見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


緑内障の患者は涙が蒸発しやすい!

 緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。

 今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。

緑内障のセルフケア

●目の温パック
 目の温パックは、緑内障の患者さんには、点眼薬とともに、宿題にしています。
 やり方は、40度前後に温めたぬれタオルをしぼって、閉じたまぶたの上に5分ほどのせるだけです。目の奥がジワーッと温かくなり、気持ちよく感じるはずです。

 ところで、涙は水分だと思っている人が多いようですが、実は油も混じっています。上下のまぶたの縁にあるマイボーム腺という器官から油が分泌され、目の表面に膜を張ります。水分だけではすぐに蒸発してしまいますが、油の層が表面にあるため、目は乾きにくいのです。

 しかし、目の周りの血流が悪いと、まぶたが冷えて、マイボーム腺から出る油が固まり、分泌されなくなります。
 特に、緑内障の患者さんの多くは、まぶたが冷えており、油が分泌されにくくなっています。目の表面を覆う油の層が薄く、涙が蒸発する傾向にあります。

すると、目に痛みが出たり、物が見えにくくなったり、頭痛が起こったりするのです。
 このように悪いコンディションが続くことは、緑内障を進行させることにもつながりかねません。
 目を温めると、マイボーム腺が開き、油の分泌が促され、涙の質が改善します。目の不快症状が消え、見えやすくなります。加えて、点眼薬の効果も高まります。薬が目にとどまって、吸収されやすくなるからです。

 目の温パックは、入浴中に行うといいでしょう。準備や手間も省け、気持ちよく目を温められます。パソコン作業や読書の合間なら、手のひらで温める方法がお勧めです。これは手のひらをこすり合わせて熱を発生させ、目に当てるだけですが、目が休まり疲労が取れます。

 目の温パックは、緑内障だけでなく眼精疲労やドライアイ、老眼、近視、白内障などにもお勧めです。

目の充血が消えてドライアイも改善

●口すぼめ呼吸
 口すぼめ呼吸は、口をすぼめてゆっくり細く息を吐く腹式呼吸の一種です。この呼吸を行うことで、自律神経の働きを整えることができます。

 自律神経は、私たちの意志とは無関係に、内臓や血管などをコントロールしている神経です。昼間の活動時に優位になる交感神経と、夜間の休息時に優位になる副交感神経の二つがあり、両者は拮抗し、バランスを取りながら働いています。

 しかし、現代人は、運動不足や睡眠不足、ストレスなどの影響で、交感神経が優位の状態が続き、自律神経のバランスがくずれています。交感神経が優位の状態では、涙の分泌量も減るのです。
 口すぼめ呼吸を行うことで、副交感神経優位へと導き、自律神経のバランスを取り戻す効果が期待できます。涙の分泌量も増えるので、目の健康を守るうえでも役立ちます。

 また、この呼吸により、リラックス効果が得られます。緑内障の発症原因の一つがストレスです。ストレスを緩和することで、緑内障の進行を防ぐのに役立ちます。

 さらに、口すぼめ呼吸を続けると全身の血流がアップし、今までよりたくさんの酸素を肺の中に取り込むことができるようになります。加齢が進めば、肺活量が減り、取り込む酸素の量も減ります。
 口すぼめ呼吸で血流を促し、目に新鮮な酸素をより多く届けるようにすると、目の良好なコンディションが維持できるのです。

(体験談)薬とセルフケアの併用でドライアイが改善

 体験例をご紹介しましょう。
 緑内障のAさん(60代・女性)は、目薬が染みる、目の充血がひどい、物が見えづらいという悩みがありました。これ以上薬も増やせないので、目の温パックや口すぼめ呼吸をお勧めし、実践してもらいました。
 1ヵ月で目薬が染みなくなり、3ヵ月で目の充血も消失。ドライアイが改善して物が見やすくなり、長時間の読書もできるようになりました。眼圧も低くなり、安定してきたのです。
 薬とセルフケアを併用することで、このように優れた効果が期待できます。ぜひ、皆さんも試してください。

平松類(ひらまつ・るい) 二本松眼科病院医師

昭和大学医学部卒業。
昭和大学兼任講師。
彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長などを経て、2018年4月より現職。
新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどで、目の病気などの医療情報をわかりやすく解説。
著書に『「マス目」で気づく目の病気』(翔泳社)、『老眼のウソ』(時事通信社)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


目を温める 白内障 緑内障

関連する投稿


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。痛みを感じる、などの部分が問題点です。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


最新の投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)