医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【名医のTHE太鼓判】モヤモヤ血管が肩こりの真原因!簡単な治し方とは

【名医のTHE太鼓判】モヤモヤ血管が肩こりの真原因!簡単な治し方とは

「長引く肩こり」「ひどい肩こり」に悩んでいませんか。整形外科に行くと「レントゲンで見ても異常ありません」と言われ湿布を出されるだけ、という声も聞きます。実は、その長引く痛みの原因のほとんどが、もやもや血管(=不要な血管)にあるのです。病院での治療法と、自分で治す方法を紹介します。【解説】奥野祐次(オクノクリニック院長)


慢性肩こりの原因は、実はモヤモヤ血管が原因だった…

モヤモヤ血管とは 不要な病的血管のこと

モヤモヤ血管とは、不自然に増殖した異常な血管のこと(オクノクリニック運営・モヤモヤ血管コラムより)

関節痛というと、ひざや腰、股関節の痛みが多いように感じますが、実は、首の痛みに悩むかたも少なくありません。
寝違えのように数日で治まればいいのですが、数ヵ月から数年続くケースも多いのが現状です。

整形外科にかかると、「レントゲンを撮っても異常ありません」といわれて湿布を出され、けっきょく症状は改善しないという声もよく聞きます。

実際には、骨が変形していても痛くないケースがあり、逆に骨に異常がなくても強い痛みを感じる場合もあります。ですから、レントゲン撮影だけでは、痛みの原因はわかりません。

多くの患者さんは、「原因不明の痛みが一生続くのでは」と不安な気持ちになっているでしょう。
しかし、私は、長引く痛みの原因のほとんどが「モヤモヤ血管(不要な血管)」にあることを発見し、論文にまとめました。その研究論文は、国内外のさまざまな医学雑誌に掲載されています。

モヤモヤ血管をへらすことで、長引く痛みの9割が改善ができます。私が病院で行っているのは、血管に管を入れるカテーテル治療や、注射による治療ですが、患者さんに、自分で痛みを軽減する方法も紹介しています。

それは、痛みを感じる患部を圧迫するという方法です。

モヤモヤ血管がある場所は、「押すと痛い」という性質があります。そこで、押して痛い場所を圧迫するのです。すると、一時的にモヤモヤ血管への血流が遮断されます。

モヤモヤ血管は、正常な血管よりも細くて弱いので、一時的に血流が途絶えるだけで、機能が停止します。また、継続して圧迫することで、モヤモヤ血管自体が消えることもあります。

モヤモヤ血管を自宅で治す方法とやり方

モヤモヤ血管を解消するセルフケア方法を説明しましょう。

後頭部から首にかけて、まんべんなく押していきます。押したときに、痛みがあるポイントを見つけてください。痛い場所は、1ヵ所とは限りません。

痛い場所を見つけたら、1ヵ所につき10秒以上、痛みを感じる程度の力で、ギューッと押し続けます。
押す時間が短かったり、もんでしまったりすると、モヤモヤ血管の血流を助長することになります。

必ず10秒以上、手を動かさずに、圧迫してください。痛みが悪化しないかぎり、1日何回行ってもかまいません。

モヤモヤ血管が痛みを引き起こす3つの理由

ここであらためて、モヤモヤ血管について少し詳しくお話ししましょう。

人間の体には、2種類の血管があります。
一つは、生命維持に役立つ正常な血管(生理的血管)、もう一つは病気を悪化させる病的な血管(病的血管)です。

生理的血管は、生まれつき備わっていて、心臓から体の末端まで整然と走っています。体の隅々まで酸素と栄養素を行き渡らせる、パイプ役です。

それに対し、病的血管は、絡まった糸のようにグチャグチャで、酸素や栄養素を運べません。こうした病的血管を、私は「モヤモヤ血管」と呼んでいます。

そして、このモヤモヤ血管こそ、痛みの原因なのです。

なぜモヤモヤ血管が、痛みを引き起こすのでしょうか。
理由は三つ考えられます。

(1)モヤモヤ血管が炎症を起こす細胞の供給路になる
炎症とは、組織が赤く腫れて熱を持つ状態で、症状として「痛み」が発症します。
炎症があるところには、必ずモヤモヤ血管があります。
モヤモヤ血管が、炎症細胞を呼び込み、そこから痛み物質が放出されるのです。

(2)モヤモヤ血管の周りに神経線維がふえる
体の基本ルールとして、血管ができると、血管に寄り添うように神経線維ができます。
モヤモヤ血管とともにふえてしまった神経から、痛みの信号が出ていると考えらます。

(3)無駄な血流がふえて、低酸素になってしまう
モヤモヤ血管は、栄養や酸素を届けるパイプとしての役目を果たしません。
そのため、モヤモヤ血管の周辺の細胞は、低酸素になります。低酸素状態では、乳酸などの物質が発生し、これが痛みの原因となるのです。

モヤモヤ血管ができる原因と症状

では、なぜモヤモヤ血管ができるのでしょうか。

人間の体は本来、モヤモヤ血管ができないしくみになっています。
ところが、40歳を過ぎるころから、そのしくみがくずれてくるのです。モヤモヤ血管が肩関節にでき、強い痛みを生じるのが、四十肩とか五十肩などと呼ばれる症状です。

モヤモヤ血管ができる要因として、「悪い姿勢」や「くり返される負担」も挙げられます。

例えば、パソコンやスマートフォンを使うときの、首を前に突き出す姿勢は、首や肩にモヤモヤ血管を生じさせます。また、清掃や介護の職に就く人は、中腰の姿勢での力仕事をくり返すため、腰にモヤモヤ血管ができるのです。

軽度のうちなら、セルフケアでモヤモヤ血管を減少できます。痛みが重症化しないうちに、痛いところに手を当てて、圧迫するようにしましょう。
重症になると、病院での治療が必要です。運動器カテーテル治療という、もやもや血管を治療するために開発された治療法が効果的です。

運動器カテーテル治療は様々な痛みに対応しています。自分の痛みも対象になるの?という方はぜひ専門の医療機関を受診してみてください。

解説者のプロフィール

奥野祐次(おくの・ゆうじ)
オクノクリニック院長。
慶応義塾大学医学部卒業。2008年より、クリニカETにて放射線科医としてカテーテル治療に従事する。2012年、慶応義塾大学医学部医学研究科修了。研究テーマは「病的血管」「Nature Medicine」を始め、複数の国際医学誌に論文を執筆。江戸川病院運動器カテーテルセンター・センター長を経て、2017年にOkuno Clinic.横浜センター南を開院。2018年に同クリニック、東京六本木ミッドタウン前、東京白山を開院。運動器のさまざまな痛みを抱える患者を治療している。「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)などに出演中。

●オクノクリニック
東京都港区六本木7-8-4 銀嶺ビル4F
TEL 0120-305-598
https://okuno-y-clinic.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

私は、「骨格は筋肉に支えられている」という考えに立ち、人さし指1本で体のコリをほぐす「一指法整体」を行っています。主に人さし指をツボやこっている部分に軽く押し当て、ぐるぐると動かします。ぐるぐると動かすので、「ぐるぐる整体」とも呼んでいます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋院長)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)