MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【昆布酵母で体質改善】娘と私の重度の花粉症が軽快した!

【昆布酵母で体質改善】娘と私の重度の花粉症が軽快した!

東日本大震災のあと、多くのかたが放射能汚染の心配をされたと思います。私もその一人です。とりわけ、食べ物には気を遣いました。「家族に安全な物を食べさせたい」という思いから、主食にもなるパンを自分で作ろう、酵母も自家製にしたい、と思い立ちました。【体験談】森順子(仮名・46歳・パート勤務)

「鼻水が出ない」「鼻も詰まらない」

 東日本大震災のあと、多くのかたが放射能汚染の心配をされたと思います。私もその一人です。とりわけ、食べ物には気を遣いました。
「家族に安全な物を食べさせたい」という思いから、主食にもなるパンを自分で作ろう、酵母も自家製にしたい、と思い立ちました。ところが、私には、パンを膨らませる酵母の知識がありませんでした。

「酵母について、詳しく知るにはどうしたらいいのだろう」と思っていたときに、以前、テレビ番組で、ウエダ家さんが酵母について話していたのを思い出したのです。それで早速、ウエダ家さんの講座に通い始めました。

 講座では、パンのために自家製酵母を起こすだけではなく、発酵そのものについて深く学ぶことができました。
 自然界では、乳酸菌とが共生しているということも知り、「酵母を育てる」ではなく、「乳酸菌と酵母を育てる」という認識に変わりました。ウエダ家さんでは、乳酸菌と酵母を合わせてCOBOと呼んでいます。

 それ以来、コンブや果物、野菜などから乳酸菌と酵母を作り、日々の生活に取り入れています。
 乳酸菌と酵母は、私にさまざまな変化を与えてくれました。
 目に見えて明らかなのが、花粉症の改善です。
 私は20年以上、ひどいスギ花粉症に苦しんできました。アレルギーの血液検査をすると数値が高過ぎて、判定の枠からはみ出すほどでした。スギ花粉が飛散する2~4月にかけては、鼻、目、耳の中、のどの奥がかゆくて眠れません。

 また、目の縁の粘膜が赤く腫れ上がり、目がいつも充血していました。ひどい日は、鼻水が一日中流れ出るので、ゴミ箱を抱えて歩くほどでした。そんな日は頭痛も起こり、外出もままならなかったのです。それでも薬は極力飲みたくないので、花粉症に効果があるという薬草茶を飲んで、やり過ごしていました。

 そんな重度の花粉症が軽くなったことに気づいたのは、一昨年です。
 毎春、天気予報で花粉飛散のお知らせが始まるころには、「もうとっくに飛んでますよ」といいたいくらい、私の目や鼻は敏感に反応していました。
 ところが、一昨年の春は違いました。花粉の飛散情報をテレビで見たとき、「え? もう飛んでたの? 全然平気!」という状況だったのです。その後も、症状が全く出ないわけではありませんでしたが、かなり軽く済みました。

花粉症の症状が「ほぼない」ところまで体質改善

 そして、今年の春。なんと花粉症は、「ほぼない」といっていいくらい症状が出ていません。飛散予報が「すごく多い」という日でも、ちょっと鼻をすするくらいです。外出しても平気ですし、薬草茶も全く飲まなくなりました。
 16歳になる娘は、0歳のときからの花粉症で、副鼻腔炎も併発していました。黄色い粘度の高い鼻水が出て、春になると鼻が詰まって、ほんとうにつらそうでした。昨春、娘から「鼻水が出ないし、鼻も詰まらない」と聞いたときには、自分のこと以上にうれしく思いました。
 私も娘も、乳酸菌と酵母を取り入れることで、体質が改善したのだと思います。

花粉を気にせず外出できる!

ズボンが緩くなった!疲れにくくなった!

 果物や野菜には旬があるので、作れない時期があります。その点、コンブは乾物なので、一年中安定して作ることができます。そのため我が家では、「コンブ酵母」は、最も身近な存在になっています。

 基本のだしは、すべてコンブ酵母です。汁物や煮物はもちろん、カレーなどにも使います。海藻臭さはなく、旨みが濃いので、洋食にも中華にも合うのです。
 特に、野菜と組み合わせると、素材の力を引き出して甘みや旨みが強くなる気がします。一晩漬けただけのコンブだしと比べたことがありますが、違いは歴然でした。

 旨みの強い物を食べると、適量で満足感が得られるので、食べ過ぎることがありません。食材が自然に甘くなるので、料理に砂糖をほとんど使わなくなりました。
 その結果、気づいたら6㎏もやせていました。

 いつごろから体重が減り始めたのかは、わかりません。いつもはいているズボンが緩くなったので、体重を量ってみました。すると、もともと62㎏だった体重が6㎏も減って、56㎏になっていたのです(身長は162㎝)。どうりで体が軽いわけです。
 食習慣が変わったことで、疲れにくい体に変わり、毎日とても元気に過ごせるようになりました。ほんとうによかったと思っています。

過食が減り体内にため込んだ炎症が減少(やくも診療所院長 石井恵美)

 コンブ酵母で食材の旨みを引き出して食べると満足感が得られ、過食が減ったとのこと。ここに、森さんの体の変化をもたらすカギがあると思います。

 漢方では、体内に余剰の炎症があると、春にそれが体表や穴(目や鼻、耳、のどなど)に、熱の症状としてあふれるとされます。過食が減り、不要な物が自然に減っていったことで、長年ため込んでいた余剰の炎症の減少につながったのではないでしょうか。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
マイタケはビタミン類やミネラル、食物繊維に富み、特に亜鉛、ナイアシン、ビタミンDを多く含んでいます。特筆すべきはMDフラクションという成分で、免疫機能を調整し腫瘍の増殖を抑制する作用が際だって強力であることがわかっているのです。【解説】柴田佳一(柴田接骨院院長)
プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)
私は、バナナの研究を20年ほど続けています。調べてみると、バナナの有益な効果が次から次へと見つかったのです。食生活に上手にとり入れれば、ダイエットや血糖値の管理に役立つ食品なのです。「バナナ酢」は、バナナの健康効果に加えて、酢の健康効果も期待できるのです。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)