MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
視力が向上!老眼とも無縁!私の「まぶたつまみ」体験談

視力が向上!老眼とも無縁!私の「まぶたつまみ」体験談

ある日、いつものように食事をしたあと、なにげなく新聞を読んでいました。しかし、その最中に、老眼鏡を忘れていたことに気づいたのです。私は、「自分が老眼鏡なしで、何不自由なく新聞を読んでいる」事実に驚きました。これも、まぶたつまみのおかげなのは間違いありません。【体験談】中井宏二(神奈川県・76歳・自営業)

不安があった夜の運転もよく見える!

去年の秋、私は運転免許の書き換えを1ヵ月後に控えていました。
しだいに視力が落ちていると感じていたので、「両目で0.7以上」という基準をクリアできるか不安でした。

そんなとき、たまたま『壮快』で、整膚の「まぶたつまみ」の記事を読んだのです。
視力の向上にいいというので、試してみることにしました。
毎日2回、まぶたつまみを行いました。

すると、0.7を楽々クリアできたのです!
もっと見えそうでしたが、残念なことに、それ以上の視力は調べてもらえませんでした。
そこで、後日メガネ店で測ると、左右とも、0.9の視力がありました。
ほかに視力をアップさせることはしていないので、まぶたつまみのおかげだと思っています。

まぶたつまみには、ほかの効能もありました。老眼の解消です。
私は毎朝、散歩をしてファミリーレストランで朝食をとるのが習慣です。
このとき、店にある新聞を読むのですが、その際も老眼鏡を使います。

ある日、いつものように食事をしたあと、なにげなく新聞を読んでいました。
しかし、その最中に、老眼鏡を忘れていたことに気づいたのです。
私は、「自分が老眼鏡なしで、何不自由なく新聞を読んでいる」事実に驚きました。
これも、まぶたつまみのおかげなのは間違いありません。
そろそろ、老眼鏡を作り直さなければいけないと思っていたので、うれしい驚きでした。

私は、夜間に車を運転する機会がたびたびあります。
以前は、老眼のため夜の運転には不安がありました。
しかし、まぶたつまみで老眼がよくなってからは、周辺が暗いときに運転していても、よく見えるのでなんの心配もいりません。

同年代の友人や知人に聞いてみても、ほとんど全員が近視や老眼でメガネをかけています。
裸眼で1.0近い視力があり、老眼もなしというのは、私だけ。

友人からは、「どうして、メガネをかけないんだ?」と不思議がられています。

「まぶたつまみ」のやり方

かすみ目が完全に消失!白内障予防に期待大!

また、まぶたつまみは、白内障の予防にも役立つと感じています。

私は、まだ白内障になっていませんが、近年、多少怪しい兆候が出ていました。
朝起きたときや、体調の悪いときに、目がかすむことがあるのです。
これは、白内障の前兆なのかもしれません。

しかし、まぶたつまみを始めてからは、目がかすむことがすっかりなくなっています。
だからこそ、これからもきちんと続けていけば、白内障の症状を防ぐことに役立つと思います。

ちょっとしたきっかけで、気軽に試し始めたまぶたつまみですが、こんなにも効果が発揮されるとは思ってもみませんでした。
最近は、友人や知人、妻にも、まぶたつまみを勧めています。

毛様体筋をほぐして近視・老眼を改善(世界整膚連盟整膚美容師会会長 蔡 晶)

ある部分の血流を改善させるためには、皮膚をつまんで引っ張ればよいというのが「整膚」の基本的な考え方です。
整膚は、整膚学園学長の徐 堅先生が考案した刺激法です。

整膚のまぶたつまみは、目を傷つけることなく、安全に刺激を加えて周辺の血流を改善します。
その結果、ピント調整を行っている毛様体筋のこわばりがほぐれ、視力アップや老眼の予防・改善につながっていくでしょう。

また、パソコンやスマートフォンの画面を凝視すると、必然的にまばたきの回数が減って目が乾き、ドライアイに悩まされることになります。
まぶたつまみは、ドライアイの予防・改善にも大いに役立ちます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt