医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

野菜が大好きな私は、ふだんから自家菜園でさまざまな野菜を手作りしています。そのおかげで、日ごろから野菜を多く摂取しているほうだと思います。しかし、キャベツは育てていないので、口にする機会があまりありませんでした。【体験談】岡山奈美子(仮名・78歳・主婦)


料理に加えるとほかの調味料がいらない

野菜が大好きな私は、ふだんから自家菜園でさまざまな野菜を手作りしています。
そのおかげで、日ごろから野菜を多く摂取しているほうだと思います。

しかし、キャベツは育てていないので、口にする機会があまりありませんでした。
体にいいことは知っていたものの、刻んで生で食べるか、炒めるくらいしか調理法が思いつかず、進んで購入することもなかったのです。

そのような私が、毎日キャベツを食べるようになったのは、村上祥子先生の料理教室がきっかけでした。

そこで手軽に作れるキャベツの常備菜として、「酢キャベツ」を教えていただいたのです。
「これは新しい食べ方だ」と思った私は、自宅でも早速、酢キャベツを作って食べることにしました。

作り方は、とても簡単です。
まず、酢と砂糖と塩を煮立たせます。
それを、せん切りにしたキャベツに回しかけます。
常温まで冷めたら瓶に移し、冷蔵庫に入れて翌日から食べ始めます。

村上先生の酢キャベツの作り方は↓の記事で詳しく紹介されています。

→「酢キャベツ」の作り方

村上先生に教わったレシピでは、キャベツを500g使用します。
量ってみるとキャベツ1玉が約1㎏だったので、私は一度に1玉分のキャベツを、二つの容器に分けて作るようにしました。
ちなみに、酢はいつも米酢を使っています。

我が家では朝昼晩の食事のときに、必ず酢キャベツを食卓に出し、夫と2人で食べるようになりました。
食べにくさはなく、食わず嫌いが多い夫も、酢キャベツはおいしいといってもりもり食べています。

そのまま食べるのはもちろんのこと、おかずに添えたり、水菜やサニーレタスなど自家製の野菜と和えてサラダにしたり、大根おろしにチリメンジャコと酢キャベツを加えたりすることもあります。
いろいろな料理に加えることでバリエーションが広がるので、現在まで毎日飽きずに食べ続けることができています。

また、酢キャベツを調味料として料理に加えると、塩やしょうゆなどは必要ありません。
酢キャベツの塩気と甘み、酸味のおかげで、それだけで十分おいしくなるのです。

1食につき、平均するとだいたい大さじ3杯ずつくらいは酢キャベツを食べるでしょうか。
1回作ると、1玉分のキャベツが、約1週間でなくなります。

しっかり食べてもうれしいことに太らない

酢キャベツを食べ始めて変わったことといえば、体重が落ちたことです。
もともと53㎏だった体重は、1ヵ月で自然に2㎏減り、51㎏になりました(身長149㎝)。
もちろん、以前と生活習慣は変わらず、特別な運動などはしていません。

2㎏以上は減りませんが、増えることもありません。
今までは少し食べ過ぎると、すぐに1㎏くらい増えていたのに、酢キャベツを食べていると、不思議なことに体重は51㎏のまま安定しているのです。
私は食べることが大好きなので、特に節制はしていません。
しっかり食べても太らないのは、うれしい限りです。
ちなみに、夫も体重が1㎏落ちたと喜んでいました。

酢キャベツの効果かどうかはわかりませんが、洋裁などの手仕事をする関係で以前はよく肩がこっていたのが、最近はそれもなくなりました。

肌の調子もよく、年齢のわりにシワが少ないほうだと思います。
人からは年相応に見られることはほとんどなく、年齢をいうと、たいていビックリされます。

酢キャベツを食べるようになってからは、毎日元気に過ごせて、それまで以上に健康に自信が持てるようになりました。
手軽に野菜がたくさんとれて健康づくりにも役立つので、今後は友人にも酢キャベツを勧めたいと思います。

シワが少なく若く見られる!

肌にハリや弾力をもたらしてシミを防ぐ(福岡女子大学客員教授 村上祥子)

キャベツに含まれる代表的な栄養成分の一つが、ビタミンCです。

ビタミンCは美容のビタミンと呼ばれるほど、美肌作用が満点。
コラーゲンの生成を促し、肌にハリや弾力をもたらしてくれます。

加えて、メラニン色素ができるのを防いでくれるので、シミができにくくなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)