MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
緑内障を予防する食べ物は「ゆでキャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「ゆでキャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)

解説者のプロフィール

おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長
小栗章弘(おぐり・あきひろ)

●おぐり眼科名古屋院
愛知県名古屋市中区錦3-16-27栄パークサイドプレイス4F
TEL 052-265-7710
https://ogurikinshi.com/nagoya/
●おぐり眼科長浜院
滋賀県長浜市山階町451
TEL 0749-65-2377
https://ogurikinshi.com/nagahama/

キャベツを食べれば血液サラサラ!視界スッキリ!

「緑内障は防ぐことができない病気」は誤解である

私は「緑内障専門医」として、
多くの緑内障の患者さんを診てきました。

私がクリニックを開いた滋賀県長浜市は、
日本の中でも特に高齢化が進んだ地域といわれています。

ある日、外来で統計を取ったところ、
午前中の外来患者さん60人のうち、20人が緑内障の患者さんだったことがあります。

これは、いってみれば、近い将来の日本の縮図だといえるでしょう。
高齢化が進むことが避けられない以上、
緑内障の患者さんの数は、さらに増えていくのです。

緑内障という病気について、
「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、
それは完全な誤解です。

緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。

血液をサラサラにすれば緑内障は十分に予防可能

目という臓器は、全身の健康状態を忠実に映し出す鏡です。

眠っているとき以外、目は常に働いています。
そのため、血流が集中しやすいので、
全身を巡っている血液の状態を真っ先に反映するのです。

血液が、病気や老化の原因物質である活性酸素によってサビつく(酸化する)と、
細胞の新陳代謝に大きく影響します。

そして、全身で血液の酸化が進行すると、
血管は加齢とともに弾力を失い、どんどんかたくなります。

いわゆる、動脈硬化が進行するのです。
当然、眼球の血管もかたくなって、眼球の老化が早まります。

動脈硬化が進んだことに加え、
欧米風の食生活の影響などで血液がドロドロになります。

その結果、目の健康が阻害され、
緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性など、重大な目の疾患を引き起こすのです。

このため、目の病気を予防・改善するためには、
血液をサラサラにして、しなやかな血管を保つ食生活が重要です。

いくら目薬をさしたところで、
ドロドロの血液を放置したままでは、
緑内障をはじめとする目の病気を治せるはずがありません。

緑内障にお勧め食材は「キャベツ」などの葉物野菜

ここでは、特に緑内障にお悩みのかたにお勧めの食材を挙げましょう。

皆さんは、
「1日2回キャベツなどの葉物野菜を摂取すると、
緑内障の危険性が減少する」ことをご存じでしょうか。

これは、アメリカのハーバード大学の研究結果です。

近年、緑内障には、目の血流低下が関係しているというデータが
多く報告されています。

その点から、血管拡張作用を持つNO(一酸化窒素)が、
緑内障治療に役立つ可能性があると注目されているのです。

キャベツなどの葉物野菜に多く含まれる硝酸塩は、
体内でNOに変化します。

そこで、ハーバード大学の研究者が、
緑内障ではない人々の硝酸塩摂取量と、
その後の緑内障発症の関係を調べたのです。

対象となったのは
「40歳以上で、当初緑内障でなく、それ以降に眼科健診を受けていた人々」です。

該当したのが、女性6万3893人と、男性4万1094人。

大学では、
これらの人々の硝酸塩の摂取量と、緑内障の発症の関係を、
25年にわたって追跡調査したのです。

そもそも、緑内障には、いろいろな種類があります。

その一つが、原発開放隅角緑内障です。
これは、
眼球の中に含まれる水分の流れが悪くなる
→眼圧が上昇して視神経を圧迫する
→視野が狭くなったり、失明したりするという疾患です。

ハーバード大学の研究によると、
「1日に食事で葉物野菜を1.45食分以上とっている人は、
1日に0.31食分とっている人よりも、原発開放隅角緑内障になりにくい」
という結論が出ました。

この結果は、ほかの種類の緑内障にも当てはまると考えられています。

キャベツなどの葉物野菜を毎日多めにとることが、
血流をよくするNOを増やすことにつながります。
その結果、緑内障を予防する効果が大いに発揮されるのです。

ゆでることで有害な物質を除去できる

ただし、私としては、ここで一点注意しておきたいことがあります。

野菜を摂取する際、ぜひ留意したいのが、農薬と化学肥料の問題です。

日本の野菜の多くは、
残念ながら、大量の農薬と化学肥料が使われています。

せっかく目にいい影響を与える野菜を食べても、
農薬や化学肥料に含まれる有害物質まで摂取してはよくありません。

できれば、無農薬で栽培されたキャベツを食べるのが最適です。
とはいえ、なかなかそうもいかないでしょう。

そこで、できるだけ農薬や化学肥料の影響を減らす工夫が必要になります。

一つは、いうまでもなく野菜をよく洗うことです。

そして、もう一つは、生でとることは避け、
キャベツを湯がいたり、煮たりして食べることです。

これによって、葉の中に残留している有害物質の影響を少なくすることができます。

ちなみに、有効な硝酸塩は、
キャベツを加熱してもその機能を失うことはありません。

日ごろから、ゆでたキャベツを積極的に食べる。

ちょっとした習慣ですが、
緑内障を予防・改善するためには、大いに役立つでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt