MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

酢ショウガの効果を得るためには、日々続けることが重要です。だから、なるべく簡単な方法がいい。そして、健康効果が高ければなおGOOD。そんな酢ショウガの食べ方を、酢ショウガのエキスパート石原新菜先生に伺いました。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


酢ショウガの効果を得るためには、日々続けることが重要です。
だから、なるべく簡単な方法がいい。
そして、健康効果が高ければなおGOOD。

そんな酢ショウガの食べ方を、酢ショウガのエキスパート石原新菜先生に伺いました。

監修者のプロフィール

石原新菜(いしはら・にいな)
●石原新菜 Official Blog
http://nina-ishihara.cocolog-nifty.com/blog/

イシハラクリニック副院長。
医師。帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで、漢方医学、自然療法、食事療法により、さまざまな病気の治療に当たっている。
著書『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム)など好評発売中。

最近は一般の方にも、「冷え(低体温)は万病のもと」ということが広く知られるようになりました。

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。
血流が悪くなると、栄養や酸素といった必要なものは届かず、不要なものが体内にたまります。
また、体内に熱が巡らなくなり、冷えがさらに悪化します。

その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。

この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。
体が冷えて血流が滞ると、新陳代謝が低下し、老廃物を排泄できなくなったり、細胞の入れ替わりがスムーズに進まなくなったりします。
そうなると肌にシミやシワができたり、髪が抜けやすくなったりするなど、老化が進むのです。

ですから、病気の予防はもちろんのこと、若さを保つためにも、冷えを解消して、血流を整えることが重要です。
当院では、冷えを取るケアとして、患者さんに「酢ショウガ」をお勧めしています。

酢ショウガ紅茶

【作り方】
好みの濃さの紅茶を入れ、小さじ半分~1杯程度の酢ショウガを加える。
好みでハチミツや黒砂糖で甘みをつけてもよい。

【活性酸素の害をダブルで防ぐ】
レモンティーとは一味違うさわやかさのある紅茶です。この酢ショウガ紅茶の最大の特徴は、病気や老化の原因となる体内の「活性酸素」を除去する力に優れていること。ショウガの成分であるジンゲロールやショウガオールはもちろんのこと、紅茶の成分であるポリフェノールも、抗酸化力が強く、全身のアンチエイジングや病気の予防に一役買ってくれます。
ダイエットや糖尿病の治療で糖質をひかえたいという方は、黒糖を入れなくても大丈夫。
酢ショウガ紅茶の1日の摂取量の目安は、3~5杯ぐらいです。

酢ショウガニンジンジュース

【作り方】
ニンジン2本、リンゴ1個をジューサーにかけてジュースを作る。
そこに小さじ半分~1杯程度の酢ショウガを加える。

【余分な水分や毒素を排出する】
ニンジンジュースの味を、ショウガがピリッと引き締めてくれます。東洋医学では、体内の水の巡りが悪いことを水毒といい、めまいや耳鳴り、むくみの原因と考えられています。酢ショウガニンジンジュースには、この水毒を改善する効果があります。
酢ショウガには優れた血流改善効果がありますが、血流がよくなると、発汗、排尿、排便も促進されます。加えて、ニンジンやリンゴに含まれるカリウムは体内の余分な塩分を排出します。全身の老廃物や毒素の排出がスムーズになり、めまい、むくみに効くのです。

酢ショウガヨーグルト

【作り方】
プレーンヨーグルト100gに、適量の酢ショウガを加える。
好みでハチミツなどで甘みをつけてもよい。

【腸内環境を整え免疫力を増強】
酢ショウガをほんの少しのせるだけで、ヨーグルトのさわやかさが倍増し、薬効豊かなデザートになります。
この酢ショウガヨーグルトは、骨を強くする作用に優れています。酢の主成分である酢酸は、カルシウムと結びつき、体への吸収を高める働きがあります。ヨーグルトに酢ショウガをかけると、ヨーグルト中のカルシウムを効率よく吸収できるというわけです。
また、ショウガとヨーグルトは、ともに胃腸の働きを活性化し、腸内環境をよくする食品です。腸には免疫細胞(病気やウイルスに抵抗する働きをする細胞)の70%が存在していますから、腸内環境を整える酢ショウガヨーグルトは、免役力の増強にも役立ちます。

酢ショウガキムチ

【作り方】
キムチ30g程度に、適量の酢ショウガを加える。

【ダイエット効果がさらにアップ!】
酢ショウガキムチはキムチ単体よりもうま味が増すので、おかずやお酒のつまみとしてもよく合います。 
酢ショウガを取ると血流や代謝がよくなり、体内の余分な脂肪が燃えやすくなります。ここにキムチを加えると、酢ショウガのダイエット効果はさらにアップします。キムチの辛み成分であるカプサイシンは、脳の神経を刺激してアドレナリンの分泌を促します。このアドレナリンが分泌されると、肝臓に貯蔵されているグリコーゲン(糖質)と、脂肪組織に貯えられている脂肪の両者の分解が促進されます。また、ニンニクの香り成分であるアリシンは、ビタミンB1の吸収を高め、糖質をエネルギーに変えやすくしてくれます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt