MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

私は、青森県の特産品であるリンゴやニンニクの農園を運営するかたわら、鍼灸師として患者さんの治療に当たっています。指こすりは、左右の手の指を交互に組み合わせて、指の側面を刺激します。非常に簡単にできるうえに、老眼や眼精疲労、ドライアイなど、目のさまざまな症状を改善するのに役立ちます。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)

手指を通る経絡を刺激し目の機能をアップ!

私は、青森県の特産品であるリンゴやニンニクの農園を運営するかたわら、
鍼灸師として患者さんの治療に当たっています。

農家と治療家の二足のわらじをずっとはいているのです。

長い時間農作業をしていると、
肩や首などがひどくこってしまうことがあります。

こういした自らの不調は、
新しい健康法を考え出すきっかけにもなるのです。

私が考案する健康法は、東洋医学の考え方を反映しながらも、
独自のアイデアで生み出されたものばかり。

今回、皆さんにご紹介する「指こすり」も、オリジナルの健康法です。

その名のとおり、指こすりは、
左右の手の指を交互に組み合わせて、指の側面を刺激します。

非常に簡単にできるうえに、
老眼や眼精疲労、ドライアイなど、
目のさまざまな症状を改善するのに役立ちます。

もともと私は、目があまりよくありません。

幼いころ大きなケガをした後遺症で目が弱く、
左右とも視力は0.1程度しかありませんでした。

年を取ってからは、老眼にも悩まされるようになっています。

私は、これ以上目を悪くしたくないと考え、
いろいろな方法を試してきました。

その際に着目したのが手の指です。
手の指になんらかの刺激を与えることで、
目の機能を回復することができるのではないかと考えたのです。

指こすりで得られる2つの効果

指こすりを行うと、主に二つの効果が得られます。

❶気の流れをよくする
❷血流を改善する

東洋医学的には、手を刺激することは、
生命エネルギーの一種である「気」の流れをよくすることができます。

それは、手の指には、気の通り道である「経絡」が集まっているからです。

手の甲側には、大腸経(人差し指)、三焦経(薬指)、小腸経(小指)、
手のひら側には、肺経(親指)、心包経(中指)、心経(小指)と、
多くの経絡が通っています。

指こすりを行うと、これらの経絡を効果的に刺激することができます。

その結果、6本の経絡の気の流れが活発になるので、
目のコンディションを非常によい状態に整えることができるのです。

1分間で全身が温まってくる

指と指をこすり合わせるという刺激は、
非常に大きな意味を持っています。

私たちのふだんの動きは、どうしてもパターン化され、
同じ動きをくり返していることが多いものです。

手の指にしても、関節を曲げる方向にしか動かしていません。

それぞれの指の側面は、ふだんは全くといっていいほど刺激を受けていないのです。

このため、指の側面どうしをこすり合わせると、
大きな反応を生み出すことができます。

まずは、指こすりを1分間試してみてください。

すると、指や手だけではなく、全身が温まってくるはずです。
指こすりの血流改善効果は、それくらい大きいのです。

指こすりのやり方

白内障や緑内障の予防にも役立つ

指こすりをすると、気の流れをよくする効果と、
血流を改善する効果が発揮されるので、
目の機能を高めて健康な状態を保つことができます。

気や血液の流れが滞り、目のコンディションが悪い状態が続けば、
白内障や緑内障など、重大な疾患の原因になります。

指こすりを日ごろから実践しておけば、
そうした病気の予防にも役立つでしょう。

実際に、パソコン作業による目の疲れが取れた人、
飛蚊症がよくなった人など、効果を実感される人はたくさんいます。

私自身、指こすりをするようになってから、すっかり目の状態がよくなりました。

おかげさまで、視力も落ちていませんし、
老眼鏡の出番も少なくなったと感じています。

忙しくて疲れがたまったとき、
体調が落ちて目の見え方が悪くなることがあります。

そんなときこそ、指こすりをすれば、たちまちもとどおりになるのです。

目への効果以外にも、肩こりが解消した人もいます。
また、指こすりは、脳を刺激して活性化することにもつながります。

指こすりを行うと、頭がスッキリして、気持ちまでクリアになるはずです。

解説者のプロフィール

和楽堂治療院院長
留目昌明(とどめ・まさあき)

●和楽堂治療院
青森県八戸市根城4-8-15
TEL 0178-43-4552
http://warakudo.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt