MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)

漬け酢は捨てずに調味料がわりに使用!

 我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。

 それまでキャベツの食べ方といえば、生のまま食べるか、炒める程度。そのくらいしか思いつきませんでした。ですから、初めて村上先生から酢キャベツを教えていただいたとき、「これは少し変わった食べ方だな」と関心を持ったのです。
 実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。
 教室で作り方を教えてもらってからは、定期的に自宅でも作ることにしました。我が家では、常備菜として冷蔵庫に保存してあります。

 一度に作る量は、いつもキャベツ1玉分、約1㎏ほどです。酢は米酢を、砂糖のかわりに人工甘味料を使っています。キャベツ自体に甘みがあるので、人工甘味料は少ししか入れません。だいたい、酢300㎖に対して10g程度でしょうか。
 この分量の酢と人工甘味料に塩小さじ2を合わせて火にかけ、一度煮立たせます。
 それを、せん切りにしたキャベツにかけ、お皿で重しをして、30分ほどおいてから食べています。残りは保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。それを毎日、息子と私の弟の3人で食べているのです。

村上先生の「酢キャベツ」の作り方は、↓の記事で詳しく紹介されています。

 酢キャベツはとてもおいしいので、キャベツ1玉分作っても1週間ももちません。そのくらい、家族全員が気に入っています。
 朝食と夕食のときには、必ず食卓に酢キャベツを出しておき、おのおのが好きなだけお皿に取って食べます。私は1食につき、小皿で2〜3皿くらいは食べているでしょうか。小腹がすいたときには、おやつがわりに食べることもあります。
 我が家ではよくカレーライスを作りますが、そのときのつけ合わせにもぴったりです。漬物のようにどんな料理にも合うので、とても重宝しています。

 酢キャベツの漬け酢も、捨てません。ほかの野菜を食べるときに調味料として使ったり、ドレッシングがわりにしたりするなど、いろいろな方法で活用しています。

降圧剤の影響による重度便秘が改善した

 このようにして、毎日酢キャベツを食べているおかげでしょうか。酢キャベツが我が家の定番になってからここ1年ほどは、家族3人とも体の調子がとても良好です。

 私が体調で特に変化を感じているのは、便通と血圧です。
 もともと、私は重度の便秘症でした。その原因は、服用していた降圧剤の影響です。
17年前に脳梗塞で入院したことがあり、そのときに、最大血圧が180㎜Hg、最小血圧が80㎜Hgに上がってしまい、退院後もずっと降圧剤を飲み続けなければなりませんでした(基準値は最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。

 その薬の影響によって、それ以来、便が出にくくなってしまったのです。
一度は脂汗が出るほどおなかが張って、車で病院に駆け込んだこともありました。

便秘薬は飲みたくなかったので、ヨーグルトを食べたり、ウォーキングなどの運動を心がけたりもしましたが、ずっと重度の便秘の状態が続いていたのです。

 村上先生の料理教室に通うようになって、便通はだいぶよくなっていたのですが、酢キャベツを食べ始めて1ヵ月もしないうちに、お通じの回数が明らかに増えました。1日3回、多いときは4回出るようになったのです。それも、トイレに行って座ったらスルッと出るので、とても快適です。おかげで、体も軽くなった気がして、ほんとうに助かっています。

 さらに、血圧にもいい影響がありました。
 血圧がみるみるうちに下がっていき、最大血圧が120㎜Hg、最小血圧が50㎜Hg台で安定するようになったのです。おかげで半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。降圧剤を飲まなくても、数値はそのままです。

弟と息子のズボンがゆるくなった!

 また、酢キャベツを食べるようになって1ヵ月ほどで、体重も2㎏ほど減りました(身長は150㎝)。
 その後も緩やかに体重は落ちていき、もともと60㎏あった体重が、今では55㎏しかありません。合計で5㎏も減ったのですから、ほんとうに驚きです。もちろん、特別な運動などはいっさいしていません。

 酢キャベツを食べていると、体がいつもポカポカして、寒さを感じにくくなった気がします。寒かった今年の冬も比較的薄着で過ごせて、暖房をつけたとしてもすぐに消していたほどです。
 いっしょに酢キャベツを食べている弟と息子は、ともに「ズボンがゆるくなった」といっています。酢キャベツは、もう私たち家族にとって、欠かせない健康食です。

「体も冷えなくなった」と竹下さん

腸内環境がよくなり血圧が大幅に降下(福岡女子大学客員教授 村上祥子)

 酢キャベツには、不溶性の食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、消化器官内で水分を含んでふくらみ、便の量を増やします。それが腸壁を刺激し、腸が収縮する、いわゆる蠕動運動を促して、便秘の解消につながるのです。
 また、腸内環境がよくなれば血流も改善します。それによって、大幅な血圧の降下につながったのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)
更新: 2018-11-16 12:00:00
コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類が豊富です。これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)
更新: 2018-10-23 10:31:45
生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)
更新: 2018-10-14 12:00:00
先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)
更新: 2018-10-13 12:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00