MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)

緑内障の患者は涙が蒸発しやすい!

 緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。

 今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。

緑内障のセルフケア

●目の温パック
 目の温パックは、緑内障の患者さんには、点眼薬とともに、宿題にしています。
 やり方は、40度前後に温めたぬれタオルをしぼって、閉じたまぶたの上に5分ほどのせるだけです。目の奥がジワーッと温かくなり、気持ちよく感じるはずです。

 ところで、涙は水分だと思っている人が多いようですが、実は油も混じっています。上下のまぶたの縁にあるマイボーム腺という器官から油が分泌され、目の表面に膜を張ります。水分だけではすぐに蒸発してしまいますが、油の層が表面にあるため、目は乾きにくいのです。

 しかし、目の周りの血流が悪いと、まぶたが冷えて、マイボーム腺から出る油が固まり、分泌されなくなります。
 特に、緑内障の患者さんの多くは、まぶたが冷えており、油が分泌されにくくなっています。目の表面を覆う油の層が薄く、涙が蒸発する傾向にあります。

すると、目に痛みが出たり、物が見えにくくなったり、頭痛が起こったりするのです。
 このように悪いコンディションが続くことは、緑内障を進行させることにもつながりかねません。
 目を温めると、マイボーム腺が開き、油の分泌が促され、涙の質が改善します。目の不快症状が消え、見えやすくなります。加えて、点眼薬の効果も高まります。薬が目にとどまって、吸収されやすくなるからです。

 目の温パックは、入浴中に行うといいでしょう。準備や手間も省け、気持ちよく目を温められます。パソコン作業や読書の合間なら、手のひらで温める方法がお勧めです。これは手のひらをこすり合わせて熱を発生させ、目に当てるだけですが、目が休まり疲労が取れます。

 目の温パックは、緑内障だけでなく眼精疲労やドライアイ、老眼、近視、白内障などにもお勧めです。

目の充血が消えてドライアイも改善

●口すぼめ呼吸
 口すぼめ呼吸は、口をすぼめてゆっくり細く息を吐く腹式呼吸の一種です。この呼吸を行うことで、自律神経の働きを整えることができます。

 自律神経は、私たちの意志とは無関係に、内臓や血管などをコントロールしている神経です。昼間の活動時に優位になる交感神経と、夜間の休息時に優位になる副交感神経の二つがあり、両者は拮抗し、バランスを取りながら働いています。

 しかし、現代人は、運動不足や睡眠不足、ストレスなどの影響で、交感神経が優位の状態が続き、自律神経のバランスがくずれています。交感神経が優位の状態では、涙の分泌量も減るのです。
 口すぼめ呼吸を行うことで、副交感神経優位へと導き、自律神経のバランスを取り戻す効果が期待できます。涙の分泌量も増えるので、目の健康を守るうえでも役立ちます。

 また、この呼吸により、リラックス効果が得られます。緑内障の発症原因の一つがストレスです。ストレスを緩和することで、緑内障の進行を防ぐのに役立ちます。

 さらに、口すぼめ呼吸を続けると全身の血流がアップし、今までよりたくさんの酸素を肺の中に取り込むことができるようになります。加齢が進めば、肺活量が減り、取り込む酸素の量も減ります。
 口すぼめ呼吸で血流を促し、目に新鮮な酸素をより多く届けるようにすると、目の良好なコンディションが維持できるのです。

「目の温パック」「口すぼめ呼吸」のやり方

(体験談)薬とセルフケアの併用でドライアイが改善

 体験例をご紹介しましょう。
 緑内障のAさん(60代・女性)は、目薬が染みる、目の充血がひどい、物が見えづらいという悩みがありました。これ以上薬も増やせないので、目の温パックや口すぼめ呼吸をお勧めし、実践してもらいました。
 1ヵ月で目薬が染みなくなり、3ヵ月で目の充血も消失。ドライアイが改善して物が見やすくなり、長時間の読書もできるようになりました。眼圧も低くなり、安定してきたのです。
 薬とセルフケアを併用することで、このように優れた効果が期待できます。ぜひ、皆さんも試してください。

解説者のプロフィール

平松類(ひらまつ・るい)
二本松眼科病院医師。
昭和大学医学部卒業。
昭和大学兼任講師。
彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長などを経て、2018年4月より現職。
新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどで、目の病気などの医療情報をわかりやすく解説。
著書に『「マス目」で気づく目の病気』(翔泳社)、『老眼のウソ』(時事通信社)など多数。

●二本松眼科病院
http://www.nihonmatsu.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt