MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)

「温めた梅干しが頭痛に効く?」わらをも掴む思いで試してみた

私は、小学生の頃からの頭痛持ちです。

ズキンズキンと刺すような激痛が走ることもあり、
テレビや周囲の音に反応して、吐き気を伴うこともあります。

そんなときは、何もできず、起き上がることさえできませんでした。

そんな状態でしたから、10代の頃から病院に通い続け、
頭痛薬をもらって、なんとかやり過ごす日々を送っていました。

とはいえ、薬を飲んでも鈍い痛みは続き、
薬の作用が切れると、途端に痛みが激しくなります。

20歳を越えた頃には、頭痛がどんどんひどくなっていき、
毎日、頭が締めつけられるような痛みに悩まされるようになりました。

「このまま一生、頭痛とつきあっていかなければならないのか」と、
不安な毎日を送っていた2年ほど前のことです。

偶然放映していたテレビで、
「温めた梅干しを食べると頭痛がなくなる」という番組を見かけました。

その方法は簡単で、
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、
500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」というものでした。

どんな梅干しでもいいし、
一度に何日か分をまとめて温めておいてもよいそうなのです。

そのときは、温めた梅干しで、
頭痛が治るはずはないと疑っていたので、試すことはありませんでした。

頭痛薬よりも効果があった!

ですが、今年の初め、頭が割れるような痛みが続き
「なんでもいいから、この痛みから逃れるすべはないものか」
と思い、ふと、梅干しのことを思い出したのです。

半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、
実家から送られた梅干しを、電子レンジで温めて食べてみることにしました。

まずは2日分として、梅干しを6個、
電子レンジにかけて、食前に1個ずつ食べてみました。
すると、翌日から、なんとなく痛みが薄らいでいるような気がしたのです。

そのまましばらく食べ続けると、
2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。

まさか、温めた梅干しを食べるだけで、
長年悩まされてきた頭痛と別れられるとは、思ってもみませんでしたから、
その驚きは口では言い表せません。

ましてや、冷蔵庫に入っていた梅干しが、
温めるだけで頭痛薬以上の効果を発揮してくれたとは、
奇跡としか思えませんでした。

それからは毎食1個ずつ、温めた梅干しを食べ続けました。

パートの仕事があるときも、
お弁当と一緒に梅干しを持参して食前に食べるようにしました。

梅干しを食べ始めてから4ヵ月たつ今では、
頭痛が一切ありません。

頭痛薬も飲んでいませんし、
通院することもなくなりました。

お通じがよくなり3kg減、吹き出物も消えた

この梅干しで変化があったのは、
頭痛だけではありませんでした。

以前は、2日に1回だったお通じが、
梅干しを食べるようになって、
毎朝、バナナのようないい便が出るようになったのです。

また、食べ始める前は、62㎏だった体重が、
2週間で59㎏になり、3㎏もやせることができました(身長は156㎝)。

おかげで、おなか周りがスッキリして、
今まではいていたパンツはゆるくなってしまいました。

さらに、肌荒れがひどくて、顔には吹き出物が出ていたのですが、
梅干しを食べてから3週間くらいでなくなり、ツルツルのお肌に変わりました。

梅干しのおかげで、生活のすべてが激変しました。
これまでは頭痛をがまんしながら、パートの仕事をこなしていましたが、
頭痛がなくなり、仕事もらくになりました。おかげで、性格も明るくなったような気がします。

なにより、頭痛薬を飲む必要がなくなったことは、
いちばんの喜びで、本当に梅干しに救われたと思っています。

これからも、梅干しを食べ続けようと思っています。

おなか周りがスッキリし今までのパンツがゆるゆる!

血流と血液の質を高め頭痛の改善に役立つ(みうらクリニック院長 三浦直樹)

頭痛の原因の一つに、
血流の悪化と血液の質の低下が考えられます。

梅には、体液を酸性から弱アルカリ性にして、
血液の質をよくする働きがあります。
これにより血流がよくなり、頭痛が改善したのでしょう。

また、梅は胃腸に働きかけ、
悪玉菌を抑制して腸内環境をよくするともいわれているので、
便通がよくなったのも納得です。

便秘の解消も、やはり血液の質をよくすることにつながります。
肌がきれいになったのは、血液がきれいになった証拠。

血液の状態がよくなれば、いろんな相乗効果が得られるのです。

頭痛をぶり返さないためにも、
常に血液の質と血流をよくしておくことを心がけてくだい。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
私は高校生のころから、頭痛に悩まされるようになりました。やたらと生あくびが出ると思ったら、それが頭痛の起こる前兆です。しばらくすると、頭がズキズキと痛みだします。吐き気も伴い、ひどいときには、実際に吐いてしまうこともありました。【体験談】田中涼子(仮名・31歳・歯科衛生士)
更新: 2018-09-11 15:27:26
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt