医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

繰り返すニキビを治す「顔そり」のやり方と7つのメリット

繰り返すニキビを治す「顔そり」のやり方と7つのメリット

意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。【解説】赤須玲子(赤須医院院長)


解説者のプロフィール

赤須玲子(あかす・れいこ)
●赤須医院.皮膚科クリニック
東京都港区六本木7-18-12
シーボンビュービル4F
TEL 03-5771-2081
http://www.akasu.or.jp/

赤須医院院長。
1984年、東海大学医学部卒業。
山梨医科大学(現・山梨大学)皮膚科助手、カナダ・トロント大学病理リサーチフェローを経て、98年より現職。
確かな臨床経験と美容に精通したきめ細やかな診療が定評。
専門はシミ、シワ、ニキビ、ホクロなど。
日本皮膚科学会皮膚科専門医、アメリカ皮膚病理学会認定医。
著書に『赤ちゃん肌に変わる「顔そりスキンケア」』(マキノ出版)などがある。

顔の毛は思った以上に皮膚に悪さをしている

私は患者さんの皮膚を診察するとき、マイクロスコープで30倍に拡大し、肌の状態をくまなくチェックします。
そのさい、患者さんご自身にも映像を確認していただきます。

すると、ほぼ9割もの人たちが、肌トラブル以上に、顔の毛の多さに、まずがく然とされます。
もともとは、ニキビやシミ、毛穴の開きを気にして受診されたはずが、いざ拡大した皮膚を見せられると、顔にビッシリと毛が生えていることにまっ先に驚かれるのです。

そもそも、ひげそりを当たり前の習慣としている男性と違い、多くの女性が顔をそっていません。
最近では、レディースシェービングなどの名称で、女性向けの顔そりのサービスを行っている理容店やシェービングサロンも増えてきていますが、生まれてから一度も顔をそったことがないという女性もけっしてめずらしくないのです。

顔の毛は、肉眼では気にならないかもしれません。
しかし、顔はうぶ毛や中間毛(うぶ毛と硬毛の中間の太さや長さの毛)に覆われています。

その毛をそらない顔は、自分で思っている以上に周囲の人によい印象を与えません。
特に、口の周りの毛をそのままにしておくのは、女性としていかがなものでしょうか。

また、美肌にとっても、顔の毛をそること(顔そり)は重要事項です。
意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。

顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。

顔そりのメリット

顔そりが皮膚に及ぼすメリットを、項目別にご紹介しましょう。

①ニキビができにくくなる
ニキビのできやすい人は、顔そりをするだけでニキビができにくくなります。
ニキビは毛に刺激されてできることが多いからです。

いい換えれば、毛があることでニキビは確実に悪化するのです。

②肌に透明感が出る
顔そりは、くすみの改善にも役立ちます。
日本人の顔の毛は、茶から黒色をしています。

1本1本の毛は細いとはいえ、無数の毛が顔中を覆っていれば、肌は間違いなく黒ずんでくすんで見えます。
したがって、顔の毛を取り除けば、それだけで肌は確実にワントーンも白くなり、透明感が出るのは当然のことといえるでしょう。

③化粧水がよく浸透する
よく「美白化粧品を使っているのに白くならない」という人がいますが、これも顔の毛と関係しています。
顔を覆っている毛をそれば、化粧水がよく浸透するようになり、基礎化粧品本来の効果を得ることができるのです。

④メイクが映える
顔そりをすると、メイクも驚くほど映えるようになります。
毛に覆われている顔にお化粧をしたところで、毛にファンデーションを塗っているようなものです。

ファンデーションが肌に直接乗るのを毛がじゃましているわけですから、メイクののりは悪くなります。
また、毛があると、汗は毛に集まって塊になります。

そのとき、メイクの色ムラをつくります。
つまり、毛の処理をしていない人ほど、メイクくずれしやすいのです。

その毛がなくなれば、ファンデーションが肌に均等にのびるため、メイクののりがよくなり、メイクもくずれにくくなります。

スベスベでなめらかな赤ちゃん肌になる

顔そりのメリットは、まだまだあります。

⑤肌に柔らかさが出てくる
肌を覆う毛がなくなれば、それだけで思わず触ってみたくなるほど、スベスベでなめらかな赤ちゃん肌になります。
しかも、顔そりのケアをくり返して習慣化していくうちに、肌に柔らかさが出ます。

周りの人に「きれいになった」と思わせるほど、肌質が変わるはずです。

⑥肌荒れを防止する
顔の表面にいる微生物が原因で、肌荒れが起こることがよくあります。
ところが、顔をそると毛についている微生物が取り除かれるので、肌荒れを防ぐことにもつながります。

⑦毛穴が小さくなる
老若男女を問わず、毛穴に悩む人は多いものです。
毛穴を大きくしている要因は、毛穴に詰まっている角栓です。

角栓は、皮脂や質角たんぱく(皮膚の最も外側の部位を構成しているたんぱく質)でできていますが、これらを取り除かないと毛穴はどんどん広がっていきます。
ピーリング石けんで角質を柔らかくした後、顔そりをすると角栓が取り除かれやすくなり、毛穴は小さくなります。



顔そりで得られる7つの美肌効果
(1)ニキビができにくくなる
(2)肌に透明感が出る
(3)化粧水がよく浸透する
(4)メイクが映える
(5)肌に柔らかさが出てくる
(6)肌荒れを防止する
(7)毛穴が小さくなる

女性向けの顔そりをしてくれる理容店やサロンも増えている。

「顔をそると毛が濃くなる」は誤解

顔そりには、このように魅力的な効果があります。
にもかかわらず、私が顔そりを実際にお勧めすると、「毛が濃くなりそうで怖い」という患者さんが大勢います。

ですが、これは誤解です。
顔をそって毛が濃く見えるのは、毛並みと逆にそるなど、そり方を間違えているからです。

逆そりをすると、毛のカット面が広くなって濃くなったように見えますが、実際に濃くなっているわけではありません。
正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。

「顔そりは肌に無用な刺激を与え、シミの原因になる」という人もいますが、これは、強い力でそったり、すべりの悪いカミソリを使って顔に傷ができてしまったりした場合です。
皮膚が炎症を起こして色素沈着をきたすことがあるので、正しい方法で顔そりをしなくてはなりません。

私はこれまで何千人という患者さんに顔のそり方を指導してきました。
そして「顔の毛をそるだけで、肌がこんなにきれいになるなんて」という驚きの声をたびたび聞きました。

くり返すニキビができにくくなり肌質が改善する

顔そりケアを習慣にすると、くり返すニキビも出にくくなりますし、肌質も改善してきます。
何より、肌がいつも健康的でトラブル知らずになります。

ただし、単にカミソリでそればよいというわけではありません。
重要なのは、そり方です。

下のイラストを参考に、みなさんも顔そりを実行してみてください。

ポイントは二つ。

(1)クリームやジェルでクッションを作ること
(2)毛の流れに沿ってそることです。


自分で行うのが怖い人は、理容店やサロンのシェービングを利用してもいいでしょう。

なお、化膿したニキビや肌荒れがあると、出血やシミの原因になります。
症状が治まるのを待ってから行いましょう。


ちなみに、女性の産毛は男性と違って細く、伸びる速度もゆっくりです。
ですから、1週間に1回そればじゅうぶんです。

顔そりの意外な効果を、ぜひ実感してください。

赤須先生お勧めの顔そりの方法

用意するもの

・顔そり用のカミソリ
※T字型のものは向かない。必ず顔そり用のI字型のものを使う

・刺激のないクリームやジェル
(皮膚に刺激がなく、クッションになるものがよい。シェービング用のジェルも市販されている)

顔そりのやり方

雑菌の侵入を防ぐため、洗顔後に行う。
入浴後は毛が軟らかくなっているのでお勧め。

新しいカミソリは最初に手足などの体のうぶ毛処理で試し、適度に切れ味を落としておく。

そる部分にクリームやジェルを置き、毛の流れに沿ってそる。
イラストの矢印は、基本的なそる方向。
ただし、毛の生える方向は人によって差があるため、鏡でよく毛の流れを観察しながらそること。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


大統領夫人が絶賛!女優も愛飲する美肌ドリンク「抹茶レモン」の作り方・飲み方

大統領夫人が絶賛!女優も愛飲する美肌ドリンク「抹茶レモン」の作り方・飲み方

美容家だった私の母、メイ牛山が、40年以上も前に考案した「抹茶レモン」。抹茶とレモン汁、水、ハチミツという、身近な材料を混ぜるだけでできるという手軽さも、魅力の一つです。【解説】ジェニー牛山(学校法人メイ・ウシヤマ学園 ハリウッド大学院大学教授)


シミくすみ解消【足の指回しの美容メリット】冷えを撃退して痩せ体質に一変!

シミくすみ解消【足の指回しの美容メリット】冷えを撃退して痩せ体質に一変!

足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)


【美のカリスマ】メイ牛山さんが重要視したレモンの美容効果(ドリンクレシピ)

【美のカリスマ】メイ牛山さんが重要視したレモンの美容効果(ドリンクレシピ)

母は、昭和30年代からさまざまな「美健食」を提唱し、考案、開発してきました。その食生活の中で、母が一日たりとも欠かさなかったのがレモンです。レモンは天然のサビ止めであり、老化防止の特効薬だと考えていたのです。【解説】ジェニー牛山(ハリウッド大学院大学副理事長・教授・ハリウッド美容専門学校校長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

野菜が大好きな私は、ふだんから自家菜園でさまざまな野菜を手作りしています。そのおかげで、日ごろから野菜を多く摂取しているほうだと思います。しかし、キャベツは育てていないので、口にする機会があまりありませんでした。【体験談】岡山奈美子(仮名・78歳・主婦)


最新の投稿


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)