医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


漬け酢は捨てずに調味料がわりに使用!

 我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。

 それまでキャベツの食べ方といえば、生のまま食べるか、炒める程度。そのくらいしか思いつきませんでした。ですから、初めて村上先生から酢キャベツを教えていただいたとき、「これは少し変わった食べ方だな」と関心を持ったのです。
 実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。
 教室で作り方を教えてもらってからは、定期的に自宅でも作ることにしました。我が家では、常備菜として冷蔵庫に保存してあります。

 一度に作る量は、いつもキャベツ1玉分、約1㎏ほどです。酢は米酢を、砂糖のかわりに人工甘味料を使っています。キャベツ自体に甘みがあるので、人工甘味料は少ししか入れません。だいたい、酢300㎖に対して10g程度でしょうか。
 この分量の酢と人工甘味料に塩小さじ2を合わせて火にかけ、一度煮立たせます。
 それを、せん切りにしたキャベツにかけ、お皿で重しをして、30分ほどおいてから食べています。残りは保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。それを毎日、息子と私の弟の3人で食べているのです。

村上先生の「酢キャベツ」の作り方は、↓の記事で詳しく紹介されています。

→ムラカミ式「酢キャベツ」の作り方

 酢キャベツはとてもおいしいので、キャベツ1玉分作っても1週間ももちません。そのくらい、家族全員が気に入っています。
 朝食と夕食のときには、必ず食卓に酢キャベツを出しておき、おのおのが好きなだけお皿に取って食べます。私は1食につき、小皿で2〜3皿くらいは食べているでしょうか。小腹がすいたときには、おやつがわりに食べることもあります。
 我が家ではよくカレーライスを作りますが、そのときのつけ合わせにもぴったりです。漬物のようにどんな料理にも合うので、とても重宝しています。

 酢キャベツの漬け酢も、捨てません。ほかの野菜を食べるときに調味料として使ったり、ドレッシングがわりにしたりするなど、いろいろな方法で活用しています。

降圧剤の影響による重度便秘が改善した

 このようにして、毎日酢キャベツを食べているおかげでしょうか。酢キャベツが我が家の定番になってからここ1年ほどは、家族3人とも体の調子がとても良好です。

 私が体調で特に変化を感じているのは、便通と血圧です。
 もともと、私は重度の便秘症でした。その原因は、服用していた降圧剤の影響です。
17年前に脳梗塞で入院したことがあり、そのときに、最大血圧が180㎜Hg、最小血圧が80㎜Hgに上がってしまい、退院後もずっと降圧剤を飲み続けなければなりませんでした(基準値は最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。

 その薬の影響によって、それ以来、便が出にくくなってしまったのです。
一度は脂汗が出るほどおなかが張って、車で病院に駆け込んだこともありました。

便秘薬は飲みたくなかったので、ヨーグルトを食べたり、ウォーキングなどの運動を心がけたりもしましたが、ずっと重度の便秘の状態が続いていたのです。

 村上先生の料理教室に通うようになって、便通はだいぶよくなっていたのですが、酢キャベツを食べ始めて1ヵ月もしないうちに、お通じの回数が明らかに増えました。1日3回、多いときは4回出るようになったのです。それも、トイレに行って座ったらスルッと出るので、とても快適です。おかげで、体も軽くなった気がして、ほんとうに助かっています。

 さらに、血圧にもいい影響がありました。
 血圧がみるみるうちに下がっていき、最大血圧が120㎜Hg、最小血圧が50㎜Hg台で安定するようになったのです。おかげで半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。降圧剤を飲まなくても、数値はそのままです。

弟と息子のズボンがゆるくなった!

 また、酢キャベツを食べるようになって1ヵ月ほどで、体重も2㎏ほど減りました(身長は150㎝)。
 その後も緩やかに体重は落ちていき、もともと60㎏あった体重が、今では55㎏しかありません。合計で5㎏も減ったのですから、ほんとうに驚きです。もちろん、特別な運動などはいっさいしていません。

 酢キャベツを食べていると、体がいつもポカポカして、寒さを感じにくくなった気がします。寒かった今年の冬も比較的薄着で過ごせて、暖房をつけたとしてもすぐに消していたほどです。
 いっしょに酢キャベツを食べている弟と息子は、ともに「ズボンがゆるくなった」といっています。酢キャベツは、もう私たち家族にとって、欠かせない健康食です。

「体も冷えなくなった」と竹下さん

腸内環境がよくなり血圧が大幅に降下(福岡女子大学客員教授 村上祥子)

 酢キャベツには、不溶性の食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、消化器官内で水分を含んでふくらみ、便の量を増やします。それが腸壁を刺激し、腸が収縮する、いわゆる蠕動運動を促して、便秘の解消につながるのです。
 また、腸内環境がよくなれば血流も改善します。それによって、大幅な血圧の降下につながったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

気功を行えば、自然と腸が健康になります。私は「より即効的に便秘を改善する方法はないか」と、考えました。そして、25年にわたる気功研究の中で考案したのが、今回ご紹介する快便呼吸です。腹部のポイントを指先で押しながら呼吸をすることで、便意を促し、スムーズな排便が期待できます。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


更年期の高血圧を「バナナ酢」で改善! 3kgやせ、疲れ知らずの体になった

更年期の高血圧を「バナナ酢」で改善! 3kgやせ、疲れ知らずの体になった

大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)


毎朝スッキリ「酢キャベツ」で快便習慣をゲット! 痩せてベスト体重をキープ中

毎朝スッキリ「酢キャベツ」で快便習慣をゲット! 痩せてベスト体重をキープ中

酢キャベツを食べ続けて、毎朝、きちんとお通じがつくようになったのです。便通がいいと、やはり身も心もスッキリします。酢キャベツのおかげか、この1年間、体調全般が整っているように感じています。腰が痛かったり、ひざが痛かったりすることもなく、体はよく動きます。【体験談】山畑妙子(仮名・主婦・73歳)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)