【最前線の専門医が忠告】脊柱管狭窄症は安易に手術に踏み切るな!手術しても改善しないケースが多数!

【最前線の専門医が忠告】脊柱管狭窄症は安易に手術に踏み切るな!手術しても改善しないケースが多数!

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


小森博達
 横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長。東京医科歯科大学医学部卒。日本整形外科学会整形外科専門医。日本整形外科学会脊椎脊髄病医。日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医。専門分野は、脊椎・脊髄疾患、腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頸髄症、脊髄腫瘍。

脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は、間欠性跛行

 脊柱管狭窄症は、神経の通り道である脊柱管が狭くなって起こる病気です。50代以降、加齢とともに増えていきます。
 ただし、脊柱管狭窄症は、ガンのように、このステージだとこの治療、というような、わかりやすい目安はありません。症状が進行すれば手術が必要になるケースはありますが、絶対的な基準がないため、いつ手術すべきか、判断に迷う人も少なくありません。

 私自身は、「手術はいろいろ試してからの最終手段」という考え方を持っています。患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。

 しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいいというものではないのです。
 最近でも、「医師にいわれるまま手術をしたのに、ちっとも症状が改善しない」と私たちの病院を訪ねてくる患者さんがたくさんおられます。
 こうした場合、そもそも最初の診断が間違っていて、脊柱管狭窄症ではないのに切ってしまったケース、手術自体はうまくいったものの痛みやしびれが消えないケースなど、さまざまな状況が想定されます。

 脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は、間欠性跛行でしょう。これは、歩いたり立ち続けていたりすると、足腰に痛みやしびれが出て、立っていられなくなり、イスに座って少し休むと、回復するというものです。

 脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管が狭くなって、神経を圧迫しているところを広げます。そうすれば、間欠性跛行はよくなります。しかし、安静時に感じていたしびれは、手術をしても取れないケースがしばしばあるのです。

 また、手術の際は、背中の腰の部分を切るのでダメージが残ります。これがきっかけで、腰痛が起こることもあります。
 もちろん、早めに切って手術がうまくいく場合もあります。しかし、ここまでお話ししてきたようなケースも数多くあるので、慌てて手術を行うことについては、私は決して賛成できません。

脊柱管狭窄症に効果的とされる薬「プロスタグランジン」

 では、脊柱管狭窄症の治療や手術はどのように進めるのがいいのでしょうか。

 第一に、患者さんが、この病気についてよく理解することが肝心です。実は、ほとんどの患者さんは、脊柱管狭窄症がどういう病気かわかっておられません。また、ご自身の症状も曖昧にしか認識していないのです。「間欠性跛行は、どれくらい歩くと出ますか?」と聞いてみても、そういう観点から自分の症状を見たことがないため、初診の患者さんで答えられる人は、ほとんどいらっしゃいません。

 脊柱管狭窄症が、どういう病気なのか、ある程度理解してもらったら、私は次に、毎日一定の距離を歩くことをお勧めします。公園でもスーパーでもどこでもけっこう。間欠性跛行が出るまでにどれくらいの距離を歩けるか、ご自分の今のレベルを把握してもらうのです。

 それとともに、脊柱管狭窄症に効果的とされる薬を処方します。この薬は、狭窄部分を治す薬ではありません。プロスタグランジンといって、末梢の血行をよくする薬です(胃腸障害、出血しやすくなるなどの副作用が出る場合があります)。
 脊柱管が狭まると、神経に栄養を送っている末梢血管が圧迫されます。こうして血行障害が起こると神経が酸欠となり、痛みやしびれが出てくるのです。薬で末梢の血流をよくしてやれば、酸欠だった神経にも酸素や栄養が行き届き、症状が回復します。

 この薬は、およそ6割のかたに効果があります。飲み始めて1週間から10日ほどで効果が現れ始めます。10分しか歩けなくなっていた人が30分歩けるようになることもあります。

 しかし、数ヵ月間服用していくと、それ以上よくならない時期がやってきます。薬の効果にも限度があるのです。薬のおかげである程度動けるようになり、その現状に患者さんが満足できるなら、手術は回避できるでしょう。

 逆に、この状態で満足できず、日常生活にも支障を来すということなら、手術を考えることになります。手術をするかしないかを決めるのは、医者ではなく患者さん自身。年齢、家庭や住居の環境、趣味などいろいろな要素を考慮して決断する必要があるのです。

 特に、これからの人生をどう過ごしたいのか、それに合わせて手術を選ぶかどうかを考えていただきたいと思います。
 以前、90歳のご婦人が手術を希望されたことがありました。たいてい、これくらいのご高齢になれば手術は勧めません。しかし、そのかたの生きがいは旅行とのことでした。間欠性跛行があると、ほかの人に迷惑をかけるため、団体旅行に参加できません。「旅行に参加できないくらいなら死んだほうがまし」とまでおっしゃり、手術を選択したのです。

 このように、趣味や仕事など自分の生き方、生活環境などと照らし合わせて、納得ずくで手術を選択することが大事なのです。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛と診断され手術を受けましたが、術後も痛みが続きました。片田重彦先生に診ていただき、お陰で30年ぶりに腰の軽さを感じています。【体験談】眞木 健(医学ジャーナリスト)


【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

原因がはっきりした腰痛は、全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」です。この原因不明のものに対して「関節運動学的アプローチ」で改善する治療法「AKA-博田法」をご紹介します。【解説】片田重彦(かただ整形外科院長)


最新の投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング