MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

私はアーユルヴェーダの専門医です。アーユルヴェーダでは、すべての人は、「ヴァータ(活動)」「ピッタ(燃焼)」「カパ(滋養)」と呼ばれる三つのエネルギーが備わっていると考えられています。「へそさすり」は、3種のエネルギーのうち、特にヴァータを整える効果が期待できます。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)

「へそさすり」はヴァータを整える効果がある

私は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの専門医です。
アーユルヴェーダでは、すべての人は、「ヴァータ(活動)」「ピッタ(燃焼)」「カパ(滋養)」と呼ばれる、三つのエネルギーが備わっていると考えられています。
そして、この三つのエネルギーのバランスが、その人の健康に影響を及ぼすのです。

今回ご紹介する「へそさすり」は、3種のエネルギーのうち、特にヴァータを整える効果が期待できます。

現代人はエネルギーバランスが乱れている!

ヴァータは、風のような性質を持ったエネルギーで、体内での運搬や排出、吸収などの機能をコントロールしています。
一言にヴァータといっても、頭から下へ向かうもの、全身をくまなく循環するものなど、さまざまです。
動き方によって、名称や役割が異なります。

例えば、胸から上へと向かうエネルギーは、「ウダーナヴァータ」と呼ばれます。
呼吸や活気など、心身が活発に働くときに優勢になるエネルギーです。

一方、胸から下へと向かうエネルギーは、「アパーナヴァータ」と呼ばれます。
休息時に優勢になり、大腸や泌尿器、女性器系に関係しています。

この二つのエネルギーの働きは、西洋医学でいう自律神経(意志とは関係なく血管や内臓を働かせる神経)に似ています。
ウダーナヴァータは、体が活発になるときに働く交感神経に、アパーナヴァータは、体がリラックスしたときに働く副交感神経に対応します。

ウダーナヴァータとアパーナヴァータは、1対1のエネルギーバランスが理想です。

しかし、現代人は、日々のストレスや寝不足などが原因で、このバランスが乱れています。
心身をリラックスさせる時間が少ないため、交感神経に対応するウダーナヴァータが優勢になっている人が、圧倒的に多いのです。

ウダーナヴァータが強過ぎると、便秘や下痢、頻尿、下半身の冷え、肩や首のコリ、動悸、血行不良といった症状が起こりやすくなります。
特に女性の場合は、月経不順などの婦人科系の症状にもつながるので要注意です。

そこで、へそさすりです。おなかをさすることで、弱まったアパーナヴァータの力が増し、理想的なエネルギーバランスに整いやすくなるのです。

アーユルヴェーダの「へそさすり」

ぬるま湯で半身浴をしながら行うのがお勧め

では、アーユルヴェータの観点から、へそさすりを行うときの注意点をご説明しましょう。

へそさすりは、リラックスした状態で行ってください。
40度未満のぬるま湯で、ゆっくりと半身浴をしながら行うのがお勧めです。
もちろん、部屋であおむけになった状態で行ってもかまいません。

盲腸(右下腹部)の辺りを起点にして、時計回りに腹部全体を、大きくゆっくりとさすります。
手のひら全体を使って、優しくなでていきましょう。
強く押したり、もんだりするのは厳禁です。

白ゴマ油でマッサージすると効果がアップ!

へそさすりの効果をさらに高めたい人は、マッサージオイルとして白ゴマ油を利用するといいでしょう。
生のまましぼった白ゴマ油は、アーユルヴェーダでは、ヴァータの乱れを整える力があるとされています。

白ゴマ油は、「太白ゴマ油」という名前で、スーパーなどで手軽に入手できます。
購入したままの状態でも使えますが、鍋に入れて100度まで加熱し、それを冷ましてから使用してください。
人肌程度の物を塗るとおなかが温まり、より効果的です。

このひと手間を加えるだけで、ヴァータを整える作用がパワーアップし、白ゴマ油が最強のマッサージオイルに変わります。

みずおちをさする際は、おなかよりも優しくさするよう、くれぐれも注意してください。
アーユルヴェーダでは、みずおちは、意識と肉体の接合点であり、心の安定をもたらす場所です。
そのため、みずおちを強く触れると、精神が乱れると考えられています。

へそさすりは、ヴァータが乱れやすい午後2時から6時の間に行うといいでしょう。
1回5分が目安です。
もちろん、時間があれば何回行ってもかまいません。

白ゴマ油を塗ればさらに効果アップ!

自律神経の乱れも整う

忙しい人は、時間が空いたときに、服の上からへそさすりをするだけでも効果的です。
腸の蠕動運動(便を送り出す運動)を促す刺激になるので、便秘の人には特にお勧めです。

へそさすりでヴァータのバランスが整えば、前述した症状の改善はもちろん、自律神経の乱れもよくなり、さまざまな好影響が現れます。
ぜひ皆さんもお試しください。

解説者のプロフィール

蓮村誠(はすむら・まこと)
●マハリシ南青山プライムクリニック
東京都港区南青山1-15-2
TEL 03-5414-7555
http://www.hoyurishikai.com/

マハリシ南青山プライムクリニック院長。医学博士。
マハリシ・アーユルヴェーダ認定医。東京慈恵会医科大学卒業。
診療のかたわら、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」医療の普及に努めるべく、全国での講演活動や執筆活動に当たっている。
近著に『かんたん毒出し健康法』(洋泉社)がある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00