MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


干し納豆は、普通の納豆に比べて栄養価が大幅にアップ!
腸内環境をよりよくして食中毒を防ぎ、血栓を溶かす酵素が働いて、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立ちます。
しかし、なんといっても干し納豆の魅力は、その“うまさ”。
ぜひ、一度、作って食べてみてください。

干し納豆の作り方

自然乾燥で作る干し納豆の作り方

干し納豆は普通の納豆に比べてカリウム約1.5倍、鉄分約1.8倍、亜鉛約2倍と栄養化がアップします。また、血栓などを予防する成分・ナットウキナーゼの活動を失わせないためには熱を加えず、自然乾燥するのがベスト!自然乾燥で作る干し納豆の作り方を紹介します!

【用意するもの】
納豆1パック(1食分)、塩…1g、片栗粉…1g、
クッキングシート(キッチンペーパー、クッキングペーパーは納豆がくっつくので使用しない)、ザル(皿にかぶせられるサイズのもの)

【作り方】
❶納豆に塩と片栗粉を各1gずつ(ひとつまみ程度)入れる

❷納豆がつぶれないように注意しながら、塩と片栗粉が納豆全体になじむように20回程度混ぜる

❸皿にクッキングシートを敷き、納豆の粒がバラバラになるように並べる

❹虫よけのため、ザルをかぶせて、約5日間、乾燥させる(乾燥場所の詳細は干し納豆Q&A参照)

↓約5日後

❺片栗粉(適量)をまぶしてくっついている納豆をほぐす

【保存方法】
出来上がった干し納豆は、瓶に入れ、食品用乾燥剤を入れておくと保存しやすい。保存場所は室内、冷蔵庫どちらでもOK

15分で完成!電子レンジを使った干し納豆の作り方

すぐに干し納豆を食べたいなら、電子レンジを使っても作れます。
70℃以上の熱が加わり、血栓などを予防する成分・ナットウキナーゼの活性を失いますが、納豆に含まれるそれ以外の栄養素は、余すことなく摂取することができます。

❶上記の①~③までの工程を行い、500Wの電子レンジで4分間温める

❸5~10分ほど冷ましたら、片栗粉(適量)をまぶして、納豆をほぐす

❸完成。納豆が焦げないように、冷蔵庫で冷やした納豆を使用するとよい

干し納豆Q&A

Q1. 使用する納豆の大きさは大粒、中粒、小粒どれでもいいですか?

A1. お好きな粒の大きさでかまいませんが、納豆は干す時間が長いほど、水分が抜けて粒が小さくなっていきます。ですので、食感や食べ応えを楽しむなら大粒納豆がお勧めです。一方、小粒納豆は、早く乾燥するという利点があります。それぞれの好みでお作りください。


Q2. 塩の分量はどのくらい入れればいいでしょうか?

A2. 「干し納豆の作り方」の記事では、納豆1パックにつき1g(ひとつまみ程度)にしておりますが、減塩されているかたは分量を減らしたり、塩を入れなくても大丈夫です。自身の体調に合わせた分量で作ってください。


Q3. 片栗粉は入れなくてもいいですか?

A3. 片栗粉を入れると納豆の糸が切れて、納豆の粒がばらけやすくなります。しかし、絶対に入れなくてはいけないわけではないので、お好みで入れてください。


Q4. しょうゆや納豆に付属しているタレを塩代わりにしていいですか?

A4. 問題はありませんがしょうゆや、付属のタレは水分を含み乾燥しにくくなります。また、付属のタレは化学調味料を使っているので、納豆本来の味を楽しみ、かつ乾燥しやすい点で自然塩を使うのがお勧めです。


Q5. 納豆を干す場所はどこがいいですか?

A5. 天気がよければベランダや庭など屋外に置き、雨の日は室内に置いておくなど、湿気が少なく、水に当たらない場所であればどこで干してもかまいません。ただ、納豆を干して2~3日はにおいが出ます。屋外、室内ともににおいを気にしなくてもいい場所や、換気のできる場所で干してください。

Q6. 屋外での天日干しと室内で干した納豆では栄養成分量は違いますか?

A6. 水分が抜けることにより、栄養が凝縮されるという点で同じなので、栄養成分量は変わりません。A5で答えたとおり、湿気が少なく、水に当たらず、においの気にならないところで干せばいいでしょう。


Q7. 納豆を干すのは何日くらいですか?

A7. 季節や天候などにもよりますが、5日間くらいを目安に干してください。干せば、干すほど納豆の水分が減り、保存性は高まりますが、すぐに食べきってしまうなら、干して3日目くらいから干し納豆が食べられます。歯の弱い人は多少水分を含んだ3日目くらいの干し納豆が、軟らかくて食べやすいでしょう。
また、納豆を早く乾燥させたい場合は、扇風機を当てると乾燥のスピードが早くなります。湿気の多い時期や、悪天候が続くときに使用するとよいでしょう。


Q8. 1日に食べる分量と何時頃に食べるといいですか?

A8. 食べる量は、1パック1g程度の塩分を入れているとしたら、1日1パック(大粒で約150粒、小粒で約300粒)程度が適量だと思います。食べる時間帯も、食事のとき、間食のおやつなど、お好きな時間にお召し上がりください。また、硬くて干し納豆が食べにくいという人は、お茶やお湯でふやかすと食べやすくなります。ナットウキナーゼの活動を失わないために70℃以下のお茶(お湯)でふやかすとよいでしょう。


Q9. 干し納豆の賞味期限はどのくらいですか?

A9. 干し納豆は十分に乾燥させておけば、通常、3ヵ月ほどたっても食べられますが、目安としては、1ヵ月ほどで食べ切るようにするとよいでしょう。
また、納豆自体に抗菌作用があるので、腐ったり、カビたりする心配はほとんどありませんが、万が一そのような状態になったときは絶対に食べないでください。


Q10. 干し納豆はどのように保存すればいいのですか?

A10. 密閉できる瓶に、食品用の乾燥剤を入れて保存するのがよいでしょう。保存場所は、室内、冷蔵庫どちらでもかまいません。

【監修】東京農業大学名誉教授 小泉武夫(こいずみ・たけお)

監修者のプロフィール

小泉武夫(こいずみ・たけお)
東京農業大学名誉教授。
1943年、福島県の酒造家に生まれる。
現在、東京農業大学名誉教授、鹿児島大学客員教授、琉球大学客員教授、別府大学客員教授、広島大学大学院医学研究科客員教授、石川県立大学客員教授、福島大学客員教授、特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長ほか。
農学博士、専攻は醸造学、発酵学、食文化論。
主な著書に『納豆の快楽』(講談社文庫)、『くさいはうまい』(文春文庫)など、著作は140冊以上。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt