【視力が回復!】42度のシャワーで目を温めたら視力が平均0.3上がった!

【視力が回復!】42度のシャワーで目を温めたら視力が平均0.3上がった!

私の研究室では、人間の生活環境について、多様な角度から研究を進めています。「目周辺へのシャワー浴による目の疲労回復効果」は、その研究テーマの一つです。【解説】勝浦哲夫(千葉大学大学院人間生活工学研究室名誉教授)


「42度」のシャワーで疲れ目も取れる!

目の疲れはその日のうちに解消したい!

 私の研究室では、人間の生活環境について、多様な角度から研究を進めています。「目周辺へのシャワー浴による目の疲労回復効果」は、その研究テーマの一つです。

 現代人は、パソコンやスマホなどの普及により、目を酷使しがちです。目の疲れがひどくなると、肩・首のコリや、頭痛などの症状を併発する人も少なくないでしょう。
 そうした症状の積み重ねが、より深刻な病気を招く可能性も否定できません。1日の目の疲れは、できればその日のうちに解消したいものです。

 私たちは、東京ガス(株)都市生活研究所との共同研究で、次のような実験を行いました。
 被験者は、20代の健康な男性10人。裸眼、もしくは矯正で、正常範囲内の視力がある人たちです。10人には、まず、目を疲れさせるため、細かいパソコン作業を、20分間、行ってもらいました。

 次に、浴室でいすに座ってもらい、うつむいた状態で目を閉じ、目の周囲だけにシャワーを当てます。片目につき1分間ずつ、交互に3回くり返しました。左右それぞれで3分間、両目の合計で6分間になります。
 シャワーは、毎分5Lの水量で、次の三つの条件が設定されました。
① 湯温が42度の場合
② 湯温が32度の場合
③ シャワーを浴びない場合
 32度というのは、私たちの皮膚温に近い温度です。この条件を加えたのは、もし、シャワーが目に疲労回復効果をもたらした場合、それが水圧のマッサージによるものか、温熱によるものかを判別できるようにするためです。

 被験者は、
● 実験(パソコン作業)開始前
● パソコン作業直後
● シャワーを浴びた直後
 以上の三つのタイミングで、それぞれ視力を測定します。
 いずれの被験者も、調査に3日を要しました。三つの条件下で、同じ時刻に実験を開始するよう配慮したためです。

ショボショボ感がへりスッキリ感が増す!

 シャワーを浴びた(あるいは、浴びなかった)直後の視力と、パソコン作業直後の視力を比較したところ、最も目の疲労回復効果が高かったのは、42度のシャワーを浴びた場合でした。全体平均で、0.3近くも視力がアップしたのです(グラフ参照)。

 なかには、実験開始前よりも、シャワーを浴びたあとのほうが、視力が上った被験者もいました。この人はおそらく、実験開始前から、すでに目がかなり疲れていたのでしょう。
 また、32度のシャワーは、シャワーなしに比べれば多少の効果はあるものの、42度のシャワーに比べれば、その差は歴然でした。つまり、視力回復は、水圧によるマッサージ効果ではなく、温熱効果のためと考えられるのです。

 では、なぜ、温かいシャワーが目の疲労回復に役立つのでしょうか。
 私たちが物を見るとき、ピント合わせを行っているのが、眼球の中の、毛様体筋という筋肉です。
 目を酷使すると、この毛様体筋の機能が衰えます。これが、目の疲れと、一時的な視力低下を引き起こすのです。
 そこで、目の周辺に温かいシャワーを当てると、その温熱効果により、皮膚の温度が上昇。目の付近の血流がよくなります。そのため、毛様体筋の疲労が回復すると考えられます。

 ところで、私たちは、この実験の先行研究で、入浴時に湯ぶねにつかることの有効性を検証しました。その結果、湯ぶねにつかって体を温めることは、全身の肉体疲労の解消に、非常に有効だとわかっています。
 そこで、目のシャワー浴をする際は、湯ぶねの中で行うことをお勧めします。もちろん、湯ぶねの外でもかまいませんが、湯ぶねの中で行えば、節水を気にする必要がありません。焦らずゆったりした気分で行えば、疲労回復にも、さらによい影響があるでしょう。

 実験では、片目ずつシャワーを当てましたが、これは実験結果を正確に出すためです。ご家庭で試す際には、両目に当ててかまいません。
 シャワーの温度なども、ご自分で調節してください。42度で熱いようなら、少し下げてもかまわないでしょう。
 ちなみに、実験の被験者からは、目の疲れについての主観的な評価も聞き取っています。これによると、42度のシャワーのあとが、ショボショボ感が最も減少し、スッキリ感が増加することがわかっています。

 また、シャワーを当てる時間についても、お好みで調節してください。実験では片目につき3分でしたが、後日、自宅で試した人から、30秒ほどでもかなりスッキリしたという報告が届いています。
 水圧については、弱めでもじゅうぶん効果があります。目はデリケートな器官ですので、傷めないように、くれぐれも注意しましょう。
 なお、コンタクトレンズを装用しているかたは、レンズを外してからお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


視力 眼精疲労 目を温める

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。特に目は、肝との関係が深い部位とされています。今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )