お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


東京農業大学名誉教授 小泉武夫(こいずみ・たけお)

1943年、福島県の酒造家に生まれる。
現在、東京農業大学名誉教授、鹿児島大学客員教授、琉球大学客員教授、別府大学客員教授、広島大学大学院医学研究科客員教授、石川県立大学客員教授、福島大学客員教授、特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長ほか。
農学博士、専攻は醸造学、発酵学、食文化論。
主な著書に『納豆の快楽』(講談社文庫)、『くさいはうまい』(文春文庫)など、著作は140冊以上。

東北ではおなじみの「干し納豆」は旅の救世主

納豆は、日本人にとって身近な食品ですが、「干し納豆」となると、知らない人も多いでしょう。
しかし、私は小さいときからよく知っています。なぜなら東北の出身だからです。

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。
納豆自体、発酵させた保存食ですが、それを干すと、ネバネバがなくなり保存しやすくなります。

また、東北の一部には、干し納豆を粉にして、ご飯にかけて食べる風習があります。
納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、とてもよい習慣です。
そんなふうに、小さい頃から慣れ親しんできた干し納豆に、私はこれまで、何度も救ってもらいました。

というのは、食と民族の研究を続けるうちに探究心が高じ、大学の講義の合間をぬって世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食するということを始めてしまったからです。

いつどこの辺境に飛んでいき、何を食するかわからないという、自他共に認める「味覚人飛行物体」となった私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。

「味覚人飛行物体」として世界中であらゆるものを食べてきた 写真:『冒険する舌』(集英社インターナショナル)

6人が下痢のなか自分だけが助かった

例えば、カンボジアのラタナキリという高地で、クメール族の人々が歓待してくれ、豚肉や内臓の熟鮓のような料理を出してくれたことがあります。

すし(鮨・鮓)というと、酢飯に魚介が載っているものを思い浮かべる人が大半でしょうが、魚介や獣肉を乳酸発酵させたものが熟鮓で、これがすしの始まりでもあります。

この豚肉料理が、とてもおいしくて、私を含めた7人の調査隊員は喜んでごちそうになりました。
ところが、その夜から、私以外の6人は激烈な下痢に襲われたのです。
拙著『冒険する舌』(集英社インターナショナル)には、そのときのことをこう記しています。



「6人はひどい症状で、その日一日中は七転八倒の苦しみであった。幸いにして持参していた強烈な抗生物質によって2日後には6人のゲリラ部隊の下痢は治ったが、それにしても恐ろしいほどの下痢になったのである。どういう訳か、この俺はこれまで旅を通して、一度たりとも下痢をしたことはない。これはきっと、いつも持参している乾燥納豆のおかげではあるまいか、と思っている。」



同様のエピソードは、数え切れないほどあります。
私は、海外の旅には必ず干し納豆を持参し、毎朝食べています。もともと、海外に干し納豆を持参するようになったのは、私が大の納豆好きだからです。

いくら納豆好きでも、普通の納豆を海外に持参することはできません。
発酵食品なので、そう簡単には腐らないものの、納豆菌が生きていて発酵が進むため、強烈なアンモニア臭を放ち始めるからです。

もっとも私自身は、このアンモニア臭のする納豆も好きなのですが、周囲に迷惑ですから持ち歩けません。
そこで、においがあまりしない、干し納豆を携行するようになったのです。

カンボジアで食べた豚肉や内臓の熟鮓。これを食べた6人の調査隊員は、猛烈な下痢に襲われたが、干し納豆を食べていた私だけが下痢にならなかった 写真:『冒険する舌』(集英社インターナショナル)

夏カゼや普段から胃腸の弱い人にもお勧め

また、干し納豆が、胃腸を強く保つために有効だということを、研究を通じて知っていました。

それで、朝食べるようにすれば、その日の自分の体を守るのに役立つと考え、海外では「朝の干し納豆」という習慣が定着しました。
そのおかげで、どんなに下痢が多発する食の旅でも、私だけは負け知らずというわけです。

このように干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品です。
もちろん、これは干していない普通の納豆でも同じです。
しかし、旅に携行するという点では、においがあまり気にならず、ネバネバしないので手軽に口に放り込める、干し納豆のほうがだんぜん優秀です。

納豆をさらに保存に適したものにしようと、日本人の知恵から生まれた干し納豆が、世界の辺境で自分を救ってくれることには、いつも感謝と感慨を抱く私です。

私自身は、海外でよくお世話になっていますが、干し納豆の価値は旅のときに限りません。

普段から下痢をしやすい人や食あたりしやすい人、夏カゼでおなかを壊しやすい人などは、干し納豆を常食すれば、天然の整腸剤としておおいに役立ってくれるでしょう。

次の記事では、研究で判明した「干し納豆」健康効果についてご紹介しましょう。

→「干し納豆」の健康効果と食べ方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


最新の投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)