医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


生ガキにあたってしまった!

かなり昔の話ですが、友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。
すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。

帰りの車内から胸がむかむかし、
帰宅後1時間たった頃には、七転八倒の苦しみとなりました。

胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。
痛みで体がよじれたりのけぞったり。
じっとしていることができないほどでした。

気持ちが悪いのでどうにか吐けないかと、
はってトイレに向かうものの、吐くことはできませんでした。

家にある胃腸薬を片っ端から試しても少しもよくならず、
痛みでだんだんと意識がもうろうとしてきました。

このまま死ぬのではないか。
そしたら子どもたちの面倒は誰が見てくれるのだろう。

そんな考えがよぎる中、
突如として頭に浮かんだのが「梅肉エキス」です。

私の母は、私が子どもの頃から、梅肉エキスを手作りしていました。
おそらく、母の妹の体が弱かったからだと思います。

食あたりなど、子どもが体調をくずすたび、
母は梅肉エキスをなめさせました。

そんな母が持たせてくれた梅肉エキスが家にあることを思い出したのです。

小さじ1杯分の梅肉エキスをなめた

わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。

そして、数回なめたのです。

このときはおそらく、合わせて小さじ1杯程度の量をとったのではないかと思います。
これは通常より多めの量です。

すると、30分たたないうちでした。
あれほど激しかった痛みが、
ピタリと治まったではありませんか。

その後2~3回続けて、下痢状の便が出ました。
このときに痛みはなく、
悪いものが体から出ていく爽快感さえありました。

ちなみに、梅肉エキスをとる前、
娘が帰宅して私の苦しむ様子を目の当たりにしました。

そのときやはり「お母さんはこのまま死んでしまうのではないか」と思ったそうです。

それほど激しかった症状がこんなにスッと治まるなんて。
梅肉エキスはやはりすごい、と思い知らされました。

以来、梅肉エキスは、私にとって命の次に大切な、
絶対に手放せないものとなりました。

自分でも作るようになり孫にもなめさせている

60歳のときには平田真知子先生が主催する「薬草の会」に入り、
梅肉エキスを自分で作るようになったのです。

作るときは、娘や友人の家に生えている梅の木からとれた青梅を分けてもらいます。

それらで一度にたくさんの量を作り、
娘や友人におすそ分けして、喜んでもらっています。

私自身は毎夕食後、はしの先で梅肉エキスをとり、なめるのが習慣となっています。

さらに、食べすぎたときや外食したときにも梅肉エキスをなめます。
これで胃もたれしません。

そうやって習慣的に梅肉エキスをとっているからでしょう。
私は40年間、カゼ知らずです。
予防接種はしていませんが、
インフルエンザにかかったこともありません。

先月は、年に1度の健康診断がありましたが
「内臓は100%元気です」と医師から太鼓判を押されるほど。
血液検査も引っかかったことはありません。

72歳となった今も週のうち2日はバレーボール、
2日はグラウンドゴルフやボランティア活動にと飛び回っています。

運動をした日は疲れぎみですが、翌日には疲れがスッキリ取れています。
梅肉エキスには疲労回復効果があるそうなので、
そのおかげだと思っています。

私だけでなく、梅肉エキスを分けてあげた娘一家や友人たちも、
効果を実感しています。

例えば、私には孫が4人いますが、
カゼやインフルエンザとは無縁で過ごしています。
幼稚園や学校ではインフルエンザが大流行することもあります。

そんな中、4人とも元気というのはすごいことではないでしょうか。

今も試験や部活の試合など、絶対に休めない重要な予定の前には、
おまじないのように梅肉エキスを自分からなめています。

梅肉エキスをおすそ分けした友人たちもみな
「二日酔いがあっという間にらくになって調子もよくなった」
「カゼをひかなくなった」と、その効果に驚いています。

今後も梅肉エキスを大切な人におすそ分けして、
すばらしさを伝えていきたいと思います。

お孫さんも元気でカゼとは無縁!

「梅肉エキス」の作り方

症状が重いときは多めの量をとって正解(薬草コンサルタント 平田真知子)

「ワライタケ」を食べてしまい、
吐いたり下したりして苦しんでいる様子は、あたかも笑っているように見えるそうですが、
おそらくカキにあたると、そういったひどい苦しみなのかもしれません。

江崎さんは、そういった苦しみの最中、
通常の量よりもはるかに多い量の梅肉エキスを飲んだということに感心しました。

命を保持するためには、そのくらいの量を飲むのが必要だったと思われます。
でなければ、救急車を呼ぶ騒ぎになっていたことでしょう。

「カゼは万病の元」と言いますすが、
逆に言うと、カゼもひかないのは、万病を寄せつけないということ。
「内臓は100%元気です」とは、このことを表しているといえるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食中毒

関連する投稿


胃腸の調子を整える「梅肉エキス」で私は虚弱体質を克服!風邪に負けない体になった

胃腸の調子を整える「梅肉エキス」で私は虚弱体質を克服!風邪に負けない体になった

病弱だった私のために、母が作ってくれていたのが「梅肉エキス」です。ジューサーなど、便利な道具がない時代です。母は青梅を一つ一つおろし金ですりおろし、布巾でこして煮詰めて……と、大変な手間と時間をかけてくれていました。自分で作るようになったのが20年前です。【体験談】(花田芙癸子・主婦・82歳)


お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果が研究で判明!

O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果が研究で判明!

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【梅干しの健康効果】言い伝え 「食あたりを防ぐ」を大学准教授が検証

【梅干しの健康効果】言い伝え 「食あたりを防ぐ」を大学准教授が検証

梅干しの効能については、先人の経験に基づいたさまざまな言い伝えがありますが、医学的にはほとんど証明されていませんでした。そこで協力者を募って、梅の生産者、梅の加工業者、国内外の大学の研究者、みなべ町役場でチームを作り、産官学一体となって、梅の効能研究をスタートさせたのです。【解説】宇都宮洋才(和歌山県立医科大学准教授)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)