もみを実践してもらいました。
 それから1年、たまに小さなめまいはあっても、立っていられないようなめまいの発作はないそうです。外出時の不安がなくなったと、ほっとしている様子が印象的でした。

●症例④Dさん(男性・36歳)
 最近は、パソコンやスマートフォンの長時間の使用により、首の前屈・後屈不全、いわゆる「ストレートネック」になっている人が多くいます。それが原因で首がこり、めまいを引き起こす場合があるのです。
 Dさんの場合も、ストレートネックが大きな原因でした。Dさんのめまいは、足元がふわふわして、後ろにひっぱられるような感覚でした。外で倒れたら……という不安が大きくなり、一時は仕事にも、ほとんど行けない状態でした。
 しかし、首の3点もみで首のこりをほぐしたところ、徐々に筋肉が柔らかくなり、めまいもかなり軽減したと言います。今は、ほぼ欠勤せずに、職場復帰ができたようです。
 ストレートネックのように、首のこりには生活習慣も大きく影響しています。
 思い当たることがあれば、それを改善し、同時に首の3点もみでこりをほぐし、めまいの予防・改善に取り組んでみてください。

→ストレートネックとは

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

ほとんどの人が病気とは思っていないようですが、私は、首や肩のこりは、れっきとした病気と捉えています。というのも、首の骨の代表的な病気である頸椎症の入り口だからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長)


【タオル枕】ストレートネックは自分で治せる 首こり、めまいの症状は改善する

【タオル枕】ストレートネックは自分で治せる 首こり、めまいの症状は改善する

腰が痛い!首が痛い!そう訴える患者さんを見ると、首のS字曲線がなくなるストレートネックだったというケースが増加中です。頭の重みを背骨で支えられず、体が前傾。体を安定させようと、腰椎に負荷がかかり腰痛が起こるケースが多いのです。対策はストレートネックを改善する「枕」です。【解説】田中宏(天竺整骨院院長)


【ストレートネックの治し方】治らないと嘆く前に タオル枕で対策 作り方と使い方

【ストレートネックの治し方】治らないと嘆く前に タオル枕で対策 作り方と使い方

現代人に多い体のゆがみが、首のカーブが失われる「ストレートネック」です。このストレートネックが原因で、腰痛が起こってしまうのです。無理なく矯正し、背骨のS字カーブを取り戻し、腰痛を改善する方法が、タオルで簡単に作れる「首枕」です。その作り方と使い方をご紹介しましょう。【解説】田中宏(天竺整骨院院長)


【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

妊娠中に足腰の症状に悩み、産後2ヵ月で整形外科に行くと、椎間板ヘルニアと診断されました。症状を根本から改善したいと思い、田中宏先生の整骨院に行きました。そこでストレートネックになっていると言われたのです。【体験談】島田紗江(仮名・会社員・46歳)


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング