医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

押しもみ危険!【首のこり】つらい症状は意外な場所「肋骨」をほぐせば良い

押しもみ危険!【首のこり】つらい症状は意外な場所「肋骨」をほぐせば良い

首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


もんだり押したりするのは逆効果

 首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。
 首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。

 首の上には、重い頭があります。頭を支えている首が、胴体と連動して動いている場合は、首にそれほどの負担はかかりません。
 しかし、首だけで上下左右を見たり振り返ったりすることが続くと、頭を支えている首への負担は相当なものになります。次第に、こりや痛みが出てくるのも当然といえるでしょう。

 では、なぜ首だけを動かすようになるのでしょうか。それは、肋骨の動きが悪くなり、固まったような状態になっているからです。
 そこで、今回ご紹介するのが、固まった肋骨の動きをほぐして首の負担を減らし、首の痛みやこりを解消する「肋骨ほぐし」です。

 肋骨ほぐしは、胴体を伸ばしたりひねったりすることで、硬くなった肋骨の動きをほぐす体操です。試しに、写真のように動いてみてください。肋骨のどの部分が硬くなっているのかが、これでわかります。
 例えば、首を右に倒しにくい場合は、肋骨の左わきが硬く伸びづらくなっています。右に向きにくければ、肋骨の左側全体が硬く、後ろに倒しにくい場合は、肋骨の前面が硬いということになります。

肋骨の動きが悪くなると首だけを動かすので、こりや痛みが出る

首の状態を確認するやり方

行った直後から 首の可動域が広がる

 肋骨ほぐしのやり方は以下のとおりです。

●基本姿勢のポイント
 立った姿勢でも、座った姿勢でも行えます。両手を頭の後ろで組み、胸を張ったら、両ひじを軽く寄せます。ひじをゆるめたままだと、効果が得られないので注意しましょう。

●肋骨ほぐしのポイント
 肋骨ほぐしは、次の三つの動きを行います。

①上体を左右に倒す
 左右の肋骨の柔軟性を取り戻す
②上体を左右にひねる
 背中全体や背骨の柔軟性を取り戻す
③上体を後ろに軽く反らす
 おなかの柔軟性を取り戻す

 効かせたい部位がはっきりと決まっているので、そこが引き伸ばされていることを意識しながら行いましょう。
 肋骨ほぐしを行う前後に、写真のようにして首の状態を確認する動作を行ってみてください。肋骨ほぐしを行った後は、首の可動域が広がり、動かしやすくなっているはずです。
 ただし、首のこりがあまりにひどい場合は、やり過ぎに注意してください。

 お勧めは、朝晩1日2回行うことです。特に、パソコンやスマートフォンを多用する人は体幹が硬くなりがちですから、その都度行うといいでしょう。
 首のこりや痛みのほか、肋骨ほぐしは、肩こりや腰痛の予防や改善にも有効です。また、加齢によって衰えた胴体の動きがよくなるので、若返り効果も期待できます
 1回につき3分ほどで行えますから、生活習慣の一つとしてぜひ取り組んでみてください。

肋骨ほぐしのやり方

「肋骨ほぐし」の体験談はこちら

解説者のプロフィール

浜田貫太郎
整体師。石川県生まれ。
整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論「整体操法」を伝える整体協会(社)へ入門。
同協会に8年在籍後、独立。施術のほか、各種講座を開催して、整体の普及に努める。
著書に『整体操法入門』(たにぐち書店)がある。

●自由が丘 浜田整体
http://seitai.iiyudana.net/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


首こり

関連する投稿


高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


原因不明のめまい・耳鳴りの対処法 簡単にできる「首ほぐし」のやり方

原因不明のめまい・耳鳴りの対処法 簡単にできる「首ほぐし」のやり方

胸鎖乳突筋をはじめとする首の筋肉が、カチコチにかたくなると、リンパ液の流れが悪くなります。リンパ液の流れが悪くなると、内耳の中に溜まってしまい、むくみが生じます。内耳がむくんで起こる代表的な病気が、メニエール病であり、「内リンパ水腫」ともいいます。【解説】古賀直樹(中野坂上治療院院長)


頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭をほぐすセルフケアで血圧が下がった!疲労感が取れて熟睡できる

頭皮セラピーを受けるのは月に1回程度なので、受けてしばらくするとまた疲れがたまり、寝つきが悪くなることがありました。そこで、自分でもケアできる「頭のもみほぐし」を教えてもらい、毎日寝る前にするようにしました。首筋の張りや肩こりがだいぶ楽になりますし、疲れがたまりにくくなります。【体験談】彦坂淑子(仮名・主婦・82歳)


【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

私は、「骨格は筋肉に支えられている」という考えに立ち、人さし指1本で体のコリをほぐす「一指法整体」を行っています。主に人さし指をツボやこっている部分に軽く押し当て、ぐるぐると動かします。ぐるぐると動かすので、「ぐるぐる整体」とも呼んでいます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋院長)


鎮痛剤が効かない!原因は神経の誤作動 痛みを取る「耳さすり」のやり方

鎮痛剤が効かない!原因は神経の誤作動 痛みを取る「耳さすり」のやり方

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)