MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢キャベツ体験談】高かった私の血圧と夫の血糖値が基準値で安定!

【酢キャベツ体験談】高かった私の血圧と夫の血糖値が基準値で安定!

私は、現在74歳。年齢も年齢なので、日々、健康管理には気をつけています。特に気になっているのは、血圧でしょうか。きっかけは、3年前に受けた健康診断です。最大血圧が150㎜Hg近くあり、基準値を上回っていました。【体験談】中西三枝子(74歳・主婦)

意識して摂りたい野菜。でも、メニューが似通いがち

私は、現在74歳。
年齢も年齢なので、日々、健康管理には気をつけています。

特に気になっているのは、血圧でしょうか。
きっかけは、3年前に受けた健康診断です。
最大血圧が150㎜Hg近くあり、基準値を上回っていました(基準値は最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。

私が血圧が高いのに対して、夫のほうは血糖値が高めです。
互いに医師から注意を受けて以来、それまで以上に夫婦で健康的な生活を心がけるようになりました。
私も夫も必要な薬は服用していますが、なるべく薬に頼らないようにしたいと思っています。

私は、健康の基本は食生活にあると思っています。
肉や魚はもちろん必要ですが、特に気をつけているのは、野菜をたくさんとること。
野菜は意識しないと、どうしても不足しがちになります。

毎日、野菜は必ず数種類とるようにしていますが、毎日のことなのでメニューが似通いがちになってしまうのが悩みでした。

「酢キャベツ」は日が経つほどに味に深みが出ておいしい

そんな折、以前から通っている村上祥子先生の料理教室で教えていただいたのが、「酢キャベツ」だったのです。

村上先生によると、栄養豊富なキャベツに酢の作用が加わることで、優れた健康効果が期待できるとのこと。
先生の話を聞いて、血圧と血糖値のコントロールにもいいかもしれない、と期待を抱きました。

そして、なによりとてもおいしかったことも魅力です。
酸味とほどよい甘みが感じられ、これなら毎日の常備菜にちょうどいいかもしれない、と思いました。

すっかり酢キャベツが気に入った私は、早速、自宅で酢キャベツを作ることにしたのです。

私の酢キャベツの作り方は、基本的に村上先生のレシピどおりです。

キャベツを500g、玄米酢を150㎖、塩を小さじ1、そして私は砂糖のかわりに人工甘味料を20g使います。

容器に入れて一晩寝かせてから食べるのですが、日が経つほどに味に深みが出ておいしくなります。
だいたい、私と夫で10日ほどで食べ切っているのではないでしょうか。

血圧・血糖値の数値が安定!毎朝のラジオ体操で体の軽さを実感している

酢キャベツを食べるのは、主に朝食時です。
ご飯やみそ汁、漬物、のりといったメニューとともに、小皿1杯程度の酢キャベツを食べています。

夕食のおかずが少ないときは、酢キャベツを一品加えることもあります。
酢キャベツはそのままでも十分おいしいので、それ以上特に手を加えることはありません。

私の血圧と夫の血糖値は、食事に気をつけるようになってから、徐々に下がって2人とも基準値内に落ち着くようになりました。
夫婦ともに健康に過ごせているのは、酢キャベツも一役買ってくれているにちがいありません。

私たちは、朝は必ず2人揃ってテレビの前でNHKのラジオ体操を行うことを日課としています。
酢キャベツを食べるようになってからは、今まで以上に体が軽くて動きやすくなったような気がします。

以前は季節の変わり目になると、すぐに鼻がグズグズし、鼻水が止まらなかったものです。
しかし、最近はすこぶる体調がよく、カゼひとつひきません。

いろいろなおけいこ事にも日々通って、夫婦ともども毎日楽しく過ごせています。
これからも健康維持のために、酢キャベツを毎日食べ続けようと思っています。

「カゼひとつひかない」と中西さん

血流がよくなることで血圧が安定する(福岡女子大学客員教授 村上祥子)

酢キャベツには、代謝を高めて、体温を上昇させる働きがあります。

体温が上がれば、全身を循環する血液の流れがよくなります。
血圧の安定には、血流の改善は欠かせません。
中西さんの血圧の安定に、酢キャベツは一助となっているでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-23 10:04:13
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
更新: 2019-05-09 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt